Activision Blizzard、「Candy Crush Saga」のKingを約7,000億円で買収

米国のゲーム企業Activision Blizzard<Nasdaq: ATVI>は、パズルゲーム「Candy Crush Saga」を運営する英国のモバイルゲーム企業King<NYSE: KING>の買収を完了した、と発表した。買収金額は1株あたり18ドル(約2,038円)で合計59億ドル(約6,679億9,800万円)。

Activision Blizzard_King

米国のゲーム企業Activision Blizzard<Nasdaq: ATVI>は、2月23日、パズルゲーム「Candy Crush Saga」を運営する英国のモバイルゲーム企業King<NYSE: KING>の買収を完了した、と発表した。買収金額は1株あたり18ドル(約2,038円)で合計59億ドル(約6,679億9,800万円)。

今回の買収について、Activision BlizzardのCEOであるBobby Kotick氏は、

私たちは、今、全世界で5億人以上のユーザーを抱えるようになった。これは世界で最大のゲームネットワークだ。私たちは、モバイルデバイス、コンソールゲーム、PCブラウザを通じて、「Candy Crush」から「World of Warcraft」、「Call of Duty」をはじめ、視聴者が大好きなフランチャイズシリーズを新しい方法で提供する機会を獲得した。

と語り、KingのCEOであるRiccardo Zacconi氏は、

私は、13年前に創業して以来、Kingに尽力してくれた全ての方々に感謝を伝えたい。私たちは、よりワクワクするようなゲームを開発し続けていきたいと思っている。インタラクティブエンターテイメント業界で最大のフランチャイズを構築し、プレイヤーに届けるために、新しい方法を模索していきたい。

と述べ、両者は新たなフランチャイズシリーズの制作へ積極的な意欲をみせた。

なお、今回の買収により、Kingは、Activision Blizzardの完全子会社ABS Partners C.V.(ABS Partners)の傘下に入る。