AlibabaやeBayも提携するインドのオンライン融資Capital Float、セコイアなどからシリーズBで約27億円を資金調達…資金調達額は累計約110億円超え

インド・バンガロールのオンラインレンディングスタートアップCapital Floatは、Sequoia CapitalなどからシリーズBで2,500万ドル(約27億円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、資金調達額は1億ドル(約110億円)以上となった。Capital Floatの提携先には、AlibabaやeBayなどがある。

DESCRIPTION

インド・バンガロールのオンラインレンディングスタートアップCapital Float](http://www.capitalfloat.com/){: target=”_blank”}は、[5月12日、シリーズBで2,500万ドル(約27億円)の資金調達を実施した、と発表した。今回の資金調達で、資金調達額は1億ドル(約110億円)以上となった。

今回のラウンドには、Creation Investments Capital Managementがリードで、既存投資家のSAIF Partners、Sequoia Capital、Aspada Venturesが参加した。

Capital Floatは、2013年、Gaurav Hinduja氏とSashank Rishyasringa氏によって設立された会社。Capital Floatではオンライン上で融資サービスを提供する。これにより、ユーザーは、迅速かつ簡単に企業成長へ必要な資金を集められる。

DESCRIPTION

Capital Floatのユーザーは、主にSME向けEC企業、スタートアップ、アーリーステージのB2Bプロバイダーなど。

DESCRIPTION

また、Capital Floatでは、様々なEC企業と提携を進めている。提携先には、Snapdeal、Alibaba、ShopClues、eBay、Myntra、PayTM、Fashion and You、Zoviなどがある。

今回の資金調達によって、Capital Floatは、さらなる事業開発を進めていきたい考えだ。