EBITDAとは?その読み方や計算方法、メリット・デメリットを解説

EBITDA

EBITDAとは、財務分析の一手段。簡易的な営業キャッシュフローを捉えるための数値として活用されるのが一般的です。

読み方はイービットディーエー、またはイービットダーと言われることが多いです。

今回はEBITDAの読み方をはじめ、計算方法、使う目的、メリット・デメリットを紹介していきます。

EBITDAとは?正しい読み方は「イービットディーエー」

EBITDAとは

EBITDAとは、財務分析の一手段。簡易的な営業キャッシュフローを捉えるための数値として活用されるのが一般的です。

読み方はイービットディーエー、またはイービットダーと言われることが多く、「Earnings Before Interest, Taxes, Depreciation and Amortization」の頭文字をとってEBITDAと表記します。

少し難しい英語もありますが、金利の支払い(Interest)、税金の支払い(Taxes)、減価償却(Depreciation)、その他償却(Amortization)の前(Before)の利益(Earnings)ということです。

EBITDAが使われるようになった背景として、グローバル化があります。異なる国の企業を比べようとした時に、国によって税金は違うのは当たり前ですので、当期純利益ではフェアな比較ができません。そこで使われるようになったのが税金などの影響を除外したEBITDAなのです。

EBITDAの計算方法

EBITDAとは

EBITDAの計算方法は数多くありますが、最も使われているのは「営業利益+減価償却」です。

EBITDA = 税引前利益 + 特別損益 + 支払利息 + 減価償却費

上のように求めると書いてある書籍やサイトも多いですが、実際に算出される数値に大きな違いはないため、「営業利益+減価償却」で求めるのが一般的です。

EBITDAを使う目的、メリット・デメリット

EBITDA メリット・デメリット

EBITDAを使う目的

EBITDAは簡易的な営業キャッシュフローを計算するのが目的であり、また企業の収益力を測るための指標です。

一方で、収益を測る指標としては当期純利益の方が確実性も信頼性も高いです。同じ国、条件の元に企業を比較する場合に使われることは少ないです(指標として公表している企業は多いですが)。

先述した通り、EBITDAを使うのは主に「グローバル」で分析するときです。多国籍企業であったり、日本企業とアメリカ企業を比較する場合に使われます。

EBITDAのメリット

EBITDAを使うメリットは主に3つ。

  1. 同じ土俵で様々な企業を比較できる
  2. 本業での収益を把握できる
  3. M&Aの指標として使える

1つ目は、異なる国に属する企業同士を同じ土俵で比較することができるという点です。上述した通り、EBITDAはグローバルで企業を比較する際に使えます。

2つ目は、高額な設備投資を必要とする業界や企業において、本業での収益を把握することができるという点です。高額な設備投資を行うと、会計上は赤字になってしまうこともあり、事業自体が順調に成長しているのか把握しづらくなってしまいます。しかし、EBITDAを使えば、設備投資の分を除外できるので、事業自体の成長性がわかるのです。

3つ目は、M&Aの指標に使うことができるという点です。簡易買収倍率という「EV ÷ EBITDA」で算出される数値が企業の割高感(または割安感)を表します。業界にもよりますが一般的に6〜7倍と言われており、7倍以上で割高と考えられます。ただし、この指標は欠点も多いため、実際のM&Aでは参考程度にしか使われることはありません。

EBITDAのデメリット

ここまでEBITDAのメリットを紹介してきましたが、当然ながらデメリットもあります。そもそも、EBITDAは2000年前後には盛んに使われていた指標ですが、その後数々の欠点が浮き彫りになっています。

EBITDAのデメリットの1つ目は、計算式の「営業利益+減価償却」が必ずしも企業の収益力を表すとは限らないということ。例えば、営業外利益が重要な収益源になっている企業の正確な実態を測れないという問題があります。

2つ目のデメリットは、税金を完全に無視してしまっているということ。EBITDAは国ごとに異なる税金や金利を考慮して比較しようという前提にありますが、現実問題として税金は納めなければなりません。株主観点から見ても、最終的に株主還元されるのは「税引後」の利益であって、税引き前のものではありません。

まとめ

EBITDA まとめ

EBITDAについて、その計算方法をはじめ、メリットやデメリットを解説してきましたが、理解いただけたでしょうか?

EBITDAは企業分析をする上でとても大切な指標ですので、きちんと理解して使いこなせるようにしましょう。