akippa、日本駐車場工学研究会と提携…千葉県幕張新都心地下駐車場をakippaにて貸し出し開始

akippa株式会社は、一般社団法人日本駐車場工学研究会と提携し、8月22日からakippaでの駐車場貸出を開始することを発表した。

akippa株式会社は、8月22日、一般社団法人日本駐車場工学研究会と提携し、8月22日からakippaでの駐車場貸出を開始することを発表した。

akippaは、契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫に、15分〜1日単位でネット予約して駐車できるWEBサービス。誰でも簡単に駐車場をシェアできる。現在、2016年8月時点で、コインパーキング業界3位の約6,500箇所以上の駐車場拠点数を確保している。

今回の業務提携で、akippaは、日本駐車場工学研究会が千葉県より管理受託している「幕張新都心地下第一駐車場」と「幕張新都心地下第二駐車場」の空き区画を駐車場シェアリングサービスakippaを通じてakippa会員に貸し出しを行う。akippa会員は、「幕張新都心地下第一駐車場」と「幕張新都心地下第二駐車場」において1日単位で予約利用できるようになる。

これにより、akippaは、顧客の多様なニーズに応えたい日本駐車場工学研究会と幕張新都心地区において駐車場の登録数を拡大するとともに、県などの地方自治体などと取り組むことで、akippaの信頼度・信用度を向上させ、より深く社会問題の解決に貢献していく。

なお、akippaでは、2015年より、公共の駐車場との取組を開始しており、今回の千葉県幕張新都心地下駐車場との提携は、大阪市営駐車場(管理:サイカパーキング,都市技術センター)に続き2例目の取組となった。