AI x IoT!ABEJAとソラコムのIoTプラットフォームがシステム連携

ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートする株式会社ABEJAは、本日(10月21日)、株式会社ソラコムと連携を行い、ソラコムが提供するIoTプラットフォーム「SORACOM」とABEJAが提供するAI(人工知能)を活用したクラウド型プラットフォーム「ABEJA Platform」をAPI経由で接続し、2016年冬を目処に両社の利用者に提供を開始することを発表した。


ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートする株式会社ABEJAは、本日(10月21日)、株式会社ソラコムと連携を行い、ソラコムが提供するIoTプラットフォーム「SORACOM」とABEJAが提供するAI(人工知能)を活用したクラウド型プラットフォーム「ABEJA Platform」をAPI経由で接続し、2016年冬を目処に両社の利用者に提供を開始することを発表した。

今回の両プレットフォーム連携によって、「SORACOM」を利用者は、API経由で簡単に「ABEJA Platform」に接続し、多様なIoTおよびM2Mデバイス(機器)から時系列データを収集し、「ABEJA Platform」上でリアルタイムに人工知能を活用した解析を行うことが可能となる。

一方、ABEJAでは、IoTセンサーと連携して「ABEJA Platform」の新規利用者に、「SORACOM」のセキュアかつ低コストなIoT/M2Mシステムを提供できるようになる。実際には、小売・流通業界を対象に提供する「ABEJA Platform for Retail」では、店舗に様々なセンサーを設置し、データをクラウドに転送、リアルタイムで解析を行っているが、今回の連携により、通信デーアをプログラマブルにコントロールすることができ、より安全で安心したデータのクラウド転送を実現することが可能となる、という。

なお、その他に、データ転送支援サービス「SORACOM Beam」による暗号化処理が難しいデバイスに対しての安全なデータアップロード・ダウンロードの仕組みや、認証サービス「SORACOM Endorse」による利便性を損なうことの無い強固な認証の仕組み、クラウドリソースアダプタ「SORACOM Funnel」によるエンドポイントの一括コントロール等、周辺サービスとの連携も進めていく、とのこと。