相続用語|直系卑属(ひぞく)、直系尊属(そんぞく)とは?

相続

相続について調べているとやたらと難しい漢字が多いですよね。今回はそのなかで直系卑属(ちょっけいひぞく)、直系尊属(ちょっけいそんぞく)について解説します。

直系卑属とは、被相続人(亡くなった人)よりも後に生まれた親族(子や孫)のことです。

下記のイラストでいえば緑の枠、第一順位のことです。

逆に直系尊属とは、被相続人よりも前に生まれている親族のこと(父母や祖父母)のことです。

下記のイラストでいえば赤の枠、第二順位のことです。

 

相続用語 直系卑属、直系尊属

ですが、細かくいうともう少し説明が必要です。

直系卑属(ちょっけいひぞく)とは?

直系卑属

直系卑属は亡くなった人である被相続人の、子供や孫のことを指す言葉です。

しかし点を個別に解説していきます。

養子は直系卑属

養子は直系卑属に入ります。血の問題ではなく親子関係で子供にあたるなら直系卑属なのです。(法定血族といいます)

ちなみに養子は、産みの親にとっても相続人に当たります。

胎児も直系卑属

相続開始の時点ではまだ生まれる前の胎児も直系卑属に当たります。

稀なケースかとは思いますが、被相続人の子供がすでに亡くなっていて、孫がまだ胎児の場合にはその胎児が相続の第一順位に当たります。

つまり相続する権利があるということです。

子供の配偶者は直系卑属ではない

逆に被相続人の子供の配偶者は当たりません。被相続人の息子の奥さん、娘の旦那さんには直系卑属ではないのです。

あくまで被相続人の子供でないといけません。

つまりこれ、相続においては被相続人の子供の配偶者は相続人にならないということです。

直系卑属は相続の第一順位

直系卑属は、相続の第一順位です。つまり亡くなった被相続人の子供は、必ずに相続の対象になるのです。

※死亡している場合、遺言書で排除された場合は相続できない

配偶者が1/2、子供が1/2の財産の相続分を持ちます。

もし子供が複数の場合には、1/2の財産を子供の数で割ることになります。

直系尊属(ちょっけいそんぞく)とは

直系尊属

直系尊属とは、被相続人の父母や祖父母にあたる人のことです。

つまり亡くなった人の親よりも世代が上の親族のことです。

養父母は直系尊属

血の繋がっていない養父母も直系尊属に当たります。

配偶者の父母は直系尊属ではない

被相続人の配偶者の父母や祖父母は直系尊属には当たりません。

叔父(おじ)や叔母(おば)は入らない

被相続人の叔父や叔母は直系尊属には当たりません。

叔父、叔母とは父親の兄弟・姉妹のことですね。

まとめ

直系卑属 直系尊属

間違えやすい点も含めて直系卑属と直系尊属をご理解頂けましたか?相続人の順位や相続の範囲を調べると必ず知ることになる言葉です。

間違えず把握しておきましょう。

またこの直系尊属や直系卑属は、誰がいくら遺産を相続するのかを決める考慮する場合に必要になる考え方です。

誰がいくら相続するのか民法では目安になる法定相続分を定めていて「法定相続人の順位・順番を解説」に詳しくまとめています。