キャッシュフローとは?読み方と作り方をマスターして経営に役立てよう

キャッシュフロー

キャッシュフローとは、お金の流れのこと。特に、企業の経営において、資金の流れや増減のことをキャッシュフローと呼びます。

「でも、キャッシュフローってどんなものなの?」「キャッシュフロー計算書はどうやって読むの?」と疑問に思う人も多いはずです。そこで今回は、キャッシュフローについて、基礎知識を詳しく説明します。

また、キャッシュフロー計算書の読み方や作り方まで解説。キャッシュフローの重要性を理解すれば、正しい経営判断が出来るようになります。

キャッシュフローについて知って、今よりも良い経営を行いましょう。

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは

キャッシュフロー(Cash Flow)とは、お金の流れのことです。Cash Flowを直訳すると、現金流量になります。

つまり、「実際手元にあるお金がどのように増減しているか」という意味です。特に、企業の経営において資金の流れや増減のことをキャッシュフローと呼んでいます。

2つのキャッシュフロー

キャッシュフローには、2つのキャッシュフローがあります。一定期間に入ってきたお金(収入)であるキャッシュ・イン・フローと、出ていったお金(支出)であるキャッシュ・アウト・フローの2つです。

この2つのお金の出入りによって、企業の経営が行われています。キャッシュフローを常に把握するため、企業ではキャッシュフロー計算書が作成されているのです。

キャッシュフローを把握することで、資産をどのように運用していいか把握することが出来ます。キャッシュフロー計算書については、次の章で確認していきましょう。

キャッシュフロー計算書の基礎知識

キャッシュフロー計算書の基礎知識

キャッシュフロー計算書とは、企業の一会計期間中の現金や現金同等物の増減を示したもののことです。現金同等物とは、口座に入っている預金などを指します。

キャッシュフロー計算書を作成することで、企業の資金の流れや増減を把握し、経営状況を確認することが出来るのです。

キャッシュフロー計算書には3つの種類があります。

  1. 営業キャッシュフロー
  2. 投資キャッシュフロー
  3. 財務キャッシュフロー

3つのキャッシュフローにわけることで、営業・投資・財務状況が分かり、会社の経営状況が分かります。それぞれ詳しく内容を確認していきましょう。

2-1.営業キャッシュフロー

営業キャッシュフローとは、営業活動によるお金の収支を示したものです。営業活動とは、企業の事業活動のことを指します。

具体的には、以下のようなものが営業キャッシュフローに含まれるので確認しましょう。

  • モノやサービスの売り上げによる収入
  • モノやサービスの仕入れによる支出
  • 従業員の給与・福利厚生などの支出

営業キャッシュフローはプラスでなければなりません。なぜなら、営業キャッシュフローがマイナスということは、企業は赤字であるということを示すからです。

赤字の状態が続くと、倒産することにもなりかねません。プラスが大きければ大きいほど良いとされています。このように、営業キャッシュフローを見れば、企業が稼ぐ力を見ることが出来るのです。

2-2.投資キャッシュフロー

投資キャッシュフローとは、将来のために活動したお金の収支を示したものです。例えば、工場や営業所の新設、持ちビルの売却などのことを指します。

具体的には、以下のようなものが投資キャッシュフローに含まれるので確認しましょう。

  • 固定資産・有価証券の売却による収入
  • 固定資産・有価証券の購入による支出

これから成長していく企業は設備投資などにお金を積極的に使っていくため、マイナスになることが望ましいです。逆に、プラスになっているということは将来のための投資が出来ていないとみることが出来ます。

2-3.財務キャッシュフロー

財務キャッシュフローとは、資金調達のために活動したお金の収支を示したものです。例えば、借入や株の発行などが該当します。

具体的には、以下のようなものが財務キャッシュフローに含まれるので確認しましょう。

  • 借入金による収入
  • 借入金返済による支出
  • 株式の発行による収入
  • 株主への配当金のための支出

営業活動・投資活動によって資金不足が出た場合、金融機関からの資金借入などで企業の資金を補うときなどに動きがあります。銀行から借りたお金を返済したり、株主配当をしていれば、マイナスになるので、マイナスになることが望ましいです。

逆にプラスになっているときは、新たに借金を増やしたり新株発行をして資金調達をしており、経営状況に余裕がない状態とみなされます。ただし、成長段階の企業ではプラスになっていることもあるので心配ありません。

次の章でキャッシュフロー計算書の読み方を確認していきましょう。

キャッシュフロー計算書の読み方

キャッシュフロー計算書の読み方

会社の経営状況を知るためにも、キャッシュフロー計算書の読み方を知っておくのが良いでしょう。営業・投資・財務の3つのキャッシュフローがプラスかマイナスかを見ることで、会社の全体像を把握することが出来るのです。

以下の8つのタイプに分けて、説明していきます。

  1. 優良企業タイプ
  2. 投資積極タイプ
  3. 財務改善タイプ
  4. 貯金タイプ
  5. 事業再生タイプ
  6. 一発逆転タイプ
  7. 融資打ち切りタイプ
  8. 倒産目前タイプ

基本的には、どの企業も優良企業タイプを目指すべきだとされています。1つずつ確認して、自分がどの企業タイプなのか確認していきましょう。

3-1.優良企業タイプ

優良企業タイプは、理想的なキャッシュフローが出来ています。

具体的には、以下のような状態の場合です。

  • 事業でお金を稼いでいて営業がプラス
  • 将来のために投資をしていて投資がマイナス
  • 経済的余裕があり借金返済や株主配当が出来ていて財務がマイナス

営業で稼いだお金で将来投資が出来ているという安定した優良企業と言えます。あなたの企業が優良企業タイプなら、できるだけ今のキャッシュフローを継続させられるような経営をしていきましょう。

3-2.投資積極タイプ

投資積極タイプは、事業で稼いだお金があってさらに資金調達を行って積極的な投資をしています。

具体的には以下のような状態の場合です。

  • 事業でお金を稼いでいて営業がプラス
  • 将来のために投資をしていて投資がマイナス
  • 資金調達を行っていて財務がプラス

新しい工場を作ったり、新しい事業にお金を投資していることが伺えます。この投資が成功するかが会社の経営を左右すると言えるでしょう。あなたの企業が投資積極タイプなら、投資している事業を成功させ、借金返済や株主配当に費用を回せるように努めましょう。

3-3.財務改善タイプ

財務改善タイプは、本業では稼げているものの財務改善を行っている最中の状態です。

具体的には以下のような状態になっています。

  • 事業でお金を稼いでいて営業がプラス
  • 投資資産を売却していて投資がプラス
  • 投資資産の売却で得たお金で借金返済をして財務がマイナス

リストラや設備売却などを行って、短期的な財務改善を行っているケースがあてはまります。営業だけではキャッシュが回っていない状態のため、長期的に見ると経営が危ないとも読み取ることが可能です。あなたの企業が財務改善タイプなら、本業での利益を伸ばしていくようにしましょう。

3-4.貯金タイプ

貯金タイプは、本業でお金を稼いでいるのに、投資資産売却や資金調達をしていて大きな投資に備えて貯金をしていると読み取れます。

具体的には以下のような状態の場合です。

  • 事業でお金を稼いでいて営業がプラス
  • 投資資産を売却していて投資がプラス
  • 資金調達を行っていて財務がプラス

全てがプラスになる珍しいタイプですが、事業転換や海外進出など大規模な投資を控えているケースにあてはまります。あなたの企業が貯金タイプなら、早めに投資を行い企業を大きく成長させましょう。

3-5.事業再生タイプ

事業再生タイプは、本業が不調だけど過去に蓄えたキャッシュを利用して投資を行って事業再生を行おうとしていることが読み取れます。

具体的には以下のような状態の場合です。

  • 事業でお金が稼げず営業がマイナス
  • 投資にお金を使っていてマイナス
  • 過去のキャッシュで借金返済や配当を出していて財務がマイナス

事業が好調だったときに蓄えていたキャッシュを崩しながら、事業再生を図っているといえます。今は不調でも、また盛り返すことが期待できるタイプです。あなたの企業が事業再生タイプなら、できるだけ早く本業を軌道に乗せて利益を生み出しましょう。

3-6.一発逆転タイプ

一発逆転タイプは、本業が不調だけど、積極的に投資を行いながら資金調達をする急成長が期待されるタイプです。

具体的には以下のような状態の場合があてはまります。

  • 事業でお金が稼げず営業がマイナス
  • 投資にお金を使っていてマイナス
  • 投資資金の確保のために資金調達をしていて財務がマイナス

一見厳しそうに見える企業ですが、投資を積極的に行っている分急成長が期待されるのです。事業が成功すると投資積極タイプへと成長していきます。あなたの企業が一発逆転タイプなら、早めに投資した事業で成果が出せるよう努めましょう。

3-7.融資打ち切りタイプ

融資打ち切りタイプは、本業で稼げていないのに借入が出来ない状況と読み取れます。

金融機関から融資が行われていないため、かなりピンチの状態です。

具体的には以下のような状態の場合があてはまります。

  • 事業でお金が稼げず営業がマイナス
  • 投資資産を売却していて投資がプラス
  • 投資資産売却で得たお金で借金返済を行い財務がマイナス

事業でお金が稼げていないのに、設備売却までしてしまって、借金をなんとか返済していると見えます。採算の合わない事業をやめたり、社員をリストラなどをしている可能性も高いです。短期的には改善されるものの、長期的に事業基盤が失われるので注意しなければなりません。

あなたの企業が融資打ち切りタイプなら、早めに事業の方向転換をするなどをして金融機関から融資をしてもらえる事業計画を立てましょう。

3-8.倒産目前タイプ

倒産目前タイプとは、本業で稼げておらず、マイナス分を投資資産売却や資金調達をしてなんとか食いつないでいる状況と読み取れます。いわゆる自転車操業状態です。

具体的には以下のような状態の場合があてはまります。

  • 事業でお金が稼げず営業がマイナス
  • 投資資産を売却していて投資がプラス
  • 借入や新株発行をしていて財務がプラス

赤字事業を支えるために、設備売却を行ったり資金調達をしてなんとか経営を保とうとしているタイプです。あなたの企業が倒産目前タイプなら、現在の事業に見切りをつけ、新規事業に向けて投資することで乗り越えましょう。

キャッシュフロー計算書の作り方

キャッシュフロー計算書の作り方

ここからはキャッシュフロー計算書の作り方を説明していきます。自分の企業のキャッシュフローを把握するには、キャッシュフロー計算書を作成しなければなりません。

会計士や税理士に委託することも出来ますが、費用がもったいない・すぐに把握したいという人は自分で作成することもできます。

まずは、以下の決算書類を用意しましょう。

  • 貸借対照表(前期・当期)
  • 損益計算書(当期)
  • 固定資産や有価証券に関する書類
  • 新株発行に関する資料

中小企業庁から「中小企業会計ツール」という便利なものが配布されていますので、ダウンロードしましょう。

直接ダウンロードする方は以下よりエクセルファイルをダウンロードして下さい。

必要な項目を記入していくだけで、以下のようなキャッシュフロー計算書が出来上がるのです。

キャッシュフロー計算書

(参考:中小企業庁│キャッシュ・フロー計算書を自動に作成

キャッシュフロー計算書は、用意した書類から該当する項目をプラスの項目とマイナスの項目に分けて抜き出して作成していきます。営業・投資・財務のそれぞれのプラスの項目・マイナスの項目を確認していきましょう。

4-1.営業キャッシュフローの項目

営業キャッシュフローのプラスの項目とマイナスの項目を確認していきましょう。

(1)営業キャッシュフローのプラスの項目例

営業キャッシュフローのプラスの項目は以下の通りです。

  • 減価償却費
  • 利子利息の支払額
  • 売上債権の減少額
  • 貸倒引当金の増加額
  • 棚卸資産の減少額
  • 仕入債務の増加額

(2)営業キャッシュフローのマイナスの項目例

営業キャッシュフローのマイナスの項目は以下の通りです。

  • 貸倒引当金の減少額
  • 利子利息の受取額
  • 売上債権の増加額
  • 棚卸資産の増加額
  • 仕入債務の減少額
  • 法人税等の支払額

4-2.投資キャッシュフローの項目

投資キャッシュフローのプラスの項目とマイナスの項目を確認していきましょう。

(1)投資キャッシュフローのプラスの項目例

投資キャッシュフローのプラスの項目は以下の通りです。

  • 固定資産の減少額
  • 固定資産の売却損
  • 有価証券の減少額
  • 有価証券の売却損

(2)投資キャッシュフローのマイナスの項目例

投資キャッシュフローのマイナスの項目は以下の通りです。

  • 固定資産の増加額
  • 固定資産の売却益
  • 有価証券の増加額
  • 有価証券の売却益

4-3.財務キャッシュフローの項目

財務キャッシュフローのプラスの項目とマイナスの項目を確認していきましょう。

(1)財務キャッシュフローのプラスの項目例

財務キャッシュフローのプラスの項目は以下の通りです。

  • 短期借入の増加額
  • 長期借入の増加額
  • 株式発行の収入
  • 利子利息の受取額
  • 自社株式の処分

(2)財務キャッシュフローのマイナスの項目例

財務キャッシュフローのマイナスの項目は以下の通りです。

  • 短期借入金の返済支出
  • 長期借入金の返済支出
  • 配当金の支払額
  • 利子利息の支払額
  • 自社株式の購入

以上が、キャッシュフロー計算書の作り方でした。作り方に不安があるなら、会計士や税理に相談するのも良いです。

キャッシュフローは企業にとって重要なので、適切な計算書を常に持っておくようにしましょう。

キャッシュフローは企業にとって重要

キャッシュフローは企業にとって重要

キャッシュフローは、企業にとって重要です。特に営業キャッシュフローがマイナスだと、企業の存続が危ぶまれます。多くの人は、経営状況を見るために利益が出ているかに注目しがちです。

しかし、利益だけで判断してしまうと勘違いをしてしまうことがあります。なぜなら、利益はあるけど実際の現金が入ってくるのはまだまだ先だということがあり得るからです。利益が出ていることに満足してしまっていたが実際は資金不足という状況が出来てしまいます。

一方で、キャッシュフローは実際の現金の流れに焦点を当てています。そのため、勘違いが生まれることはありません。

見せかけの儲けではなく、実際に存在する現金だけを映し出すことが出来るのです。

キャッシュフロー経営とは

キャッシュフロー経営とは、実際のお金の動きに焦点をあてた経営を行うことです。企業の手元現金を増やすことを目的としています。

キャッシュフロー経営を行うことで、「売り上げが発生したとき」ではなく「現金を回収したとき」を基準とするため、資金の動きを把握することが出来るのです。

例えば、以下のような判断が出来ます。

  • 営業キャッシュフローがプラスだから投資に資金を回そう
  • 全体としてはプラスだけど営業キャッシュフローがマイナスだから、サービス向上に資金を費やそう

このように経営において適切な判断が早急にできるようになります。あなたも企業を経営しているなら、キャッシュフローを意識していくようにしましょう。

まとめ

キャッシュフローについて詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

繰り返しになりますが。キャッシュフローには3つの種類があります。

  1. 営業キャッシュフロー
  2. 投資キャッシュフロー
  3. 財務キャッシュフロー

企業の経営において、キャッシュフローを理解することは大変重要です。キャッシュフローの重要性を理解し、正しい経営判断が出来るようになりましょう。