飲食店M&Aの相場って?飲食店買収の流れや注意点を丁寧に解説

事業計画書

飲食店のM&Aについてお調べですね。

「飲食店を経営したい!」と思っていても、気になるのは必要な費用だと思います。

飲食店M&Aを利用した場合、飲食店の買収価格の相場は、100~250万円程度です。

普通に開業するよりも、安くて良い条件で飲食店を始められるということで、飲食店M&Aは注目されているんですよ!

でも、「どうすれば飲食店を買収できるの?」と疑問に思う人も多いはず。

今回の記事では、飲食店M&Aの相場の根拠や買収までの流れなど、飲食店M&Aの疑問に応えています。

最後まで読んで、最適な飲食店を買収して、売上を上げていきましょう。

M&Aで始める飲食店経営

飲食店  M&A

飲食店M&Aとは、すでにサービスを提供している飲食店を売買することです。

近年、後継者不足の問題で、飲食店を売却したいと考えている人が増えています。

その傾向を見て、飲食店M&Aを利用して開業をする人も増えてきています。

その理由は、飲食店M&Aで開業すると、飲食店の内装や設備はもちろん、お店の営業権や従業員などを含めて引き継ぐことが出来るからです。

居抜きの場合だと、内装や設備は引き継がれますが、営業権や従業員は引き継ぐことは出来ません。

「飲食店経営を始めたい!」と考えている人は、飲食店M&Aを利用してみてはいかがでしょうか?

そこで心配なのが、飲食店M&Aをするための資金ですよね。

実は、意外と少額で、飲食店を買収することは出来ます。

次の章で、飲食店M&Aの相場を確認していきましょう。

飲食店M&Aの相場

遺留分 計算方法

飲食店の買収価格の相場は100万円~250万円といわれてます。

買収価格の相場をシミュレーションしてみましょう。

初めて独立・開業をする人の平均的な開業予算は500万~600万円が一般的です。

開業にあたって人気な物件は、だいたい20坪・テナント賃料20万程の規模となります。

想定される初期費用は以下のとおりです。

・敷 金 120万円 (20万×6ヶ月分)
・礼 金 40万円 (20万×2ヶ月分)
・手数料 20万円
・運転資金 100万円
・改装費 100万円

合計金額は380万と想定され、開業資金が500万~600万円であれば、残った資金120万~220万が店舗買収に当てられます。

そのため、100~250万円を狙って売却する人が多いのです。

もちろん、場所や店舗の大きさによって買収価格は大きく左右されるので注意しましょう。

飲食店M&Aのメリットとデメリット

未成年の相続人は相続放棄できる?できない?

「どうして飲食店M&Aで買収する人が多いの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

この章では、飲食店M&Aで買収するときのメリットとデメリットを見ていきましょう。

3-1.飲食店M&Aのメリット

飲食店M&A買収のメリットは大きく2つあります。

まず1点目は、売上や利益が初めからある程度約束されていることです。

M&Aだと、すでにサービスは成り立っており、お客さんも付いている状態で買収します。

そのため、現状収益が上がっている状態の飲食店を買収することが出来るのです。

「どうすればさらに収益を上げることが出来るのか?」を考える必要はありますが、売上がまったく上がらないというリスクは少ない状態でスタートすることが出来ます。

2点目は、従業員とノウハウが引き継がれることです。

通常、飲食店M&Aでは、現在働いている従業員をそのまま引き継ぐことになります。

そのため、採用や従業員教育にコストをかけずに済むのです。

3-2.飲食店M&Aのデメリット

もちろん、飲食店M&Aはメリットだけではありません。

飲食店M&Aのデメリットは、自分の思い描く飲食店を作れないことです。

飲食店M&Aは、基本的に売り手が作り上げたコンセプトをそのまま引き継ぐことが前提となっています。

例えば、今まで中華食堂だった店をおしゃれなバーに変えることは出来ません。

もちろん設備や内装をそのまま使うことが出来なくなりますし、従業員や顧客も離れていく可能性があります。

このようなデメリットも踏まえた上で、飲食店M&Aを活用するかを決定しましょう。

飲食店M&Aを考えているならアドバイザーに相談しよう

飲食店 M&A

飲食店M&Aのデメリットを見ても、飲食店を買収したいと思ったなら、M&Aアドバイザーに相談しましょう。

もちろん、個人で売買することも可能です。

しかし以下の点を踏まえると、お金を払ってでもM&Aアドバイザーにお願いをした方がスムーズに飲食店買収をすることができます

4-1.売り手の情報をたくさん持っている

M&Aアドバイザーに依頼をすると、売り手の情報をたくさん開示してくれます。

もちろん自分で探すことも出来ますが、M&Aアドバイザーの持つ情報量の方が圧倒的に多いです。

直接、売り手に質問をしなくても、気になることを気軽にM&Aアドバイザーに尋ねることも出来ます。

地域・業種・予算など、さまざまな条件に合わせて、買収候補にピッタリの飲食店を教えてくれるはずです。

4-2.トラブル対応を任せることができる

取引中や買収後にトラブルが発生した場合、M&Aアドバイザーを頼ることができます。

起きうるトラブルに対して、買収後の瑕疵担保責任は仲介業者が負担することにしている業者も多いです。

瑕疵担保責任とは、一般の人では簡単に発見できないような欠陥があった場合、売り手が買い手に負わなければいけない担保責任のことを指します。

飲食店の買収を慎重に行っていても、トラブルが起きることもあります。

飲食店M&AのプロであるM&Aアドバイザーに任せて、安心のできる取引をおこないましょう。

4-3.契約書類などの作成をしてもらえる

売買取引に必要な契約書を作成したり、トラブル防止のための重要項説明書など、さまざまな必要書類の作成もM&Aアドバイザーに任せることが出来ます。

作成には不動産や法律などの幅広い知識が必要のため、素人が作ると穴のある書類ができてしまうかもしれません。

トラブル回避のためにも、契約書などの重要書類はM&Aアドバイザーに任せることがおすすめです。

飲食店M&Aの流れ

飲食店 M&A

ここからは、飲食店M&Aの具体な流れについて説明していきます。

M&Aアドバイザーに依頼した場合の、飲食店M&Aの買収までの流れをみていきましょう。

4-1.飲食店M&Aの事前準備

①本当に飲食店M&Aをするべきか?

買収を決定する前に以下の3つについて明確にしておく必要があります。

・飲食店M&Aの目的と戦略

・買収したい飲食店の条件

・飲食店M&A基本計画の策定(スケジュール)

この3点が定まっていないと、飲食店M&Aの成功は実現しません。

②M&Aアドバイザーの選定・契約

経験と実績が豊富なM&Aアドバイザーをしっかりと選び、機密保持や業務内容・報酬で揉めないように契約を結びます。

M&Aアドバイザーは、地元のM&A業者を選ぶことをおすすめします。

なぜなら、地域の特性や過去の事例をよく知っているため、細かい質問にも丁寧に答えてくれるからです。

また、不動産取引の資格を持っているかもチェックしましょう。

飲食店M&Aでは、物件オーナーと交渉をすることがあります。

その際、不動産に関する専門的な知識が必要になるのです。

トラブル回避のためにも、資格の有無は確認しておきましょう。

4-2.売り手とのマッチング

①売り手とのマッチング

どのような飲食店を買収したいのかが定まれば、売却希望のある飲食店の中から買収先候補を選んでいきます。

このとき、どんな飲食店を経営したいのか、月の売上目標はどれくらいで設定しているのか、などを具体的にM&Aアドバイザーに伝えるようにしましょう。

実際に飲食店に行き、売り手の案内を受けたり、面会をする機会があります。

②売却条件交渉と基本合意契約書の締結

売却価格や従業員の処遇、その他条件などを互いに交渉します。

お互いが納得いくまで、しっかりと時間をかけて詳細な条件まで決めておくことでトラブルを回避しましょう。

条件交渉がまとまれば、基本合意契約書を締結に移ります。

双方で合意している条件や、交渉期間、その後のスケジュール等が明記されるのです。

③デューデリジェンスの実施

基本合意の締結後、買い手は売り手に対してデューデリジェンスを行います。

デューデリジェンスとは、弁護士や公認会計士などの専門家に、買収先である飲食店のリスクの洗い出しをしてもらうことです。

買収前にしっかりとリスクを把握することで、経営課題の解決策を綿密に練ることができます。

デューデリジェンスの結果を見て、引き続き交渉を続けるのであれば、譲渡契約に向けて最終の条件を決定していきます。

4-3.売買成立

①店舗資産譲渡契約の締結

売却条件の折り合いがついたら、売り手と店舗資産譲渡契約を結びます。

②買い手の賃貸借契約の締結と売り手の解約手続き

賃貸条件が合意された段階で、売り手と物件オーナーが賃貸借契約を解約します。

同時に、買い手は物件オーナーの賃貸借契約を締結します。

③引渡しと買収金額の振り込み

店舗の引渡し日は売り手とM&Aアドバイザー立ち会ってくれます。

電気・水道・ガスや冷暖房器具や厨房など売却物品の動作を一緒に確認するためです。

問題がなければ引渡しがされ、その後に買収金額を振り込みをし、飲食店買収は終了となります。

飲食店M&Aにおける注意点

パターン別での相続関係説明図の書き方

最後に、飲食店M&Aでの買収を失敗しないために、注意すべき点を確認しましょう。

飲食店M&Aは、売り手が少なく買い手が多い【売り手市場】です。

そのため、飲食店M&Aの交渉は、スピードが大切となります。

しかし、事前の調査を入念に行わなければ、買収後にトラブルになることもあるのです。

このような点を踏まえて、飲食店M&Aの買収交渉の注意点を具体的に見ていきましょう。

注意点1.スピーディーに判断しよう

「迷っている間に他社との交渉が進んでいた」なんてことにならないよう、スピーディーな判断を心掛けましょう。

なぜなら、他にも買い手候補がいる可能性があるからです。

良い買収先があれば、できるだけ早くアプローチをしましょう。

最終的な判断を急ぐ必要はありませんが、他の人より早く交渉を進めることで独占交渉が出来る可能性もあります。

売り手市場である飲食店M&Aでは、スピーディーに決定していくことが必要なのです。

注意点2.必ずデューデリジェンスをしよう

スピーディーな交渉が必要な飲食店M&Aですが、デューデリジェンスはしっかりと行いましょう。

デューデリジェンスとは、弁護士や公認会計士などの専門家に、買収先である飲食店のリスクの洗い出しをしてもらうことを言います。

売り手やM&Aアドバイザーを信頼しているからと言って、デューデリジェンスを怠ることは大変危険です。

デューデリジェンスをして、事業の問題点をしっかりと把握した上で、飲食店の買収の交渉を進めていきましょう

詳しくはこちら「デューデリジェスとは?その種類や方法、M&Aで使用する際の注意点を解説」の記事を参考にしてください。

 

まとめ

飲食店M&Aの相場は、100~250万円程度と言われています。

飲食店を経営したいと思っている人には、チャンスです!

ぜひ飲食店M&Aを活用し、最適な飲食店を買収して、事業を確立していきましょう。