コーポレートファイナンスとは?企業価値を最大化する財務活動を徹底解説!

コーポレートファイナンス

コーポレートファイナンスとは何かご存知でしょうか?

日本語では企業財務といい、企業が成長するために重要な財務活動全般のことをいいます。

しかし、財務活動全般と言われても、いまいちよく分からないですよね。

今回は、コーポレートファイナンスとは何か、その目的など基本的なことについてわかりやす解説します。

コーポレートファイナンスとは?

コーポレートファイナンスとは

コーポレートファイナンスとは、「企業価値を最大化」するために企業がおこなう財務活動全般のことをいいます。

ここでの財務活動とは主に、資金調達をし、事業に投資を行い、投資で得られた収益を調達元へと還元する活動のことです。

その企業価値追求のために体系化された理論や手法がコーポレートファイナンスの大きな枠組みとなります。

また、企業の財務活動において、いかにして事業への投資に必要な資金を金融市場や金融機関から調達するか(借り入れするか)というデットファイナンス的な資金調達の観点からコーポーレートファイナンスと呼ばれることもあります。

一般的には後者にフォーカスされることが多く、企業の資金調達の方法としての意味合いが強くなります。

ただ、コーポレートファイナンスは非常に幅広い概念であり、学問としても確立されています。

企業の財務活動全般を網羅しているので、冒頭で述べた資金調達の観点(投資される側)だけでなく、資金を提供する側(投資する側)である投資理論や配当政策の観点なども含まれます。

コーポレートファイナンスの目的

コーポレートファイナンスの目的はずばり「企業価値の最大化」することです。

企業価値というのは、その企業全体の経済的価値になり、コーポレートファイナンスの観点から言うと会社が自由に使えるお金(フリーキャッシュフロー )を生み出す能力で評価されます。

なので、そのフリーキャッシュフローを生み出すために、冒頭で述べた「資金調達→事業への投資→投資資金の回収」などの活動を行い、企業価値を高めていくというわけです。

企業価値の評価方法

コーポレートファイナンス

前述したように、コーポレートファイナンスの目的は「企業価値の最大化」ですが、どのようにして企業の価値を算出するのでしょうか。

企業価値を求める方法には、NPV(正味現在価値)、DCF法、IRR(内部収益率)などの評価方法があります。

これらについては、以下で詳しく解説していきます。

また、企業価値を算定することをバリュエーションといいます。

バリュエーションについて以下の記事で解説しているので、こちらの記事と合わせて参考にしてください。

バリュエーションとは?その種類や方法、M&Aで使う企業価値の算出手法を徹底解説!

NPV(正味現在価値)

NPVとはNet Present Valueの略で正味現在価値と呼ばれています。

資産ひいてはその資産を用いての投資(新規事業やプロジェクトなど)が生み出す将来のキャッシュフローを割引率を用いて現在価値に算出し、それを(初期)投資額で差し引いた値のことです。

もっと簡単に言うと、「将来得られるであろうお金を現在価値にし、それから初期投資額を差し引くといくらになるか」というものです。

簡単な式で表すと、(将来得られるお金の現在の価値)ー(初期投資額)=(正味現在価値)
というものになります。

NPVは投資の意思決定シーンでよく使われており、この正味現在価値(NPV)>0であれば、投資対象として検討するなどと判断されます。

DCF法

DCF法とは、Discounted Cash Flowの略で、企業価値評価・価値算定の代表的な手法の一つです。

企業価値を時間とリスクの観点も加味して評価・判断する手法になります。

事業やプロジェクトが生み出す将来キャッシュフローを期ごとに現在価値へと割り戻し、それらの合計から企業の現在評価額を算定していくという手法です。

つまり、DCF法は将来のお金を現在価値にするというものであり、それを用いてNPVなどが算出できるという流れになります。

IRR(内部収益率)

IRRはInternal Rate of Returnの略で、内部収益率と呼ばれています。また、定義として「NPV(正味現在価値)がゼロとなるような割引率」となります。

IRRもNPVと同様に投資におけるひとつの指標という位置付けであり、この割引率とWACCを用いて投資を行うか否かの意思決定をしていくという形になります。

WACC(ワック)とは、資本による資金調達と負債による資金調達にかかるコストを加重平均して求めたものです。日本語では加重平均資本コストといい、1円の資金調達をするのにかかったコストを表す指標になります。

基本的にIRR>WACCの場合、投資すべきと判断します。

WACCとは?加重平均資本コストの計算方法と例をわかりやすく解説

また、IRRは利回りにおける投資判断指標となりますが、割引率が考慮されていることやキャッシュフローが安定しない投資案件や期間が異なる投資であっても利回り比較ができることから、純粋な利回りとは明確に異なります。

まとめ

コーポレートファイナンス

コーポレートファイナンスは非常に幅広いテーマを扱う概念ですが、基本的には企業の財務活動全般という認識でいいでしょう。

・いかにして資金調達をしていくか
・どの事業に投資し、どのように利益を出してフリーキャッシュフローを獲得していくか
・どうやって投資資金を回収していくか

このような財務活動を検討・実行することによって企業価値の最大化を目指していくのです。

企業価値を向上させる方法やメリットについては、以下の記事を参考にしてください。

企業価値を向上させよう!メリットや方法・コンサルの選び方を解説

また、企業価値の最大化以前に、こういった財務活動は企業が長期的な経営をしていく上で(生き残る上で)非常に重要です。

なので、コーポレートファイナンスは企業にとって欠かすことのできない概念ということですね。