マイクロM&Aってどうなの?買収の流れや注意点を解説

マイクロM&A

マイクロM&Aとは、1,000万円以下で企業や店舗、事業を売買することを言います。

最近、買収型起業の流行りから注目されている市場です。

実際に、売り手側から見ても、後継者不足の問題や資金調達のために、少額でも事業を売却する人が増えています。

でも、「マイクロM&Aと普通のM&Aってどう違うの?」と疑問に思う人もいるはず。

そこで今回は、通常のM&Aとは違うマイクロM&Aの買収先の選び方や注意点を詳しく解説。

マイクロM&Aの流れや、M&Aアドバイザーについても説明しています。

ぜひ、マイクロM&Aを上手に活用して、優良な事業を安く手に入れましょう。

マイクロM&Aとは

会社を売る経営者が増えている

マイクロM&Aとは、1,000万円以下で企業や店舗、事業を売買することです。

例えば、個人経営の店舗や、WEBサイトなど、小さい価格で売買されるようなM&A案件のことを言います。

スモールM&Aは中小企業などの小さなM&A案件を指しますが、マイクロM&Aの方がさらに規模が小さいという違いがあります。(スモールM&Aは数千万円~10億円規模のM&Aのことを指します。

マイクロM&Aでどんな事業が買えるの?

1,000万円以下で店舗や事業が買収できると聞くと、「どんな事業なの?」と疑問に思う人がいるかもしれません。

マイクロM&Aで買収できるのは、『後継者がいない個人経営の事業』や『赤字の小規模事業』です。

『後継者がいない個人経営の事業』については、チャンスです。

何年にも渡って経営している事業は、規模が小さいけどもしっかりと利益を出している事業が多いです。

これまでのやり方を引き継ぐことで、安定的に事業を進めていくことができるでしょう。

一方、『赤字の小規模事業』については、問題点があることが多いので、しっかりとした戦略が必要です。

しかし、問題点さえ解決できるのであれば、ゼロから事業を立ち上げるより効率的に新規事業に進出することが出来ます。

そのため、いかに問題点を解決し、収益を上げていくかという戦略が重要です。

また、戦略も大切ですが、優良な事業を見分けることも重要です。

まずは、マイクロM&Aの買収先を選ぶ上で押さえておくべきポイントを見ていきましょう。

買収先を選ぶ3つのポイント

マイクロM&A

マイクロM&Aは低価格のため、気軽に買収を決めてしまうかもしれません。

しかし、1000万円以下で売られている事業は、問題点があることが多いです。

買収先を見極めないと、最悪の場合「事業を買収したけれど、全くお客さんが集まらず、すぐにやめてしまった。。」というケースも考えられます。

そうならないためにも、買収先をどのように選ぶべきか、確認していきましょう。

ポイント1.信頼できる経営者から買収する

マイクロM&Aにおいて、一番大切なことは信頼できる経営者と取引することです。

M&Aにおいては、重要な問題点に気づかないまま、事業を買収してしまうこともあります。

問題点は、事前の調査で確認することもできますが、マイクロM&Aの場合は、買収金額も少ないため、簡単な調査で購入を決めなくてはなりません

そのため、今の事業の現状をしっかりと伝えてくれる、誠実な経営者から事業を買収するようにしましょう。

ポイント2.買収後の事業発展を思い描ける事業を選ぶ

マイクロM&Aをするときには、必ず買収後どのように事業発展するのかを具体的に思い描ける買収先を選びましょう。

マイクロM&Aは小規模価格で買収できてしまうため、安易に買収してしまいがちです。

しかし、安易に買収してしまうと、せっかく買収した事業や企業を活かせずに、ただ負債を抱えてしまうだけになってしまいます。

どのように経営課題を解決し、買収後に利益をどう拡大していくのか、をはっきり思い描ける買収先を選びましょう。

ポイント3.自社とシナジー効果がある事業を選ぶ

マイクロM&Aをするなら、シナジー効果を最大化できる事業を買収するべきです。

シナジー効果とは、事業を買収することで既存事業にも良い効果が生まれることです。

たとえば、アパレルメーカーがECサイトを買収することで販路拡大をしたり、競合他社を買収することで原材料のコストを抑えることが出来るなどが考えられます。

このように、新しい事業や企業を買収することで、新たな価値を生み出し、既存事業も伸ばしていける買収先を選びましょう。

買収前に確認しておきたい2つの注意点

マイクロM&A 注意点

買収先を見つけたら、交渉に移ります。

マイクロM&Aの交渉は、スピードが大切です。しかし、事前の調査を入念に行わなければ、買収後にトラブルになることもあります。

このような点を踏まえて、マイクロM&Aの買収交渉の注意点を具体的に見ていきましょう。

注意点1.スピーディーに判断しよう

「迷っている間に他社との交渉が進んでいた」なんてことにならないよう、スピーディーな判断を心掛けましょう。

なぜなら、他にも買い手候補がいる可能性があるからです。

良い買収先があれば、できるだけ早くアプローチをしましょう。

最終的な判断を急ぐ必要はありませんが、他社より早く交渉を進めることで独占交渉が出来る可能性もあります。

取引規模が小さいマイクロM&Aでは、スピーディーに決定していくことが必要なのです。

注意点2.必ずデューデリジェンスをしよう

スピーディーな交渉が必要なマイクロM&Aですが、デューデリジェンスはしっかりと行いましょう。

デューデリジェンスとは、売り手に会社資料の提出を求めたり、実際に売り手会社に訪問をすることを言います。

マイクロM&Aは小さい事業の取引だからと言って「デューデリジェンスはいらないだろう」と考えるのは、危険です。

デューデリジェンスをして、事業の問題点をしっかりと把握した上で、買収の交渉を進めていきましょう

詳しくはこちら「デューデリジェンスとはどういう意味?財務・労務・税務から方法を解説」の記事を参考にしてください。

マイクロM&Aの流れ

マイクロM&A 流れ

マイクロM&Aは、小さい規模だからこそ、M&Aアドバイザーが必要になります。

M&Aアドバイザーは、第三者視点からM&Aに関する交渉をまとめてくれるので、トラブルやリスクを防ぐ役割を担ってくれます。

もちろん、これから買収する事業に問題があれば、その部分を指摘してくれるので、頼れるパートナーになってくれるでしょう。

ここからは、M&Aアドバイザーに依頼した場合の、マイクロM&Aの買収までの流れを説明します。

大きく、(1)事前準備(2)企業選び(3)契約(4)統合プロセスの4つの過程に分けてみていきましょう。

(1)マイクロM&Aの事前準備

①本当にマイクロM&Aをするべきか?

買収を決定する前に以下の3つについて明確にしておく必要があります。

・マイクロM&Aの目的と戦略

・適切な買収相手像

・マイクロM&A基本計画の策定(スケジュール)

この3点が定まっていないと、マイクロM&Aの成功は実現しません。

②M&Aアドバイザーの選定・契約

経験と実績が豊富なM&Aアドバイザーをしっかりと選び、機密保持や業務内容・報酬で揉めないように契約を結びます。

M&Aアドバイザーを選ぶときには、以下のポイントは必ずチェックしておきましょう。

・経験や実績が豊富か

・法律/会計/税務/経営/交渉理論の専門知識があるか

また、小規模であるマイクロM&Aは、会計事務所や税理士事務所、経営コンサルティング会社などの独立系M&A業者が取り扱っているケースが多いです。(M&Aアドバイザーの選び方については、後ほど解説します。)

(2)買収先選び

①買収候補先絞込みの評価基準作成。

売上高、地域、商品、ブランドなど詳細に基準を策定していきます。

②売り手への打診

ノンネムシートと呼ばれる匿名の企業概要を使って買い手に打診していきます。

打診する前には必ず重要な資料を渡して良いか(ネームクリア)の確認が行われます。

③秘密保持契約

売り手候補が興味を示し、さらに詳細な情報を求められた場合、秘密保持契約を結びます。

このタイミングで社名や詳細な情報が相手の企業に開示されます。

④トップ面談の実施

双方ともに売却・買収を進めたいということになれば、経営陣同士のトップ面談を行います。

売却・買収に至った経緯を離したり、経営方針など疑問を解消しあう場です。疑問をなくす場としましょう。

(3)マイクロM&Aの契約・クロージング

①意向表明書の提示

トップ面談で納得のいく相手だと判断をした場合、買い手側より意向証明書が提出されます。

意向証明書とは、買収方法や買収価格などの提案がかかれた資料のことです。

また、同時にM&Aアドバイザーが双方の間に立ち、条件面の調整をおこなっていきます。

②基本合意契約書の締結

意向表明書に合意した場合、改めて双方で合意している条件が明記された基本合意契約書を作成して、締結します。

③デューデリジェンス

買い手は売り手企業をより詳細に把握するためにデューデリジェンスを行います。

デューデリジェンスをすることで、出来るだけ企業の実態を知り、リスクを予防・対策することが出来ます。

(デューデリジェンスについては、『デューデリジェンスとはどういう意味?財務・労務・税務から方法を解説』で、詳しく説明しています。)

④条件交渉

デューデリジェンスの結果で問題がなければ、様々な条件を細かく決定していきます。また、最終的な売却価格はこの時点で決定します。

・従業員の処遇

・最終契約までのスケジュール

・買収価格の支払い方法

・株価

なども、この時点で決めるようにしましょう。

⑤最終契約・クロージング

最終譲渡契約書の締結によってマイクロM&Aの契約は完結します。

しかし、実際には細かな手続きが残っている場合が多く、譲渡対価の決済や株券・会社代表印の引渡しなどすべてが完了をもってクロージングとします。

(4)統合プロセス(PMI)

PMIとはPost Merger Integration(ポスト・マージャー・インテグレーション)の略で、M&A成立後の統合プロセスのことです。

組織ごと買収した場合には、マイクロM&Aの効果を早期に得るために必要なプロセスとなります。

マイクロM&A自体が成功してもPMIが上手くいかないと、期待していたシナジーやメリットは得れないため、売り手と綿密に計画を立てておきましょう。

(PMIについては、『PMIの意味とは?PMIのポイントを押さえてM&Aを成功させよう』にて詳しく説明しています。)

M&Aアドバイザーの上手な選び方

相続放棄 専門家 マイクロM&A

ここまではマイクロM&Aの流れを説明してきました。

マイクロM&Aでスムーズに買収するためには、優秀なM&Aアドバイザーが欠かせません。

  1. 通常のM&AとマイクロM&Aでは、M&Aアドバイザーの選ぶポイントが異なるため、この章で確認していきましょう。

5-1.小規模なM&Aを得意としているか

個人経営などの小規模なM&Aの案件の実績や経験をしっかりと確認しましょう。

M&Aと言っても、数億円の大企業規模の取引をメインにしているアドバイザーや、スモールM&Aといわれる小規模事業者の取引をメインにしているアドバイザーもいます。

案件の規模が異なると、M&Aの進め方や成約のためのポイントが大きく異なります。

そのため、これまでに小規模な事業のM&Aを担当した経験や実績があるアドバイザーを選びましょう。

5-2.買収先候補をたくさん教えてくれるか

良いM&Aアドバイザーは、買収先候補をたくさん教えてくれます。

目安として3~5件の買収先候補を教えてくれるかで判断しましょう。

M&Aアドバイザーの提示する1~2件の買収先候補から選ぶのは大変危険です。

なぜなら、M&Aアドバイザーが売りたいと思っている事業や企業を提示されているだけかもしれないからです。

相談者の要望をしっかりヒアリングし、親身なM&Aアドバイザーであれば、複数の買収先候補を提示してくれます。

5-3.スピード感があるか

しっかりと次の段階を見据えた話を進めてくれるようなスピード感のあるM&Aアドバイザーを選びましょう。

問い合わせの返事の速度や打ち合わせの準備が出来ているかで判断することが出来ます。

もちろん、相談者が理解できていないまま、次々に話を進めることをスピード感があるとは言いません。

質問や疑問をすぐに解消してくれて、次のステップを見据えた話をしてくれる人のことをスピード感があると言います。

マイクロM&Aは小規模な取引だからこそ、スピード感を重視しましょう。

マイクロM&Aが注目されているワケ

マイクロM&A 注目

マイクロM&Aは近年とても注目されている市場です。

今までも、知人同士で店舗を譲渡したり、それを転売するといったことはされていました。

あまり公に取引されていなかったのは、M&Aが成立してもリターンが少ないため、M&A業者があまり案件を取り扱わなかったからです。

しかし、今は事業を継いでくれない人がいないという後継者不足の問題も多く、スモールM&AやマイクロM&Aなどの小規模案件が多くなってきました。

WEBサービスの利用も増えてきており、気軽に売買することができるようなったのです。

また、買収型起業もブームとなってきています。

既に事業として成り立っているものを利用して起業するため、個人が買収するケースも増えてきているのです。

このような理由から、近年マイクロM&Aは注目されているのです。

まだまだ通常のM&Aと比べると案件は少ないですが、確実に伸びていく市場とされています。

マイクロM&Aを取り扱うM&A業者も増えてきているので、うまく利用していきましょう。

まとめ

マイクロM&Aとは、1,000万円以下で企業や店舗、事業を売買することを言います。

今回の記事ではマイクロM&Aならではの、買収先の選び方や注意したい点を説明しました。

優秀なM&Aアドバイザーに頼りながら、自社にとって有意義なマイクロM&Aを実現させましょう。