AI開発ベンチャー「グラフ」、NTVPよりシードで1億円を資金調達

AIアルゴリズム開発ベンチャーのグラフは、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)を割当先とする第三者割当増資により、シードラウンドで1億円の資金調達を実施したことを発表した。

AIアルゴリズム開発ベンチャーのグラフは、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)を割当先とする第三者割当増資により、シードラウンドで1億円の資金調達を実施したことを発表した。

グラフは、情報システム環境構築からオンラインサービスへのレコメンド実装や、リアル接点での従業員パフォーマンス改善など、民間でのデータ利活用において実際的なノウハウを蓄積してきている。

グラフのウェブサイトを見てみると、主要取引先には、C Channel、日経BPがあり、パートナー及び提携先には、アイブイピー、クリエーションライン、サイカ、つみき、ビットエー、ピハナコンサルティング、ポケットメニュー、レイ・フロンティアといった会社が名を連ねている。

今回の資金調達によって、グラフは、データ分析官の積極採用による人員拡大と、データベースマネジメントノウハウの自社優位性およびAIアルゴリズム開発の概念検証について、エンタープライズ向けサービス標準化を目指したい考えだ。