相続税の相談先はどこにするべき?専門家の探し方を解説!

事業承継コンサルタント 選び方

「相続税について相談したいけれど誰にすれば良いのかわからない。。」なんてお悩みではありませんか?

相続税が期限内に申告できなければ追加の税金が発生してしまいますし、悩みは早めに解決しておきたいですよね。

相続税は相談したい内容によって、頼るべき専門家が変わってきます。

間違った相談先を選んでしまうと、時間や手間がかかるだけで悩みが解決しないので注意してください。

今回は、相続税について相談できる専門家についてご紹介します。

それぞれの専門家に相談できることや費用の目安、相談の流れなどを知って、相続税についての悩みを解決しましょう。

1.相続税の相談先はどこが良い?

後継者不足

相続税の相談先は、解決したい悩みによって異なるので注意が必要です。

例えば、相続税を節税したいのであれば税理士に相談するべきだと言えます。

もしも、相続税の節税方法を税務署に相談に行っても、教えてもらうことは難しいです。

なぜなら、税務署は相続税の申告手続きについての相談を受けている場所だからです。

このように、適切な相談先を選ばなければ相続税についての悩みを解決することはできません。

相談先としては、税理士や司法書士、弁護士、税務署などがあります。

適切な相談相手を見つけるために、それぞれの相談先について順番に確認していきましょう。

2.相続税について税理士に相談するべき人

相続税対策 税理士

相続税全般について幅広く相談したい」「相続税の計算や申告を代わりに行って欲しい」という人は、税理士に相談するべきです。

とくに、相続税を抑えたい人は、相続税のスペシャリストである税理士に相談するべきです。

相談内容や注意点、報酬の目安、相談の流れ、税理士の探し方を順番に確認していきましょう。

税理士に相談できること

税理士に相談できることは、以下のようなものがあります。

  • 相続税の計算
  • 相続税の申告
  • 相続税の節税対策

このように、税理士には相続税について幅広く相談することができます。

自分で相続税を計算したり申告したりすることが難しいときには、相談だけではなく代わりに行ってもらうことも可能です。

相続税の計算や申告は複雑で自分で行うことは大変なので、税理士に依頼するのが良いでしょう。

また、相続税は高額になりやすいので、節税対策を行うべきです。

制度や特例を上手く使えば、数百万円や数千万円のレベルで相続税を節税できるので、税理士に相談してみましょう。

税理士に相談する際の注意点

税理士に相談する際には、相続税に強い人を選ぶようにしましょう。

税理士の中には、法人税や所得税など、相続税以外を専門分野としている人もたくさんいます。

相続税を専門分野としている税理士を選ばなければ、相談しても解決に至らないことが多いです。

税理士のホームページを見たり、無料相談に行ったりしたときには、相続税についての相談をよく受けているのか確認しましょう。

税理士に相談する報酬の目安

税理士に相続税の計算や申告について相談するときの報酬の目安は、20万円程度です。

相続税の節税対策については、どの節税方法を行うかによって報酬が変わってくるので注意しなければなりません。

何を相談するにしても、依頼を決める前に具体的な報酬の見積もりを出してもらうようにしましょう。

税理士に相談するときの流れ

税理士に相談するときの流れとしては、まずは無料相談を受けることとなります。

無料相談は電話やメールで予約が必要なことも多いので、税理士のホームページで確認してください。

無料相談をしてもらう中で、解決したい悩みを税理士に伝え、必要があれば有料の相談も依頼しましょう。

悩みを伝えれば、税理士の方からさまざまな質問や提案をしてもらえます。

「税理士に相談なんてしたことがなくて不安。。」という方も多いと思いますが、安心して無料相談に行ってください。

相続税に強い税理士を探す方法

相続税に強い税理士を探すには、ホームページでの実績を見たり、無料相談で相続案件の経験を聞いたりする方法があります。

目安として、相続税の申告を1年間に30件程度行っていれば相続税に強い税理士だと考えることが可能です。

税理士に依頼する前に、相続税に強いかどうか確認しておきましょう。

3.相続税について司法書士に相談するべき人

相続税対策 生命保険

そんなに相続税は高くないけど、不動産の手続き関係は専門家に相談したい」という人は、司法書士に相談すべきです

相続する財産が多くない場合は、相続税のことはそれほど気にしなくても良いです。

しかし、不動産を相続することになったら、名義変更などの手続きが必要になります。

そのような相続した不動産の手続きを行ってくれるのが司法書士です。

相談内容や注意点、報酬の目安、相談の流れ、司法書士の探し方を順番に確認していきましょう。

司法書士に相談できること

司法書士に相談すれば、スムーズに相続手続きを進めてくれます。

不動産の相続には、名義変更のために相続登記が必要です。相続登記に必要な書類を整理してくれるだけではなく、実際に法務局に行って、登記を完了するところまで行ってくれます。

また、相続手続きを進めていく上で、「相続税の申告が必要になった」という場合でも、司法書士が適切な税理士を紹介してくれることが多いです。

司法書士に相談する際の注意点

司法書士に相談する際の注意点としては、司法書士自身に相続税の計算や申告については依頼できないということです。

相続税の申告が必要な場合には、相続税に強い税理士を紹介してもらうことになります。

したがって、依頼を決める前には、他の専門家とのつながりもあるのかどうかを確認しておきましょう。

司法書士に相談する報酬の目安

司法書士に不動産名義変更について相談するときの報酬の目安は、10万円程度です。

ただし、不動産の数が多ければ司法書士に支払う報酬も高くなることが多いので注意しなければなりません。

依頼を決める前に具体的な報酬の見積もりを出してもらうようにしましょう。

司法書士に相談するときの流れ

司法書士に相談するときの流れとしては、まずは無料相談を受けることとなります。

無料相談は電話やメールで予約が必要なことも多いので、司法書士のホームページなどで確認してください。

無料相談に行った際に、不動産名義変更を行うにあたっての手続きや費用など説明してもらえます。

このときに、税理士など他の専門家を紹介してもらうことが必要かどうかも話してもらえるはずです。

スムーズに相談を進めるために、どのような不動産を持っているのか情報を整理しておくのが良いでしょう。

相続に強い司法書士を探す方法

相続に強い司法書士を探すには、ホームページを見たり無料相談に行った際に、相続案件の経験を質問する方法があります。

司法書士を選ぶ際には、不動産名義変更の手続きだけではなく、相続税についても詳しい人を選ぶべきです。

不動産の名義変更の手続きについては、基本的にどの司法書士に頼んでも問題ありません。

しかし、相続全体に詳しい司法書士なら、不動産名義変更以外にかかる費用や税金についてもアドバイスをくれる可能性が高いです。

4.相続税について弁護士に相談するべき人

事業承継ガイドライン 詳細解説

遺産を分けるときに相続人の間でトラブルになりそう」「相続を放棄したい」という人は、弁護士に相談するべきです。

相続税について弁護士に相談することはできませんが、相続に関する揉め事や法律問題についてを相談することができます。

相談内容や注意点、報酬の目安、相談の流れ、弁護士の探し方を順番に確認していきましょう。

弁護士に相談できること

弁護士に相談すれば、遺産分割のトラブルを解決したり、スムーズに相続放棄の手続きを行うことができます。

遺産分割や相続放棄は、相続税にも関わってくる重要な問題です。

遺産の分け方によって相続税の金額が変わったり、相続放棄が失敗すれば相続税が発生したりします。

弁護士に相談することによって、納得のいく遺産分割ができたり、問題なく相続放棄の手続きを完了させられるのです。

弁護士に相談する際の注意点

弁護士に相談する際の注意点としては、他の専門家への相談に比べると報酬が高額になりやすいということが考えられます。

依頼を決める前に、報酬について具体的な見積もりを出してもらうべきです。

弁護士に相談する際の報酬の目安について確認しておきましょう。

弁護士に相談する報酬の目安

弁護士に遺産分割トラブルについて相談するときの報酬の目安は、20万円〜100万円程度です。

遺産分割をするために法廷で話し合いをすることになった場合には、報酬が高くなりやすいので注意しなければなりません。

また、相続放棄について相談するときの報酬の目安は、10万円〜15万円程度です。

いずれの内容を依頼するにしても、報酬とは別に着手金が発生するかどうか確認しておいてください。

依頼を決める前に、具体的な報酬の見積もりを出してもらうようにしましょう。

弁護士に相談するときの流れ

弁護士に相談するときの流れとしては、まずは無料相談を受けることとなります。

無料相談は電話やメールで予約が必要なことも多いので、弁護士のホームページなどで確認してください。

無料相談に行った際に、どのような悩みを抱えているのかを伝えれば、適切な解決策を提案してもらえます。

その際に、必要となる報酬についても説明してもらえるので、安心してください。

遺産分割について相談するときには、スムーズに相談を進めるために相続財産のリストや家族構成を整理したものを準備しておきましょう。

相続に強い弁護士を探す方法

相続に強い弁護士を探すには、ホームページを見たり無料相談に行った際に、相続案件の経験を質問する方法があります。

このとき、自分と同じようなケースの相談を扱ったことがある弁護士を選びましょう。

また、弁護士の話しやすさも重要なポイントです。

弁護士に相続について相談する際には、法的な手続きについて説明されることも出てきます。

そのようなときに、専門用語ばかりで言っている意味がわからなかったり、気楽に質問しにくかったりしては安心して相談できません。

話しやすく、相続案件の経験もある弁護士を選ぶべきです。

5.相続税の申告については税務署にも相談できる

相続手続き マニュアル

相続税の申告についての手続きでわからないことは、税務署に相談することもできます。

税務署への相談は、電話相談センターを利用したり、管轄の税務署での直接相談によって行うことが可能です。

電話相談センターを利用すれば、直接税務署に行かなくても悩みを解決できる場合があります。

管轄の税務署で相談に乗ってもらいたいというときには、事前に電話予約が必要なので注意しなければなりません。

(参考:国税に関するご相談について|国税庁

ただし、税務署への相続税の相談では節税対策を提案してもらうことは難しいので、あまりおすすめはできません。

「相続税の申告について正しい手続きを知りたい」というときには利用してみましょう。

もしも税務署に相続税について相談しても解決できないようであれば、税理士に相談してみてください。

6.悩んだらまずは税理士に相談しよう

悩みがいろいろあるなど、相続全般について相談したいというときは、税理士に相談するべきです。

税理士に相談すれば、相続税の計算や申告を行ってくれたり、さまざまな節税対策を提案してくれます。

必要に応じて司法書士や弁護士など、別の専門家を紹介してくれることもあるので安心です。

しかし、税理士なら誰でも良いというわけではありません。

税理士には法人税や所得税など相続税以外にも分野がさまざまあるので、相続税に強い税理士を選ぶことが大切です。

相続税について詳しくない税理士を選ぶと、節税対策などに詳しくないため相続税が高くなってしまうこともあります。

相続税に強い税理士を選ぶポイントは、相続案件に関わった経験が豊富で幅広い知識がある人を選ぶことです。

また、相談に行ったときに話しやすいと感じる人にした方が、何でも質問できるので安心して任せられます。

多くの税理士は最初の相談は無料で受け付けているので、まずは無料相談に行ってみましょう。

無料相談に行く際は、相続財産や家族構成、相続が起きた日にちなどの情報をメモ書き程度でも準備していくと良いです。

悩みを解決するために必要な情報については税理士の方からも聞いてくれるので安心してください。

7.良い専門家を選ぶ際に注意しておく2つのポイント

税理士に限らず、どの相談先に行く場合にも注意しておくべき、良い専門家を選ぶためのポイントをご紹介します。

  • ポイント1.相続案件の実績がある
  • ポイント2.相談の報酬が明確である

それぞれのポイントについて、順番に確認しておきましょう。

ポイント1.相続案件の実績がある

専門家を選ぶ際には、相続案件の実績が豊富かどうかを確認しましょう。

専門家によって得意分野は異なるので、他の分野では力があっても相続については経験がないという場合もありえます。

例えば、税理士なら法人税や所得税を専門にしている人は、相続税の申告の経験がないことがほとんどです。

専門家のホームページを見たり、初回の無料相談で聞いたりして、相続案件の実績が多いか確認するべきです。

さらに、自分と同じようなケースの相続案件を担当したことがあるかどうかも聞くことができれば安心できます。

いくら話しやすくても、相続についてまったく経験がないという専門家は避けておきましょう。

ポイント2.相談の報酬が明確である

専門家に依頼を決める前に、支払わなければならない報酬と相談できる内容について具体的に聞いておきましょう。

いくら実力のある専門家でも、報酬が明確でなければ安心して相談することはできません。

もしも報酬についてごまかすような専門家であれば、報酬以外のことも聞きにくいことが多いです。

例えば、弁護士であれば報酬の他に、着手金が必要となることがほとんどとなっています。

着手金についてだけ説明して報酬については話さない弁護士に依頼してしまうと、支払う報酬は予想を大きく超えてしまいます。

報酬体系について、金額と内訳をはっきり話してくれる専門家を選んでください。

まとめ

相続税の申告や節税について少しでも不安があるなら、できるだけ早く専門家に相談するべきです。

相続税は申告や納付に期限があり、相続が起こってから10ヶ月以内というように短い時間しかありません。

期限に間に合わなければ、追加の税金を納めなければならないこともあるのです。

どの専門家に相談すれば良いのかわからなければ、まずは税理士の無料相談に行ってみましょう。

良い相談相手を見つけることができれば、安心して相続税を申告することができます。