【はあちゅう勉強会】起業家はSNSを駆使しよう!

今回インフルエンサーとして有名なはあちゅう(@ha_chu)さんをお招きし、pedia salon内でSNS勉強会を行ないました。

起業戦闘力を高めるためには、SNSはとても重要です。それをはあちゅうさんの口から直接聞けるという貴重な機会。

その様子をレポートします!

はじめに

pedia salonでは、起業戦闘力という概念があります。

正田さんによると、起業戦闘力とは「事業の内容が微妙でも、ある程度なんとかなる」ような力のことです。この起業戦闘力の計測指標として、SNSのフォロワー数も一つの大きな要素となっています。この部分で悩めるサロン生も多く、定員がすぐ埋まってしまって席を増やしたほど。

(今回の進行は、pedia salonのリーダーチームにいらっしゃる小野さんです。)

 

経営者としてやっていくならSNSはとても大事です。」と正田さんが最初に一言。

 

早速はあちゅうさんからご挨拶をいただきました。

起業家であれば、SNSは注目度が高くなったりして有利だと思いますね。よろしくお願いします。」

はあちゅうさんアップ

SNSの使い分け

はあちゅうさんによると、各SNSは全然性質が違うので使い分けは必要とのこと。

詳しく伺うと、

  • facebookは同人誌:リアルに繋がっている人脈との繋がり。コミュニティ系
  • Twitterは週刊誌:芸能ネタや下世話な話がウケる。思想系
  • Instagramはファッション誌:女性誌的なビジュアル重視の世界観。ライフスタイル系

といった感じにまとめられました。

ちなみにnoteはエッセイや有料記事に向いていて、インスタの親戚感があるとのことです。

 

「やっぱり起業するならTwitterが良いですよね。」と正田さん。

ということで、はあちゅうさんから、起業家向けのTwitterの活用法をお聞きしました。

プロフィールの作り方

まずプロフィールを見てもらいたい人を募りました。

はあちゅう勉強会挙手シーン

すると、2名の起業家の男性が挙手。

早速はあちゅうさんの指摘が入ります。

はあちゅうさん指摘中

「ちょっと名前が堅いな…パーソナルな要素を入れた方が、柔らかくなって良いです。」

公式HPや取材があれば載せると良いですね。Twitterって一つしかURLを貼れないので、私はディグれる(掘れる)ようにHTML名刺を使ってます。」

アイコンは真正面の自分の写真で、背景含めて明るいイメージのものが良いです。信頼感を持たせられます。」

 

はあちゅうさんによると、名前は漢字詰め詰め(例:正田太郎)のみにすると堅苦しく感じてしまうのだそう。

この対策としては、

  • ひらがなやニックネームを使ってキャッチーにする
  • パーソナルな要素を付け足す(例:正田太郎@トマトの売り子)

が有効とのこと。

 

ちなみに、名前が長すぎるのはNGだそうです。(例:正田太郎@世界の中心でトマトをサクッと売っている人)

確かに長すぎると途中までしか表示されないですし、読む気になれないですよね。

 

はあちゅうさんは友人の作ったサービスということでHTML名刺を使用していますが、ブログのプロフィール欄に飛ばすのも良いとのこと。

プロフィール欄がごちゃごちゃしてしまう人は、これ以外にも自作ハッシュタグを作るのがオススメだとか。

 

プロフィールの見直しに、みんな真剣です。

はあちゅう勉強会みんな真剣

ちなみにDMは、適当に送ってくる人も多く、そこに時間を割かれるのはもったいないので一時的に解放すると良いそうです。

バズるの定義って?

「バズるってどこからなの?」と正田さん。

「私は5000RT以上と思っていますが…フォロワー数にもよりますよね。」と、はあちゅうさんからの返答が。

(はあちゅうさんほどのフォロワーがいない一同は苦笑い…)

「1000RT以上になると、自走し始めるので普段自分が接さない層にも届きます。」

これに共感した進行の小野さんは、子育てネタが多くの人の共感を呼んでバズったことがあります。

ちなみにバズるネタは、子育てネタ以外にコスメや新商品ネタがあるそうですよ。

 

毎回バズを狙うのかというとそうではなく、普段は低空飛行バズを続けて大当ては1回で良いということです。

単に面白いツイートをしていれば良いという訳では無いとのことで、これにはウケ狙いツイートを度々している筆者もギクリとしました。

あとは下心のあるツイートも、読んでいる人にはわかってしまうのだとか。

ちなみに朝はポジティブ、夜は自虐をこめたネガティブなネタのウケが良いとのことですが、これは心理的にも納得ですね。

タイムラインを駆使してアピール

はあちゅうさん説明中タイムラインはプロフィールに飛んだ時に目に入るので、整理をする必要があるとのこと。確かにタイムラインを見て役立ちそうな情報があれば、フォローしたくなりますもんね。

例えば自分の掲示板のように見せていたり、面白いネタだらけにしたりなど、見せ方は様々です。

単に有名人だというだけでなく、ちゃんと力を入れている人はフォロワーが多いのだそう(例:ZOZO前澤さん)。

 

小野さんの「田端さんや堀江さんの炎上系も凄いですよね。」に対し、

炎上させるやり方は、個性を売ってタレント的なメディア露出も狙っていきたい起業家以外にはオススメしません。」とはあちゅうさんは言います。

確かに炎上してしまったら、会社や事業の信用を失う危険性だってありますもんね…!

ではどんなツイートが良いのか?

ツイートにもいろんなものがありますが、まずは心が反応するツイートを心がけると良いそう。

他にもはあちゅうさんのオススメは、

  • 本の感想(筆者がTwitterをやっている)を書く
  • 便利な情報(お店の情報やテクニックなど)を提供する
  • イベントに参加したらハッシュタグをつけて実況&まとめツイート
  • インフルエンサーに絡む(※脈絡ないのはNG!)

とのことです。

 

ふむふむ…と聞きいるみんな。と正田さん

聞きこむみんな

やってたら法則みたいなものが感覚的にわかってくるので、ゲーム的にやっていたら増えていきますよ。」とアドバイスいただきました。

はあちゅうさんも色々と試して今の域までたどり着いたのですね。一喜一憂するのではなく、ひたすら試すのが大切ですね!

はあちゅう的Twitter戦略&マナー

インフルエンサーであるが故に炎上もしやすいはあちゅうさんですが、「私は嫌いな人はどんどんブロックします」とのこと。

「関係性的にフォローしていても、あまりにツイートや宣伝が多いとミュートします。」

「リストは情報収集用に使っています。目的によって使い分けているので、アカウントも別で二つ持っています。」

…なるほど、機能を駆使している訳ですね。

 

「はあちゅうさん的Twitterのマナーとかってありますか?」と小野さんが問いかけると、

「突然インフルエンサーに乗っかるとか、相手がされて嫌なことはしない。わからなければ、今旬な人の使い方を真似ると良いです。」とはあちゅうさん。

 

ちなみにサロンの戦略としては、ハッシュタグで盛り上げることが大切!そこから流入もあるのだそうですよ。

最後に

ではこれまでの話を踏まえてどうしていったら良いか?

  • 顔出ししてツイートを積極的にする(一日10〜30ツイートを目指す)
  • 140字に慣れない人はアウトプットの機会を増やして慣れていく
  • 早速ハッシュタグをつけて今日の勉強会のまとめツイートをする(「#はあちゅう勉強会」で検索してみてください!)

 

いかがだったでしょう?お分かりの通り、ただ何も考えずにやるだけではなかなかフォロワーが増えません。「どう見せるか」を考えることはTwitterでも重要なポイントでしたね。やはり起業家はTwitterで信頼を得られるということなので、今日学んだことはどんどん試していきたいですね。

はあちゅうさん、直々にSNSのご指導を賜りありがとうございました。