エクイティファイナンスとは?メリットや活用法について紹介!

エクイティファイナンス

ある程度事業が進展していき、次の事業への追加投資や新規の事業に対する投入資金をどのようにして集めるか検討されている方もいるでしょう。

その際、「エクイティファイナンス」による資金調達について考えられている方も多いかと思います。そこで、当記事ではそのような方のために「エクイティファイナンス」についての説明解説を行っていきます。

エクイティファイナンスとは?

エクイティ とは

エクイティファイナンスとは、新たに自社株を発行することにより、自社の資本を増やすことで資金調達を行う手法です。返済期間を定めない資金調達であり、より企業の財務体質を強固なものにしていくことが出来ます。

一見、株式を発行し続ければ無限に資金調達が行えそうにも見えます。しかし株式というものはこの先会社をどう動かすかを決めるために重要な決定権です。さらには発行するためには特別な手続きも必要なので株式発行は慎重に行うべきです。

エクイティファイナンスの種類

続いて、エクイティファイナンスにはどのような手段があるのか述べていきます。

エクイティファイナンスには、

  • 公募(時価発行増資)
  • 株主割当
  • 第三者割当増資
  • 転換社債型新株予約権付社債(CB)

の4種類があります。

公募(時価発行増資)は、その段階での時価や、時価に近い価格で新規に株を発行することです。公募による株価発行は、一定期間の株価から少し割引された株価が設定されます。この割引額については、投資家からの需要傾向などを元に決められます。

株主割当は、常に株を保有している方に対して新株式を当てることです。株主にはそれぞれ有償の新株が提供されます。ただし、株主が新株に対して申し込みなどを行わなかった場合、権利が失効されます。比較的企業側にとって確実な方法であるため、企業を中長期的に安定させるための手段として最適な手法です。

株主割当による増資は、増資前とその後の株主構成や保有率が大きく変わらないことが利点としてあげられます。

第三者割当増資は、株式を発行する会社と何らかの関係がある企業や人物、金融機関などに対して新株の割り当てを行う方法です。これは株主であるかどうかということは関係なく、特定の関係性を持った第三者に対し新株を引き受ける権利を与える手法です。特定の会社や人物、金融機関を総じて縁故者と呼び、それらに対して新株を割り当てることから「縁故者割当増資」とも呼ばれています。一般的に振込額については株主割当同様割引されたものが多いです。しかし、事情によってさらに割り引いた価格で提供する場合は、株主総会を開き理由を提示して、特別決議を経る必要性が発生します。

第三者割当増資は業務提携先との提携強化や発行会社の経営状態が悪化している際に事業支援や会社再建のために用いられることが多いです。

 

ここで、株主割当と第三者割当増資を比較してみます。両者はよく混同されがちの要素なので注意しましょう。

株主割当については、既存の株数に応じて新株を発行し、株保有者に分配する方法です。

一方で、第三者割当増資は、既存の株数の割合などは関係なく、株を保有しているかどうかは関係なく第三者に対して株を配当する方法です。

 

転換社債型新株予約権付社債(英:Convertible Bond =CB)は、株式と債券の2つの要素を兼ね備えたものです。発行時に設定された条件で株式に変換するか、満期まで待ち全額返還してもらうかの選択が可能です。

エクイティファイナンスを有効活用する場面

では、エクイティファイナンスはどのような場面で利用すれば良いのでしょうか?

  1. 企業が利益獲得などにより成長するための資金調達を行う時
  2. 企業の資金体制をより強固なものにする時
  3. 株式資本の増加が事業発展のために必要な時

以上の3つがエクイティファイナンスにて資金調達を行う最適なタイミングであると言えます。

デッドファイナンスとの違いは?

エクイティファイナンス デットファイナンス

エクイティファイナンス対をなす資金調達方法に「デットファイナンス」があります。ここからは、それぞれ比較して違う点を述べていきます。

なお、デットファイナンスについては、下記記事にて詳しく述べているのでご参照ください。

負債か資本か

エクイティファイナンスは株式を発行することによって資金を集める、つまり「資本」の増加によって資金調達を行う方法になります。そのためエクイティファイナンスを行うほど企業の資本資本率の増加を見込めます。

ただし、株式を無際限に発行することにより、経営権が移行するなどのデメリットが発生しかねないため、新株発行については慎重に決定していく必要性があります。

一方デットファイナンスは、いわゆる金融機関などからの「借入」による資金調達法です。そのためデットファイナンスを行うことは「負債」を増やすことを意味します。

負債を増やしすぎてしまうと自己資本比率が下がるため銀行からの信用が落ちてしまう可能性があるため、これも慎重に行う必要性があります。

返済義務

エクイティファイナンスは、株式を購入してもらうことにより資金調達を行うため、資金を返済する義務はありません。ただし、利益が発生した際には、株主に対する配当金などを分配する必要があります。(配当金を出さない企業もあります。)

対してデットファイナンスは、「借入」による資金調達方法なので返済の義務に加えて、利子を支払うことが必要です。これだけ聞くとデメリットかもしれないですが、借入を行なったり、返済を完了したりすることで銀行からの信用が上がるというメリットもあります。

株主権限

エクイティファイナンスは、株式を発行し購入してもらうことで資金調達を行うため、経営権などの権限が稀に移動することがあります。ものすごく極端な例をあげますと、部下に第三者割当増資を行ったところ、経営者と部下の株保有率が逆転し、部下に経営権が移ってしまった!なんてことも考えられます。

ただ、自分以外の他者にも経営権が派生することで、事業が好転する可能性もあります。

デットファイナンスは、銀行からの借入なので、株主との干渉はありません。そのため株主権限などの変化はありません

リスク

エクイティファイナンスは株式を用いた資金調達です。そのため事業がうまくいかなかった場合は株価の下落も当然考えられます。もしそうなってしまった場合、資本を大きく損ねるリスクもあります。

デットファイナンスによる資金調達は「借入」によるものなので返済の義務があります。もし返済できなかった場合には、金融機関からの信用がなくなるリスクがあります。

達成難易度

資金を調達する難易度としては、エクイティファイナンスの方が難しくなっています。というのも、エクイティファイナンスでの資金調達を行う際に株主からの理解が得られない場合は実施できないからです。実際に株主に対して、資金調達を行うことで成長する可能性などを明示して理解を得る必要があります。

一方、デットファイナンスについては簡単だとも言えます。単純に金融機関から借りるだけだからです。しかし、国が運営する公庫から融資を受ける場合には詳細な利益予測などを盛り込んだ事業計画書が必要になります。

しかし、簡単に融資を受けれる金融機関も存在するので、達成難易度についてはエクイティファイナンスよりも比較的簡単であると言えます。

以上がエクイティファイナンスとデットファイナンスの比較になります。両者の特性を知っておく事で、今後どのような手法で出資を受けるかの参考になればと思います。

エクイティファイナンスのメリットデメリット

エクイティ メリット デメリット

いくつか上記でも述べましたが、エクイティファイナンスにはメリットとデメリットが存在します。

メリット

エクイティファイナンスによる資金調達には、

  • 資金を返済する義務がない
  • 利息がない
  • 貸借対照表にて「資本」として取り扱われる
  • 資金投下を即行える可能性が広がる

ことがメリットとしてあげられます。

まず、株式を購入してもらうことで資金調達を行うため、返済する義務がありません。もし仮に倒産するような事態になってもこれは同じです。

また、返済する義務もなければ「借入」のような利息も発生することがありません。

そして、貸借対照表にてエクイティファイナンスで資金調達を行った資金は「資本」として取り扱われます。これにより、企業の自己資本保有率を高めることができます。

さらに常に自己資本を多く保有しておく事で、すぐに事業に対して資金投入を行える体制を作れます。デットファイナンスにて資金調達を行には、若干ですが時間がかかることが多いです。エクイティファイナンスにて事前に資金調達を行うことにより、ビジネスチャンスを逃さず掴む可能性を大きくあげることができます。

デメリット

一方で、エクイティファイナンスにはデメリットも存在します。

  • 経営権が移動する可能性がある
  • 会社の支配構造が変わる可能性がある
  • 配当金を払う必要性が大きくなる
  • 事前に成果を判断しにくい

以上がデメリットとして考えられます。

エクイティファイナンスは、株式と引き換えに資金調達を行う方法なので株主が新たに発生したり、保有率が変わることもあります。そのため、経営権や支配構造についての移動が起こるリスクがあります

また、エクイティファイナンスは、投資家にとって期待収益率が高いものです。そのためリターンとなる配当金などの負担が大きくなってきます。

そして、エクイティファイナンスはある程度時間が経過しないと、会社の成果などの結果がわかりにくい点があげられます。そのため事前に成果を把握しにくく、リスクもデットファイナンスと比較すると不透明なので、実施する際はより慎重な判断が求められます。

資本と資金を同時に得て、事業を大きくしていく

エクイティファイナンス 事業拡大

当記事ではエクイティファイナンスについてを述べていきましたが、いかがだったでしょうか?

ある程度会社規模が大きくなってきた企業にとって、エクイティファイナンスによる資金調達は有効な手段です。加えてエクイティファイナンスによって自己資本保有率も高くなるので、デットファイナンスを受けやすくなることから、一気に事業を加速させていく事も視野にいれれます。

また、上記で比較したデットファイナンスとエクイティファイナンスをそれぞれ上手に有効活用することが、資金調達を行う上で必要なスキルとなります。それぞれの資金調達方法についてをしっかり把握し、資金の滞りが無く、ドンドン事業を大きく展開できる状態を作っていきましょう。