サイトM&Aサービスの価格・特徴・トレンドを徹底比較!2018年最新版の総まとめ

サイトM&A 比較

サイトの売買は企業や個人が直接行う取引から、サイトM&Aサービスを提供する仲介会社が入る売買が主流となってきています。

本記事では、サイトM&Aの仲介に関して、国内にどのようなサービスがあるのか、全17サービスを調査しまとめています。

サイト売買における比較検討の際にご参考にしてください。

サイトM&Aサービスの概要

サイトM&A

サイトM&Aサービスとは、個人や企業が保有するウェブサイトの売買をサポートする仲介業のこと。近年、企業のM&Aは増加の一途を辿っていますが、ウェブサイトの売買も増加しています。そして、サイトM&Aサービスは、買い手と売り手をマッチングすることで、手数料や成功報酬を得るビジネスモデルです。

提供しているサービスの内容は会社ごとに異なり、ウェブ上で買い手と売り手をマッチングするだけの簡易的なサービスから、オフラインでの営業活動や契約書をまとめるところまで包括的にサポートするサービスなど、幅広く提供されています。

サイトM&Aサービスで実現できる主な内容
  • 買い手と売り手のマッチング
  • サイトの査定(妥当な価格を仲介業者が算出)
  • サイト売買のウェブページへの掲載
  • サーバーやドメインの移管作業
  • 契約書の締結や支払いの管理
  • 比較検討の時間を大幅に削減ができる
  • 買い手への代理営業

また、報酬体系に関しても、着手金がかからないサービスもあり、気軽に利用できると裾野が広がっています。もちろん、ここに記載している内容は、サイトM&Aサービスごとに多少異なりますので、それぞれのサービスで提供している内容は、次の項目で詳しく見ていきましょう。

サイトM&A国内17サービスまとめ

それでは、サイトM&Aサービスの特徴や料金をご紹介していきます。

初期費用無料で成功報酬の費用だけがかかるサービスや、オフラインでの打ち合わせを親身に行ってくれるサービスなどがあり、比較検討の際にぜひお役立ください。

自分のニーズに合ったサイトM&Aサービスを探して利用しましょう。

SiteStock:業界トップクラスの運営実績!自社クライアントで数千社の企業にアプローチすることが可能

sitestock サイトM&A

2007年から運営しているサイトM&Aサービス。数千以上の案件を保有しており、その案件の多さが最大の魅力です。

また、アクターフォローも充実しており、仲介や直接など交渉の方法まで選ぶことが確保です。

サイト査定 無料 クローズド案件
基本料 無料 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間

【料金】

売り手

直接交渉プラン

成約時手数料 成約額の3%(税込)最低ご紹介手数料:5万円(税込)

仲介プラン

基本料(税別) 10万円
成約時手数料 売買金額に対し10%

買い手

直接交渉プラン

成約時手数料 成約額の3%(税込)最低ご紹介手数料:5万円(税込)

仲介プラン

基本料(税別) 10万円
成約時手数料 売買金額に対し10%

サービス名:SiteStock
提供企業:株式会社サイトストック
サイトURL:http://sitestock.jp/

M&Aマーケット:日本最大級の会社売買情報サイト|ITだけでなく飲食や出版など幅広い案件を揃える

M&Aマーケット サイトM&A

IT企業やWEBのみでなく、飲食や出版など様々な案件を取りそろえていることが魅力のサイトM&Aサービス。

特化型ではないため、ITやWEB関連のサイトだけでなく、建設や冠婚葬祭などの非常に多彩な案件が掲載されています。

サイト査定 クローズド案件
基本料 無料 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間

【料金】

売り手

成約時手数料 成約額の3%(税込)最低ご紹介手数料:5万円(税込)

買い手

成約時手数料 成約額の3%(税込)最低ご紹介手数料:5万円(税込)

サービス名:M&Aマーケット
提供企業:M&Aマーケット株式会社
サイトURL:https://ma-market.com/

サイトキャッチャー:サイトM&Aのサイトコンサルティング事業が強み|直接交渉プランでコスト削減も可能!

サイトキャッチャー サイトM&A

株式会社 Faber Companyが運営するサイトM&Aサービス。SEO対策やサイト流入に強みを持ち、数十万円から数百万円といった値段帯の案件を多く抱えています。

個人サイトの中でも、アフィリエイトサイトが多く、査定サービスの使いやすさには定評があります。

サイト査定 クローズド案件
基本料 10万円 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間

【料金】

売り手

直接交渉プラン

成約時手数料 成約額の3%(税込)最低ご紹介手数料:5万円(税込)

仲介プラン

仲介プラン
・基本料(税別):10万円
・売買金額2000万円以下の部分に対し:10%
・2000万円超~4000万円の部分に対し:9%
・4000万円超~6000万円の部分に対し:8%
・6000万円超~8000万円の部分に対して:7%
・8000万円超~1億円の部分に対し:6%
・億円超の部分に対して:5%
(最低手数料200,000円税別)

買い手

直接交渉プラン

成約時手数料 成約額の3%(税込)最低ご紹介手数料:5万円(税込)

仲介プラン

仲介プラン
・基本料(税別):10万円
・売買金額2000万円以下の部分に対し:10%
・2000万円超~4000万円の部分に対し:9%
・4000万円超~6000万円の部分に対し:8%
・6000万円超~8000万円の部分に対して:7%
・8000万円超~1億円の部分に対し:6%
・億円超の部分に対して:5%
(最低手数料200,000円税別)

サービス名:サイトキャッチャー
提供企業:株式会社Faber Company
サイトURL:http://sitecatcher.net/

Awesome:売買金額1億円以上のWebサイト専門|コンサルティングや買い手へのアプローチなど徹底したビジネス戦略が魅力

Awesome サイトM&A

すべての案件が売買価格1億円以上のサイトM&Aサービス。

運営歴1年以上、利益300万以上といった所定の条件をクリアする必要があります。コンサルティングや買い手へのアプローチなど徹底したビジネス戦略が魅力です。

サイト査定 クローズド案件 全て非公開
基本料 掲載料
売買金額 1億円以上 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間

【料金】

非公開

サービス名:Awesome
提供企業:株式会社ユービジョン
サイトURL:https://awesome-ma.com/

トランビ:事業買い取り希望者を無料で探せるオンラインサービス

tranbi サイトM&A

トランビは事業の譲渡に特化したサイトM&Aサービス。

事業形態にこだわらず、住宅や商社など様々なM&A先を紹介しています。また、事業規模や形態まで指定出来る為、ニーズに沿った売却が行いやすいという特徴があります。

サイト査定 クローズド案件
基本料 無料 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間

【料金】

売り手

無料

買い手

成約時手数料 成約額の3%(税込)

サービス名:トランビ
提供企業:株式会社トランビ
サイトURL:https://www.tranbi.com/

メディアエクシード:サイト売買だけでなくSEO、誹謗中傷対策などWebに関する様々なサービスを取り扱う

メディアエクシード サイトM&A

メディアエクシードは、サイト売買に加えて誹謗中傷対策やコンテツマーケティングまでを一括して任せることができるサイトM&Aサービス。

サイト売買のみでは、実績が少ないものの他の事業であるSEO対策や誹謗中傷対策などで確かな実績を作っています。

サイト査定 無料 クローズド案件
基本料 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間

【料金】

非公開

サービス名:メディアエクシード
提供企業:株式会社メディアエクシード
サイトURL:https://www.mexce.net/business/ma

サイト売買屋さん:個人が運営するサイトM&Aサービス|個人運用ウェブサイトを多く取り扱う

サイト売買屋さん サイトM&A

サイト売買屋さんは個人が運営している登録型のサイトM&Aサービス。基本的には、売り手がWEBサイト登録し、買い手をひたすら待つタイプのサイトです。

また、成功報酬型であり、個人運営のサイトが数多く登録されているのも特徴と言えるでしょう。

サイト査定 クローズド案件
基本料 無料 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間 1週間〜

【料金】

売り手

成約時手数料 成約額の5%(税込)最低紹介手数料32,400円

買い手

成約時手数料 成約額の5%(税込)最低紹介手数料32,400円

サービス名:サイト売買屋さん
提供企業:サイト売買屋さん運営事務局
サイトURL:http://サイト売買屋.com/

プレミアM&A:様々なジャンルのサイト売買サポートを行うM&Aサービス

プレミアM&A サイトM&A

プレミアМ&Aは総合的なサイトの売買のサポートを行うサイトM&Aサービス。非会員性のWebサイトや物販など特定の種類だけでなく、多数の種類のサイトを取り扱っています。

案件そのものはそこまで多くないため、マッチングサイトに近い感覚で利用できます。加えてサイト作成まで行っていることから基本的なWeb制作の技術もあります。

サイト査定 応相談 クローズド案件
基本料 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間

【料金】

非公開

サービス名:プレミアM&A
提供企業:株式会社トポロジ
サイトURL:https://www.premierma.co.jp/

サイノツノ:スピード取引が可能!最低5万円から5千万円までの買取を行うサイトM&Aサービス

サイノツノ サイトM&A

サイノノは、最低5万円から5千万円までの買取を行うサイトM&Aサービス。査定そのものは、最短で3日、買取に関しては2週間などスピードのある取引が魅力です。

また、メディアなどよりも個人のアフィリエイトサイトが多くなっています。

サイト査定 無料 クローズド案件
基本料 無料 掲載料
売買金額 5万円〜5000万円 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間 2週間〜

【料金】

非公開

サービス名:サイノツノ
提供企業:株式会社Easy Communications
サイトURL:http://www.sainotsuno.com/

株式会社ストライク:上場企業の安心感|M&Aや企業合併、事業買収が専門

ストライク サイトM&A

株式会社ストライクは、1997年設立の上場企業であり、近年になってサイトM&Aサービスを行うようになりました。

サイト売買での実績は多くないものの、上場企業であり、M&A仲介業務では一定の実績を持っています。

サイト査定 クローズド案件
基本料 掲載料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間

【料金】

非公開

サービス名:ストライク
提供企業:株式会社ストライク
サイトURL:https://www.strike.co.jp/

サイト売買Z:移転や売買の交渉まで手厚いサポートが魅力|ビットコインの利用が可能!!

サイト売買Z サイトM&A

サイト売買Zはサイトの買取の他に、移転や売買に伴う交渉まで一任できるサイトM&Aサービス。

支払い方法として、仮想通貨であるビットコインを使用でき、20万から300万円ほどのサイトを数多く扱っています。

サイト査定 応相談 クローズド案件
基本料 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間 2週間〜

【料金】

売り手

成約額25万円以上の場合

成約時手数料 成約額の3%(最低紹介手数料54,000円

成約額25万円未満の場合

成約時手数料 成約額の20%(最低紹介手数料10,800円)

買い手

成約時手数料 成約額の3~10%を案件ごとに設定(最低紹介手数料54,000円)

サービス名:サイト売買Z
提供企業:株式会社サイトM&Aパートナーズ
サイトURL:https://www.site-z.com/

ビザイン:コンサル事業を活かしたコラムが充実 中小企業規模のM&Aのマッチングサービスの場を提供

ビザイン サイトM&A

ビザインは、サイト売買以外にも事業譲渡や通常のM&Aサービスを提供しているサイトM&Aサービス。

コンサル会社として特化していることから、コラムや独自の資料などサイト売買だけではないコンテンツも充実しています。

サイト査定 無料 クローズド案件
基本料 無料 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間 1ヶ月〜

【料金】

1億円以下の場合

0円から1000万円 150万円
1000万円超3000万円以下 250万円
3000万円超6000万円以下 350万円
6000万円超から1億円以下 500万円

1億円以上の場合

1億円から5億円以下

5%

5億円以上10億円以下

4%

10億円以上50億円以下

3%

50億円以上

2%

サービス名:ビザイン
提供企業:株式会社ビザイン
サイトURL:https://www.bizign.jp/

サイト楽市:サイト売買が完全無料!|欲しいサイトを申し込んで簡単手続き

サイト楽市 M&Aサイト

サイトを簡単に売買できるネット上の楽市。

会員登録や入会金、月額費も一切不要。

通常手数料が高くなる小規模サイトも完全無料なので、気軽に売買することが可能です。

無料査定 クローズド案件
基本料金 無料 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間

 

【料金】

完全無料

サービス名:サイト楽市
提供企業:個人
サイトURL:http://www.site-rakuichi.com/

サイトレード:専任担当制でニーズに沿った売却や買取が可能!デューデリジェンス等のサポートが充実

サイトレード サイトM&A

サイト売買・M&A・事業譲渡などを行うゼスタスのサイトM&Aサービス。

専任担当制を採用しており、よりニーズに沿った売却や買取を行えることは大きなメリットと言えるでしょう。

査定から売却、アフターサービスまで一任することが可能です。

サイト査定 無料 クローズド案件
基本料 無料 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間 1ヶ月〜

【料金】

1億円未満の部分について

成約時手数料 成約額の10%(税別)

1億円以上の部分について

別途相談

サービス名:サイトレード
提供企業:株式会社ゼスタス
サイトURL:https://site-trade.jp/

株式会社ストロボ:サイトM&A時の“売り手”と“買い手”間の情報非対称性を解決をするサービス |買収後の運用も強力にサポート

Strobo サイトM&A

株式会社ストロボは、デジタルマーケティングやメディアコンテンツの開発に強みを持つ企業。

サイトМ&Aサービスを始めたのは、2018年に入ってからであるものの、IT業界や投資などにおいて企業としての強みを持つ為、サイト売買に対しても一定以上の手腕が期待できます。

サイト査定 クローズド案件
基本料 掲載料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間

【料金】

非公開

サービス名:Strobo
提供企業:株式会社ストロボ
サイトURL:https://www.strobo-inc.jp/

サイトマ:売却に特化!面倒な契約書の作成やサイトの引越し、エスクローサービスなど、全てお任せ!

サイトマ サイトM&A

売却に特化したサイト売買仲介サービス。

売り手も買い手も、面倒な契約書の作成やサイトの引越し、エスクローサービスなど、全て任せることができるため手続きをスムーズに行うことができます。

無料査定 クローズド案件
基本料金 掲載料 無料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間 1週間〜

【料金】

売り手

着手金 32,400円(税込)
成約時手数料 最低ご紹介手数料:5万円(税込)

買い手

無料

サービス名:サイトマ
提供企業:エベレディア株式会社
サイトURL:https://saitoma.com/

TRENDIX:大手M&Aの取り扱い実績!インターネット・メディア産業及びWebサイトに特化したM&A仲介・アドバイザリーサービスを行う

trendix サイトM&A

TRENDIXは、会社規模としては大きくないものの、大手M&Aの案件などを取り扱う実績のあるサイトM&Aサービス。

インターネットやメディア産業に特化しており、そういった分野でのサイト売買を考えている方には、おすすめできるでしょう。

サイト査定 クローズド案件
基本料 掲載料
売買金額 直接交渉プラン
個人の利用 制約期間

【料金】

非公開

サービス名:Trendix
提供企業:TRENDIX株式会社
サイトURL:https://www.trendix.jp/

サイトM&Aサービスを活用するメリット

サイトM&Aメリット

ここでは、サイトM&Aサービスを活用するメリットについて、「買う立場」と「売る立場」の両方から見ていきましょう。

売る立場(売却を行う側)がサイトM&Aサービスを使うメリット

1.高値での売却が可能

サイト売買の相場はある程度決まっています。アフィリエイト収益を主体としているサイトであれば、利益の1〜2年分の価格で取引されることが多いです。もちろん、3年分やそれ以上の価格で取引されることもあるので、一概に相場を語ることはできません。

しかし、個人で売買を行うよりも、サイトM&Aサービスの仲介会社を通した方が高く売れやすいというのも事実。個人では売買するノウハウがあまりないため、買う側から安く買い叩かれてしまう可能性もあります。専門家に依頼することで、高い値段での売却ができるというメリットがあります。

2.取引が成立しやすい

サイトM&Aサービスを利用している買い手が複数いるため、取引が成立しやすいというのは大きなメリットです。自ら買い手を探すとなると、数社、多くても10社程度に売却の話を持っていくのが精一杯でしょう。

しかし、サイトM&Aサービスを使えば、数十社から声がかかることも珍しくなく、取引が成立するまでの期間が短くなりやすいというのも売り手にとって嬉しいメリットです。

3.利益が出ていないサイトでも売却することができる

利益が出ていないサイトの買収先を個人で探すことは難しい上、買収のメリットを相手側に伝えるには交渉のスキルが必要になるので取引を成立させるのは困難です。

しかし、仲介業者は売却を希望するサイトの情報だけでなく、買収したい企業や個人の情報も多く持っています。そのため、サイトの強みをより引き出せる企業や個人を見つけることができるので、取引を成立させることが可能になります。

4.契約周りを任せることができる

サイトの売買には様々な契約がつきまといます。秘密保持契約書や競業避止の契約書など、様々な契約を結ぶ必要があるので、全てを自らの力で準備するのはかなり手間です。

サイトM&Aサービスを使うことで、契約周りを全てお願いすることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

買う立場(買収を行う側)がサイトM&Aサービスを使うメリット

1.時間を節約できる

サイトM&Aサービスに掲載されているサイトは、ある程度の実績を持っているために評価され、売却額がついています。

すでに一定の成果を上げているサイトを比較検討することができるので、ゼロベースで購入の検討をしなくてすみ、時間を節約することが可能になります。

2.相性の良いサイトを見つけやすい

サイトM&Aサービス利用することで、売り手に直接確認しなくてもワンストップで様々な取引先の情報を比較検討することが可能です。

また、ほとんどのサイトに検索の機能があるので、膨大なサイトの情報の中から、自社のサービスとして展開しやすいサイトに絞って効率よく探すこともできます。

購入したサイトと自社のサービスを組み合わせることで、新規顧客や取引先の増加が見込める、新しいサービスの展開なども期待することができます。

3.安心して買収を行える

一部のサイトM&Aサービスではデューデリジェンスを行なっており、サイトの資産価値を調査し、買収後にシナジー効果が見込めるかまで調査してくれます。

一部のサービスでは、プロの目線で、情報審査、コンテンツの価値、会員数、プロモーションの価値、SEOの順位、売り上げなどを指標にデューデリジェンスを行い、サイトの相場を知ることが可能です。

このように、サイトの価値を慎重に調査してくれるため、安心して買収を行うことが可能になります。

4.買収後の運用サポートを受けられる

サイトの運用経験がなく、買収後に売上や顧客満足度を維持できなくなってしまうということも珍しくありません。その点、サイトM&Aサービスを活用することで、買収後のサイト運用の方向性やアイデアを提供してもらえます。

また、運営代行やマーケティング、プロモーションなど、買収したサイトの価値を高めるためのコンサルタントサービスを提供していることもあるので、運用に自信がない場合は活用してみるのもいい でしょう。

サイトM&Aサービスを活用するデメリット

サイトM&Aデメリット

ここでは、サイトM&Aサービスのデメリットをみていきましょう。

1.サポート内容が一定ではない

サイトM&Aサービスのサポートは、会社によって非常に大きな差があります。ネット上で案件情報を出してマッチングするだけというサービスから、契約周りだけでなく、サーバー周りの面倒もみてくれるサービスまで幅広いです。

自社にいる人材によって、必要となるサービスは異なるはずです。適切なサービスを受けられるように、サイトM&Aサービスを利用する場合、何をどこまで行ってくれるのかをよく把握しておく必要があるでしょう。

2.少なからず手数料が発生する

サイトМ&Aサービスを利用する場合、必ず手数料が発生します。サイトM&Aサービスはあくまでも仲介業者であり、売手と買手を仲介し、両者から手数料を支払ってもらうことでサービスとして成り立っています。

例えば、購入代金に対して10%、売却代金に対して3%などサイトによって規定は異なるものの、一定の手数料を支払う必要があります。もっとも、手数料を支払うことによって、サービス業者が中間に入るため、安心した取引が行えるというメリットもあります。取引が心配な場合は、手数料を加味してもサイトM&Aサービスを利用して売買を行うことを選択肢の1つとて考えておきましょう。

3.ニーズに沿ったサイトを選択する必要がある

サイトM&Aサービスは、企業によって特徴が異なり、サイトにあったM&Aサービスを選択しなければベストな売買を行うことは難しいでしょう。

また、査定についても利用するサービスによって、査定額が大きく異なることも少なくないため、1社だけでなく複数社から査定を取るなどの対策も必要です。

まとめ

サイトM&Aまとめ

サイトМ&Aサービスは、コンサルティングから、査定・事業者へのアピールなど選択するサービスによって大きく異なります。

売却の場合は、専任のアドバイザーに相談しながら進めたい、収益としても大きな利益を出していることから買取の査定でも大きな金額で売却したいなど、売却者のニーズに合わせて使用するサイトを選択する必要があります。

また、買取の場合は、使用するサービスがどのくらいの金額でどこまでのアフターサービスを行うのかよく確認しておく必要があります。サイトの運営に至っては、これまでの運営方針からの展開によって顧客離れが起こることもあり得ます。

買取の際には、自社のプロジェクトと買収するサイトの事業がうまく合致するかどうか、よく検討する必要があるでしょう。サイトM&Aサービスはニーズに沿った使用方法であれば、非常に便利なサービスなので、サイトの売買で迷った際には一度利用してみるといいでしょう。