AI活用の対話システム開発ベンチャー「dataremer」がこうぎん地域協働ファンドから資金調達

人工知能(AI)テクノロジーを用いた対話システム開発を手掛けるNextremerの子会社dataremerは、高知銀行とオーシャンリース、REVICキャピタルの3社が共同で設立した「こうぎん地域協働ファンド」より資金調達を実施したことを発表した。


人工知能(AI)テクノロジーを用いた対話システム開発を手掛けるNextremerの子会社dataremerは、高知銀行とオーシャンリース、REVICキャピタルの3社が共同で設立した「こうぎん地域協働ファンド」より資金調達を実施したことを発表した。

dataremerは、AI技術開発のための学習データの提供や、新たに対話サービスの導入を検討されている事業者のニーズに応じて適切な学習データの提供を行う会社。シナリオデータ提供サービスでは、ボットにキャラクター性を与えたり、雑談を通してユーモアのある対話展開を行うなど独自性のあるユーザー体験を提供することで、従来のボットサービスとは一線を画した対話体験の提供を目指している。

今回の資金調達によって、システムや人材への投資を強化し、事業の更なる活性化を加速させ、より多くの事業者へのサービス提供を進めていきたい考えだ。