AI質問応答システム「QA Engine」運営のStudio Ousia、Samsung Ventureから総額1.5億円を資金調達

Studio Ousiaは、Samsung Venture Investment Corporationを引受先とし、1億5000万円の資金調達を実施した、と発表。Studio Ousiaは、人工知能を用いた新しい質問応答システム「QA Engine」などを運営する会社。


Studio Ousiaは、Samsung Venture Investment Corporationを引受先とし、1億5000万円の資金調達を実施した、と発表

Studio Ousiaは、エンティティリンキングエンジンをベースにした、キーワード抽出API「Semantic Kernel」、人工知能を用いた新しい質問応答システム「QA Engine」、キーワードを自動的にリンク化する機能を簡単に組み込むことの出来る開発者向けAPI「Linkify」を運営する会社。

特にQA Engineは、2016年6月に自然言語処理における著名な国際会議、NAACL(North American Chapter of the Association for Computational Linguistics)内で開催されたQ&A形式の人工知能間のクイズコンペティションで優勝した技術をもとに開発されている。

今回の資金調達によって、Studio Ousiaは、QA Engineの開発及び事業展開を加速化すると共に、自然言語処理技術開発においては世界最先端のプレーヤーとして、より困難な自然言語処理の課題に挑戦していきたい考えだ。