相続の相談ならどこに行くべき?税理士・弁護士・司法書士について詳しく解説

後継者問題 選び方 遺産分割協議書 遺言 若年 相続税 意義

相続については、相続税の計算や申告、不動産の名義変更など考えなければならないことがたくさんあります。

しかし、すべての相続手続きを自分だけで行うのは難しいです。

「相続について誰に相談すれば良いのだろう。。」と悩んでいるのではありませんか?

相談相手を間違えると、相続の悩みを解消できない可能性が高いです。その悩みに応えてくれる専門家を頼りましょう!

今回は、相続についての悩みごとに適切な専門家をご紹介します。

自分の悩んでいる問題を上手く解決してくれる専門家を見つけて、安心して相続手続きを済ませましょう。

1.相続の相談はどこにするべき?

相続 相談

相続の相談ができる専門家としては、税理士・弁護士・司法書士・行政書士がいます。

相続の相談内容に応じて、頼るべき専門家を選びましょう。

また、専門家の中でも相続に強い人を選ばなければ、相続案件の経験がまったくないということもありえます。

例えば、相続税について税理士に相談するときに、相続税に詳しくない税理士に依頼しても相続税の悩みを解決することはできません。

悩みを解決するためには、専門家の種類を間違えないことや、相続に強い専門家を選ぶことが大切なのです。

それでは、悩んでいる内容ごとに、選ぶべき専門家や報酬の相場などをそれぞれ確認していきましょう。

2.相続対策についての相談

みなし相続財産について専門家に相談しよう 相続税 相談

まずは相続が発生する前の段階で、専門家に相談したいときについて見ていきましょう。

相続の発生前に専門家に相談する内容として考えられるのは、以下のようなものです。

  • 遺産の分け方を相談したい
  • 遺言書について相談したい
  • 相続税の節税対策について相談したい

それぞれの場合について、順番に見ていきましょう。

2−1.遺産の分け方を相談したい場合

遺産の分け方について専門家に相談したいのなら、頼るべきなのは税理士です。

相談できる内容

税理士に相談することによって、相続税をできるだけ抑えて遺産を分ける方法を知ることができます。

相続税は、誰がどのくらい相続するのかによって最終的に納める税額が変わってくるのです。

自分で手間や時間をかけて申告するよりも、税理士に頼んだほうが時間や納める税額を抑えられます。

専門家への報酬の相場

税理士に遺産の分け方について相談した場合、報酬の相場は15万円〜20万円程度です。

ただし、遺産の内容や金額によって異なってくるので、依頼を決める前に税理士に確認してください。

多くの税理士は、最初の相談は無料で行っているので、まずは早めに無料相談に行ってみましょう。

相談に行くときの注意点

遺産の分け方を税理士に相談したいというときには、以下の2つのものを準備するべきです。

  • 相続財産のリスト
  • 家族構成を整理したもの

相続財産のリストは、わかる範囲でも良いのでまとめておくと相談しやすくなります。

また、家族構成を伝えることで、使える制度や特例がないか教えてもらうことが可能です。

亡くなった人との関係によって、節税のために利用できる制度や特例は異なります。

遺産の分け方を相談する際には、相続財産と家族構成について整理していきましょう。

2−2.遺言書について相談したい場合

遺産の分け方について専門家に相談したいのなら、頼るべきなのは弁護士や司法書士、行政書士です。

相談できる内容

弁護士に相談することによって、相続が発生したときにも揉めることなく円滑に遺産を分けられる可能性を高めることができます。

相続財産が多かったり、相続人の中で争いが起きそうなときには弁護士に相談するのが良いでしょう。

一方で、遺言書の作成については司法書士や行政書士に相談することもできます。

司法書士や行政書士への報酬は、弁護士への報酬よりは安いことが多く、気軽に相談することが可能です。

専門家への報酬の相場

弁護士に遺言書について相談した場合、報酬の相場は20万円〜30万円程度です。

また、司法書士や行政書士に遺言書について相談した場合、報酬の相場は5万円〜15万円程度です。

いずれの専門家も、最初の相談は無料で行っているという場合が多いので、まずは早めに無料相談に行ってみましょう。

相談に行くときの注意点

遺言書について弁護士や司法書士、行政書士に相談したいというときには、以下の3つのものを準備するべきです。

  • 相続財産のリスト
  • 家族構成を整理したもの
  • 誰にどのくらいの財産を相続させたいか整理したもの

相続財産のリストは、わかる範囲でも良いのでまとめておくと相談しやすくなります。

また、家族構成を伝えれば、相続が発生したあとに揉めにくい遺言書にするためのアドバイスをしてもらいやすいです。

誰にどのくらいの財産を相続させたいかという遺言の内容とあわせて、準備するようにしましょう。

2−3.相続税の節税対策について相談したい場合

相続税の節税対策について専門家に相談したいのなら、頼るべきなのは税理士です。

相談できる内容

税理士に相談することによって、相続税を抑えることができます。

相続税は、税金を抑えるための制度や特例などが多く、詳しい人が申告すれば最低限の税額で財産を引き継ぐことが可能です。

また、自分で申告しても、内容が間違っていたらあとから追加の税金を納めなければならないこともあります。

そのようなことも税理士に依頼すれば避けることができるのです。

専門家への報酬の相場

税理士に相続税の節税対策について相談した場合、報酬の相場は10万円〜30万円程度です。

ただし、相続財産の金額や行う節税対策によって変わってくるので注意しなければなりません。

最初の相談は無料という税理士が多いので、まずは早めに無料相談に行ってみましょう。

相談に行くときの注意点

相続税の節税対策について税理士に相談にいくときは、相続税に強い税理士を選ぶ必要があります。

税理士には法人税や所得税など、相続税以外にも専門分野が多くあるのです。

相続税に強い税理士に相談しなければ、詳しい節税対策について聞くことができない可能性が出てきます。

税理士のホームページを見たり、無料相談で話をしたときに、相続案件の経験を聞いておきましょう。

3.相続が発生した後の相談

事業再生コンサルタント とは・相続×FPの仕事とは? 相続税 相談

相続が発生した後の段階で、専門家に相談したいときについて見ていきましょう。

相続の発生後に専門家に相談する内容として考えられるのは、以下のようなものです。

  • 相続税の申告について相談したい
  • 遺産の分け方について相談したい
  • 不動産の名義変更について相談したい
  • 相続放棄について相談したい
  • 税務調査について相談したい

それぞれの場合について、順番に見ていきましょう。

3−1.相続税の申告について相談したい場合

相続税の申告について専門家に相談したいのなら、頼るべきなのは税理士です。

相談できる内容

税理士に相談することによって、相続税の申告を代わりに行ってもらうことができます。

相続税の申告には時間や手間がかかるので、税理士に依頼してスムーズに正しく申告してもらうのが良いでしょう。

専門家への報酬の相場

税理士に相続税の申告について相談した場合、報酬の相場は相続財産金額の1%〜1.5%程度です。

ただし、相続財産の金額や不動産の数によって変わってくるので注意しなければなりません。

最初の相談は無料という税理士が多いので、まずは早めに無料相談に行ってみましょう。

相談に行くときの注意点

相続税の申告について税理士に相談にいくときは、相続税に強い税理士を選ぶ必要があります。

税理士には法人税や所得税など、相続税以外を専門にする税理士は相続税申告を行ったことがない場合も多いです。

無料相談の際に、相続税の申告経験が豊富なのか確認しておきましょう。

3−2.遺産の分け方について相談したい場合

相続が発生してから遺産の分け方について専門家に相談したいのなら、頼るべきなのは弁護士か税理士です。

相談できる内容

弁護士に相談することによって、相続人の間で遺産分割について揉めている状況を解決しやすくなります。

裁判所で遺産分割の手続きを行うことになったときも、弁護士に相談していれば安心です。

弁護士に相談することで裁判所を通さずに話し合いだけで解決できる可能性も高まります。

一方で、税理士に相談すれば、相続税をできるだけ抑えて遺産を分ける方法を知ることが可能です。

相続税は、誰がどのくらい相続するのかによって最終的に納める税額が変わってきます。

したがって、税理士に相談することで最低限の相続税で財産を引き継ぐことができるのです。

専門家への報酬の相場

弁護士に遺産の分け方について相談した場合、報酬の相場は20万円〜30万円程度です。

ただし、依頼した人がどれだけの遺産を手に入れることになったのかで異なります。

また、税理士に遺産の分け方について相談した場合は、報酬の相場は15万円〜20万円程度です。

弁護士や税理士といった多くの専門家は、最初の相談は無料で行っています。

相続が発生したら、まずは早めに無料相談に行ってみましょう。

相談に行くときの注意点

遺産の分け方を弁護士や税理士に相談したいというときには、以下の2つのものを準備するべきです。

  • 相続財産のリスト
  • 家族構成を整理したもの

相続財産のリストは、わかる範囲でも良いのでまとめておくと相談しやすいです。

また、家族構成を伝えれば、揉めている理由や内容が理解してもらいやすくなったり、相続税を計算しやすくなったりします。

弁護士や税理士に相談に行く際には、それぞれ整理しておくようにしましょう。

3−3.不動産の名義変更について相談したい場合

不動産の名義変更について専門家に相談したいのなら、頼るべきなのは司法書士です。

相談できる内容

司法書士に相談することによって、不動産の名義変更を代わりに行ってもらうことができます。

不動産の名義変更には時間や手間がかかるので、司法書士に依頼して代行してもらうのが良いでしょう。

専門家への報酬の相場

司法書士に不動産の名義変更について相談した場合、報酬の相場は10万円程度です。

ただし、名義変更する不動産の数によって変わってくるので注意しなければなりません。

最初の相談は無料で行っているという司法書士が多いので、まずは早めに無料相談に行ってみましょう。

相談に行くときの注意点

不動産の名義変更について司法書士に相談に行くなら、できるだけ早めに行ったほうが良いです。

名義変更自体に期限はありませんが、そのままにしておくと手続きがどんどん複雑になってしまいます。

相続が発生したら早めに司法書士に相談に行くようにしましょう。

3−4.相続放棄について相談したい場合

相続放棄について専門家に相談したいのなら、頼るべきなのは弁護士や司法書士です。

相談できる内容

弁護士に相談することによって、相続放棄の手続きを代わりに行ってもらうことができます。

相続放棄の手続きを弁護士に代理してもらえば、裁判所とのやり取りなどもすべて代わりにやってもらうことが可能です。

司法書士に相談したなら、相続放棄に必要な書類作成についてのみ行ってもらうことができます。

司法書士に依頼した場合、裁判所とのやり取りは自分自身で行わなければなりません。

専門家への報酬の相場

弁護士に相続放棄について相談した場合、報酬の相場は10万円〜20万円程度です。

司法書士に相続放棄について相談した場合、報酬の相場は5万円程度です。

最初の相談は無料で行っているという税理士が多いので、まずは早めに無料相談に行ってみましょう。

相談に行くときの注意点

相続放棄をしたいなら、相続が起きてから3ヶ月以内に手続きを行わなければなりません。

したがって、少しでも相続放棄を考えているならできるだけ早めに相談に行く必要があります。

3−5.税務調査について相談したい場合

税務調査について専門家に相談したいのなら、頼るべきなのは税理士です。

相談できる内容

税理士に相談することによって、申告した相続税の内容を修正して税務調査の確率を下げたり、税務調査に立ち会ってもらえます。

税務署からの質問にも適切に答えてくれるので、追徴課税のリスクを抑えてもらうことが可能です。

専門家への報酬の相場

税理士に税務調査について相談した場合の報酬は、ケースによって異なります。

相続税の申告も税理士にお願いするなら、税務調査の立会いもしてもらえるか確認するべきです。

最初の相談は無料で行っているという税理士が多いので、税務調査に不安があれば早めに無料相談に行ってみましょう。

相談に行くときの注意点

税務調査について税理士に相談に行くなら、相続税に強い税理士を選ぶようにしましょう。

その中でも、今までに税務調査に立ち会った経験のある税理士を選べば安心できます。

無料相談の際に、税務調査の経験について確認するようにしてください。

4.相談するべき専門家の選び方3ポイントを確認!

M&Aコンサルタント 契約 専門家 選び方

相談するべき専門家を選ぶ際には、以下のようなポイントに注意しておくべきです。

  • ポイント1.相続について経験が豊富かどうか
  • ポイント2.報酬体系が明確かどうか
  • ポイント3.話しやすいかどうか

それぞれのポイントについて、順番に見ていきましょう。

ポイント1.相続について経験が豊富かどうか

専門家を選ぶ際には、相続についての経験が豊富かどうかを確認しましょう。

専門家によって得意分野は異なるので、他の分野では実績があっても相続については経験がないという場合もありえます。

例えば、税理士なら法人税や所得税を専門にしている人は、相続税の申告の経験がないことがほとんどです。

専門家のホームページを見たり、初回の無料相談で聞いたりして、相続案件の経験が多いか確認するべきです。

ポイント2.報酬体系が明確かどうか

専門家に依頼を決める前に、報酬と仕事内容について具体的に聞いておきましょう。

いくら実力のある専門家でも、報酬体系が明確でなければ安心して依頼をすることはできません。

もしも報酬についてごまかすような専門家であれば、報酬以外のことも聞きにくいことが多いです。

報酬のことをはっきり話してくれる専門家を選んでください。

ポイント3.話しやすいかどうか

直接話してみたときに、ささいな悩みもいろいろ話しやすいかどうかについて考えてみてください。

悩みを解消するために専門家に相談に行くのに、話しにくくて悩みが解決しなかったら意味がありません。

特に相続は、財産や家族構成などについて細かいところまで話す必要が出てくることもあります。

「この人になら何でも話せそう」という専門家を選ぶようにしましょう。

5.結局誰に頼めば良いか分からない!そんな時は税理士に相談してみよう

事業承継コンサル 税理士 相談

相続の手続き全般について相談したいというときは、相続に強い税理士に相談するべきです。

税理士に相談すれば、相続税の計算や申告を行ってくれたり、さまざまな節税対策を提案してくれます。

必要に応じて別の専門家を紹介してくれることもあるので安心です。

しかし、税理士なら誰でも良いというわけではありません。

税理士には法人税や所得税など相続税以外にも分野がさまざまあるので、相続税専門の税理士を選ぶことが大切です。

相続税について詳しくない税理士を選ぶと、節税対策などに詳しくないため、相続税が高くなってしまうこともあります。

相続税に強い税理士を選ぶポイントは、相続案件に関わった経験が豊富で幅広い知識がある人を選ぶことです。

また、相談に行ったときに話しやすいと感じる人にした方が、何でも質問できるので安心して任せられます。

多くの税理士は最初の相談は無料なので、まずは無料相談に行ってみましょう。

無料相談に行く際は、相続財産や家族構成、相続が起きた日にちなどの情報をメモ書き程度でも準備していくと良いです。

悩みを解決するために必要な情報については税理士の方からも聞いてくれるので安心してください。

まとめ

相続について相談できる専門家はさまざまです。

相談内容によって頼るべき専門家は変わってくるので、気をつけてください。

自分の悩みに応じた適切な専門家に相談して、安心して財産を引継ぎましょう。

悩みがいろいろあってどの専門家に相談すれば良いときには、まずは税理士のところに行くのが良いです。

また、どの専門家に相談するにしても、専門家を選ぶ際には意識しておく3つのポイントがあるので覚えておいてください。