知らないと損をする!会社売却を相談する相手・専門家を徹底解説!

会社売却 損

「事業承継が難しいからM&Aをすべきか悩んでいる」
「廃業するよりも会社を売却したい」

そのようにお考えの経営者の方も多いと思います。
ところが、会社の売却をしたことがあるという方はきっと多くはないでしょう。

会社の売却というのは経営者にとっては一大事ですし、車のように簡単に買い換えるようなものではありませんので、会社売買の経験を持った方は少なくて当たり前です。

会社売却や事業承継のためのM&Aの相談を誰かにしたいと考えている経営者の方に、今回はどこに相談すればよいかと言った点やメリット、デメリットなどの違いを詳しくまとめました。

会社売却はどこに相談すればいい?

申告漏れの際の罰則

まず、会社売却に関して相談できるのは以下の会社や事務所、士業です。

  • M&A専門の会社
  • 公認会計士や税理士
  • 銀行や証券会社

それぞれ、業務の範囲も違いますし、費用の面や実際に得意な分野なども異なるのはおわかりかと思います。
できれば会社売却を自分の望む形で、売却金額も多くしたいと考えるのは誰しも同じですよね。
まずは特徴をきっちりと押さえることで事業売却の成否の第一歩となります。

それでは以下から順番にメリット、デメリット、特徴などを比較して見ていきたいと思います。

M&A専門の会社

持株会 暦年贈与 事業再生コンサルタント とは・相続×FPの仕事とは? 相続税 相談 相続税計算

現在ではM&Aをしたい会社が気軽に相談できる会社売却の専門会社がいくつもあります。
一番手っ取り早くて確実な方法はこういった会社に相談することであると言って良いでしょう。

M&A専門の会社にはアドバイザーとしての役割を果たす会社と、仲介業者としての役割を果たすマッチング会社の2つがあります。
大手企業の場合はほとんどがアドバイザー契約をする会社を利用しますが、中小企業の場合は仲介会社を利用するケースの方が多いでしょう。

しかしここで少し注意が必要です。

M&Aは売り手と買い手が納得してはじめて成立する取引です。
値段が最初から決まっているわけではありません。

そのため、買い手が得になれば売り手が損に、売り手が得になれば買い手が損になってしまうという問題を抱えています。
仲介業者は両者の調整を同時に行いますので、どちらか一方にとっての利益が優先されてしまうことがゼロとは言えません。

一方で、アドバイザー契約をして調整を行う会社の場合は、それぞれがアドバイザーを立てて交渉し、買い手、売り手の利益を追求する形で契約を進めることになります。

会社の代理人をそれぞれ立てるというイメージですね。

まずはM&A専門の会社全体のメリットとデメリットを以下で見てみましょう。

メリット

会社売却、事業承継の専門の企業
経験が豊富であり専門的な業種であるためノウハウの蓄積がある
買い手となる情報も多くもっており、選択肢の幅が広い

デメリット

売り手企業にとって必ずしも有利とは限らない
売買情報が公開される可能性がある

M&Aの仲介会社とM&Aアドバイザー会社の比較

生前贈与 借金 相続 注意点

それでは続いて、M&A専門の会社でも仲介業者とアドバイザーとの違いを比較していきましょう。

仲介をする会社
売り手、買い手双方の利益調整をする。早く契約が成立することを求める。
アドバイザー会社
売り手、買い手のそれぞれの代理人の役割を果たす。
買い手の代理人は買い手、売り手の代理人は売り手の利益を求める。

このように、それぞれの業態で求める利益が違っているため、どういった業者に依頼をするのかによってM&Aの結果が大きく変わることとなります。

サービス内容で比較

M&A仲介会社のサービス内容

取引の交渉全般
買い手企業候補提案
売り手企業の評価

サービス提供の中身は業者によって変わってくるものとなるため、どこからどこまでを任せられるのかを詳細に把握しておくことをおすすめします。

いざ事業承継の段階に入った時に、オールインワンで全て任せられるサービスの場合であれば別途費用などはかからないことになりますが、こちら側で弁護士や公認会計士、税理士などの専門家に依頼しなければならないケースもありえます。
その場合、もちろん費用は自己負担となるため、当初考えていたよりも費用が高くなってしまう事もあります。

仲介をしてくれる会社に依頼する場合は、くれぐれも提供しているサービス内容の詳細まできっちり把握しておきましょう。

逆に、手数料がとても安い仲介会社の場合は、上記のような専門家への依頼などは含まない簡易なサービスになっていることもありえますので、注意が必要です。

M&Aアドバイザー会社のサービス内容

会社売却、事業承継における業務や交渉全般
(弁護士、公認会計士などとの連携なども含む)
買い手企業、売り手企業の紹介
売り手企業の評価

M&Aアドバイザー会社は、いわば代理人のようなサービスです。
そのため、サービス提供の範囲も広く、買い手を見つけるところから交渉、最終的な契約までセットで対応してくれる会社が多いと言えるでしょう。

そのかわり、業務量も大きく規模が大きくならざるを得ないため、会社数とはしてはあまり多くはなく、中小企業向けの会社というのは少ないと言えるでしょう。

大手企業ではこのようなアドバイザー会社に依頼をすることが多いと思われますが、中小企業では報酬の問題やサービス提供会社の対応状況から言って、一般的とは言えないでしょう。

しかし、中小企業にも対応したアドバイザーサービスを提供している会社もありますので、費用面での折り合いが付けば利用してみる価値はあると言えます。
相談のみであればさほど費用がかかるわけではありませんし、大体の相場を算定してもらいたいという意味では気軽に相談してみるのも1つの方法ではないでしょうか。

報酬で比較

次に、報酬面で両者を比較します。

M&A仲介会社の場合は、会社数も多く、しのぎを削っていると言っていいでしょう。
一方、M&Aアドバイザー会社の場合は一件一件の契約を成立させることに全力を注ぎますので、報酬は高くなる傾向にあります。

M&A仲介会社(一般的な例)

 

着手金:ない場合もある
最低成功報酬:500万円~
成功報酬:株式譲渡対価5%

アドバイザー会社(一般的な例)
着手金:基本的にある
最低成功報酬:1000万円~
成功報酬:株式譲渡対価の5%

上記の料金はあくまでも一般的な相場です。
会社によっては最低成功報酬がもっと低くなっていたり、完全成功報酬制にしていたりと、多様性があるため比較をしっかりと行うべきでしょう。

また、提供サービスの内容から弁護士や公認会計士の費用なども含まれているかどうかなどしっかり検討しておくべきです。

成約率に違いはある?

M&Aにおいて、アドバイザー会社と仲介会社に依頼した場合の成約率は違いがあるのでしょうか?
詳しいデータで検証するのは非常に難しい問題ではありますが、一般的には成約率に違いはないと言われています。

どちらも単純に売り手と買い手の合意が得られるレベルでなければ成立しないため、成約率に大きな違いはないでしょう。

しかし、それぞれの業者や担当者の実力によって、売り手の会社を買い手に魅力的に伝えられるかどうかなどは変わりますので、失敗しない業者選びをしたいものですね。

ネットワークに違いはある?

会社売却の際にM&Aを専門とする会社を選ぶメリットとしては、やはり買い手の選択肢を広く持っているというところでしょう。

M&Aの仲介会社もアドバイザー会社も、この点ではさして違いはないと考えられます。
もちろん、大企業を相手にM&Aを行っている会社ほどネットワークも広いと考えられるのですが、小さな会社でも色々な関係機関と連携を行い、買い手の幅の広さは持ち合わせていることでしょう。

一方、会社によって売買の得意なジャンルがあることも多いです。
ご自身の会社売却をするに当たって、自社の業種に強い仲介業者、アドバイザー会社を選んでおくことによって、自社の価値を高く設定してもらえる可能性があるでしょう。

売却する企業への評価

会社売却の際、自社の評価をしてもらう場合には資産や財務諸表からの計算というのが重要視されます。

しかし一方では、目に見えない部分で業種・業界においての重要性や希少性、企業独自の価値や強みと言ったものが加味されるかどうかにも注目しておくべきでしょう。
アドバイザー会社の場合であれば、企業としての強みを見つけ出し、巧みに企業価値を評価してくれる可能性もありますが、基本的には自社の中でそういった付加価値、強みとなる部分を見つけておくことが大事です。

こういった事業の評価能力を推し量るには、M&Aの会社にどこまで詳しくヒアリングされるのかと言った点に着目すると、パートナー選びに失敗しにくいと言えるでしょう。

M&Aの専門業者以外の選択肢

生前贈与 注意点

公認会計士や税理士

会社を売却するにあたり、公認会計士、税理士などに相談することも1つの方法です。
しかし、M&Aの専門家というわけではないため単純に財務諸表など目に見えるものが売買価格となる傾向にあるようです。

会社の人材や、希少性、顧客リストといった価値は売却価格に含まれにくいでしょう。
また、買い手となる企業の候補も既存のネットワークからの紹介となるため、数が多いとは言えないでしょう。

普段からお世話になっている税理士、公認会計士などに相談するのも良いと思いますが、M&Aに強い税理士、公認会計士の事務所などもあり、そういったところを活用する手段もあります。

銀行や証券会社など

銀行、証券会社などに依頼して会社の売却をすることもできます。
手数料の体系としては大手企業を取引先としての料金体系になっていることが多く、中小企業にとっては費用は安くはないでしょう。

しかし情報が豊富でM&A専門の部署などもあるため、信頼のおける対応をしてくれるというイメージが強いです。

買い手の候補としては金融機関の取引先から選ばれることが自然と多くなるため、幅広い買い手探しを考えている企業にとっては好ましくないかもしれません。

会社売却についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

会社の売却をする上では、それぞれの特色や得意分野があり、一概にどこへ相談するべきと言い切れるものではありません。

しかし、共通して重要なことは自社の強みや価値をしっかりと把握し、それをしっかりと説明できる十分な客観的資料などを会社側で揃えておくことでしょう。

それによって数字以上の価値で売却できる可能性が高まります。

また、M&A専門の会社による企業買収は半数を超えると言われています。
それだけメリットが大きいことの現れですが、会社によってサービス内容が異なるため、いくつかの会社に意見を求めるなど相談し、より有利な条件で売却できる方法を模索しましょう。

会社売却は単に数字だけのやり取りに収まるものではありませんので、そういった点も詳しく親身になって対応してくれる業者を見つけるべきではないでしょうか。