ABBALab、総額15億円の「ABBALab IoEファンド1号投資事業有限責任組合」を組成…IoT/IoEのスタートアップをプロトタイピングから支援

株式会社ABBALabは、IoTのハードウェアとサービスを開発するスタートアップに対して、主にプロトタイピングフェイズに投資を行う「ABBALab IoEファンド1号投資事業有限責任組合」を組成し、投資活動を開始した、と発表した。

ABBALab

株式会社ABBALabは、5月13日、IoTのハードウェアとサービスを開発するスタートアップに対して、主にプロトタイピングフェイズに投資を行う「ABBALab IoEファンド1号投資事業有限責任組合」を組成し、投資活動を開始した、と発表した。運用期間は10年で、ファンド規模は15億円。

ABBALabによれば、今回設立したファンドの出資者は、Mistletoe株式会社、 Hon Hai venture capital fund “2020”、双日株式会社、さくらインターネット株式会社など。

ABBALabは、これまでも、主にハードウェア・スタートアップのプロトタイピングフェイズへの投資を行っている。

今回のファンド設立によって、ABBALabは、投資育成活動をハードウェアに限定せず、IoT/IoE領域のプロダクトやサービスのプロトタイプ・フェイズから投資を行うことで、IoT/IoE領域のスタートアップ土壌を耕し、IoT/IoEスタートアップの発掘と播種を行いたい考えだ。

なお、ABBALabでは、投資先にはシェアファクトリーを中心とした試作・製造拠点を育成の場としたアクセラレーションと共に、成長に合わせたフォローオン投資へ積極的に取り組むことで迅速なプロダクト量産体制の構築やサービスの市場投入を促していくという。