4か月で500万ダウンロード突破!配信者100万人越えのライブ配信アプリ「Live.me(ライブミー)」が日本に上陸

キングソフト株式会社は、本日、Cheetah Mobile Inc.が新たに提供する、ライブ配信アプリ「Live.me(ライブミー)」の日本市場での展開をはじめたことを発表。「Live.me」は、チーターモバイルより本年4月にアメリカでリリースされ、わずか4か月で500万ダウンロードを記録。現在では配信者が100万人を超える爆発的ヒットを記録したライブ配信アプリ。

キングソフト株式会社は、本日(9月13日)、全世界6.6億ユーザーを誇るスマホ最適化アプリ「Clean Master」や人気スマホゲーム「ピアノタイル2」を提供するCheetah Mobile Inc.が新たに提供する、ライブ配信アプリ「Live.me(ライブミー)」の日本市場での展開をはじめたことを発表。

「Live.me」は、チーターモバイルより本年4月にアメリカでリリースされ、わずか4か月で500万ダウンロードを記録。現在では配信者が100万人を超える爆発的ヒットを記録したライブ配信アプリ。

スマホの縦画面をフルに生かしたスクリーンと、3タップで配信が完了してしまう手軽さに加え、高画質・高音質なライブをわずか数秒のタイムラグで配信できる高い機能性を誇る。

また、アプリ内にはコメント機能があり、視聴者はコメントの投稿を通じて配信者とコミュニケーションを取ることができる。

加えて、アプリストア経由でのコイン課金によって、配信者にプレゼントを贈ることも可能で、配信者は贈られたプレゼントをダイヤとして貯めたのち、PayPalを通じて換金することもできる。

今後の展開について、キングソフトは、

なりたい職業ランキングにも選ばれたYouTuberになるためには、カメラ機材や動画の編集テクニックが必要です。しかしLive.meは、スマートフォンさえあれば、誰もが簡単に自分の才能を披露することができるステージとして、新たなプラットフォームを目指しています。

都市部にいなくても、広く一般に向けて才能を披露するステージを用意することで、日本全国の素晴らしい才能を持った人たちが次々にライブ配信をする文化の創造を掲げています。

そして、才能の披露だけでなく、「何気ない日常をみんなでシェアして楽しむ」というライブ配信のスタイルを生かし、配信者と視聴者のやり取りはもちろん、視聴者同士がつながりを持ち、それぞれのライブ配信で交流をする、というインタラクティブな広がりによって、これまでのSNSとはまた違った交流の場にもなることでしょう。

キングソフトは、ツール系のアプリから始まり、ゲームのリリースを経て、エンターテイメントの領域に踏み出しました。

Live.meから広がる新しい文化が日本に根付く未来を描いています。

と述べている。

以下、プレスリリースより掲載。

### 「Live.me」の特徴

#### 1. 3タップで簡単配信(時間無制限)&シンプルなUI設計

「Live.me」の一番の特徴は、シンプルなUIと、配信にあたってスマホ以外何も必要ない簡単な操作性。配信は3タップで開始することができ、視聴はタイムライン上に並んだ配信者の画像をタップするだけ。

#### 2. コメント機能&プレゼント機能
視聴者が配信者に向けてコメントを送信することで、リアルタイム、かつインタラクティブなコミュニケーションが可能。

また、コメント以外に、ハートや星、Live.meのロゴなどがランダムに出現する「いいね」機能や、視聴者が配信者にアプリ内でプレゼントを贈る機能を備えている。

#### 3. PayPalを通じてダイヤを現金化可能
視聴者が配信者にプレゼントを贈ると、コイン数に応じたダイヤが貯まり、一定数のダイヤを貯めることで、配信者はPayPal経由で現金に交換することが可能。

### 最高レベルの安全性と高い品質のコンテンツ

#### 24時間200名体制での監視
常に安定した配信をしてもらう為、また、不適切な配信やユーザー排除の為に、ヌード露出やNGワードのシステム自動判別によるシャットアウトはもちろん、コメントやトークは人力での監視もしており、ダブルで安全を守る。

#### 優良コンテンツのピックアップ
アプリホーム画面のタイムラインでは、目視によるチェックで優良なコンテンツを上に表示するよう、管理画面内での採点を行う。優良なコンテンツを多く配信しているユーザーはより人気を集めることが可能になる。

### 今後追加予定の拡張機能

#### 1. 管理人追加機能
配信者が最大5名の「管理人」を任命可能。管理人に任命されたユーザーは、配信者がライブ中に、配信者に代わって、不適切な発言をするユーザーのブロックなどを行うことができる。

#### 2. ゲスト配信機能
配信時、ゲストを1名ライブに招待し、同時配信をすることができる。

#### 3. アプリ内EC設置
Live.me事務局が認定したユーザー限定に拡張される機能として、アプリ内の個人ページに、ユーザーが保持しているECショップへの販促リンクを設置可能。アメリカの人気ユーザーは1配信で1,000枚のオリジナルTシャツを販売した実績がある。