AgTech x FinTech生産者支援プラットフォーム「プラネット・テーブル」、SBIインベストメントなどから総額4億円を資金調達

生産者支援プラットフォームを提供するプラネット・テーブル株式会社は、SBIインベストメント株式会社、Genuine Startups Ltd.、Mistletoe株式会社の3社を引受先とした第三者割当増資により、総額4億円の資金調達が完了した、と発表した。

生産者支援プラットフォームを提供するプラネット・テーブル株式会社は、8月31日、SBIインベストメント株式会社、Genuine Startups Ltd.、Mistletoe株式会社の3社を引受先とした第三者割当増資により、総額4億円の資金調達が完了した、と発表した。

「SEND」は、2016年8月25日にリリース1周年を迎えた農産流通プラットフォーム。現在、登録レストラン数1,000軒、登録生産者数3,000軒を超える。コア・テクノロジーである需給予測システムの精度向上により、流通ロスを極小化し、より畑に近い状態で需要者に食材を届ける仕組みを提供。また、東京都目黒区内にSENDの物流ハブとなる「GATE Meguro」を新設し、更なる食材アイテム数の増加や流通効率化、配送シェアリング・サービスの導入による配送エリア拡大を図っている。

プラネット・テーブルは、今回の資金調達を活用し、地域集荷シェアリング・サービスや、物流過程における劣化・ロスの要因の可視化に向けたIoTサービスなど、農産物流面での課題解決にも取り組んでいきたい考えだ。

加えて、プラネット・テーブルでは、「商流 x 物流 x 金融」を包括的にイノベーションする食料生産・流通支援プラットフォームとして成長を遂げ、国内からアジア・モンスーン地域を含む海外の生産者支援にも貢献できるよう、準備していく。