M&Aを活用した事業承継で必要になる手数料はどんなもの?

事業承継 M&A

事業承継のひとつの方法として増加傾向にあるのがM&A。

第三者の企業などを通じて自社株など所有権を買い取ってもらう仕組みです。

M&Aには専門の仲介業者がおり、業務提携をするのにふさわしい相手を紹介してくれるということになります。

今回は事業承継でM&Aを選択する場合の仲介手数料について見てみましょう。

M&Aの仲介手数料とは

M&A仲介手数料

主に、M&Aをする際の仲介手数料には、相談料、着手金、成功報酬があります。

弁護士に訴訟の依頼をする時などに料金体系や発生の仕組みが似ていますね。

最近ではコンサルタント会社によっては相談料や着手金を無料にしているところもあり、事業承継におけるM&Aが増加しているために競争も激化していることが感じられます。

相談料

事業承継を考えている経営者がM&Aの仲介業者に相談をする時に発生します。

M&Aで得られるメリットは何かといったことや、M&Aを選択するべきかどうかのアドバイスが得られます。

この時点ではまだM&Aをすると決まったわけではありません。

M&Aを考えていいる経営者の方は、一度相談してみても損はないでしょう。

相談料無料の仲介会社もあります。

着手金

次の段階では、いよいよM&Aに向けた動きが始まります。

ただし、結果的にM&Aが成立し、事業承継ができるようになるとは限りません。

M&Aにも数多くの準備が必要となりますし、資産など企業評価の調査などをします。

こうした作業に対する実費として考えるのが良いでしょう。

また、M&A成立時には成功報酬が発生しますが、仲介会社によっては成功報酬の一部として着手金の支払いをする場合もあります。

つまり、成功報酬を少し前払いしているということですね。

もちろん、この段階で結果的にM&Aをしたいという相手が見つからなければ不成立となり、成功報酬もかからないことになります。

仲介会社の方も、もちろん成功報酬を得ないと利益が出ませんので、M&A成立にこぎつけるまでしっかりと動いてくれることでしょう。

成功報酬

成功報酬のほとんどは、M&Aの売買代金の規模によって変動します。

大きな規模のM&Aであればあるほど、成功報酬も高くなってくるということです。

以下のデータはあるM&A仲介業者の成功報酬設定です。

このように、規模が大きくなればなるほど基本的には成功報酬の率は下がります。

売買価格 手数料率
5億円以下 5%
5億円超~10億円以下 4%
10億円超~50億円以下 3%
50億円超~100億円以下 2%
100億円超 1%

この成功報酬の基準は業者によってあまり違いはないのですが、できれば小さく抑えるためにいくつかの会社を比較したいものですね。

また、事業規模が小さい場合には仲介業者が得られる報酬は少なくなるため、最低手数料という金額を設定している可能性があります。

この点も注意しましょう。

最低手数料について

事業承継 M&A
最低手数料は仲介会社によって違いがあります。

安いところで数百万円というところもあれば、3000万円と設定しているところもあります。

事業規模があまり大きくないような場合は、最低手数料を支払うことになるケースもあるため、ご自身の会社の売買金額などをもとに慎重に選びたいですね。

報酬額の計算方法は二種類

M&A 報酬額計算方法

移動総資産ベース

M&Aで譲渡される企業の負債まで全て含めた計算方式です。

仲介会社へ支払いをする報酬額が高額になる傾向にあります。

取引価格ベース

負債を含めない計算方式になるため、成功報酬額を少なく抑えることが可能です。

選択肢がある場合は、こちらの方式の仲介業者を選びたいものですね。

さいごに

M&A

コンサルタント会社によっていろいろと違うM&Aの仲介手数料を解説してきました。

特別細かい決まりがないため、各社が現在しのぎを削っているような状態と言えるでしょう。

安すぎる手数料の場合はM&Aの対応が不安になることもあるかもしれませんが、まずはしっかりと相談をして見極めるのが良いのではないでしょうか。