借金と相続税の関係の真実!節税対策で税金が安くなるのは本当?

相続税 借金

相続税を少しでも減らそうと工夫をされる方が多いと思います。
いろんな節税対策がありますが、生前に借金をしておけば相続税の節税になるということを聞いたことがあるかもしれません。

ですが、実際に借金をするだけで節税になることはありません。

借金をするだけで相続税がマイナスになることはありませんが、うまく借金を活用することによって、相続税が高額になるのを防ぐ方法はあります。
今回の記事では、借金がなぜ相続税対策とならないのかという点と、相続税の対策としての正しい借金の使い途を解説してみたいと思います。

借金するだけでは無意味

まず、借金をした場合は「相続される遺産の合計がマイナスになるので節税になる」と考える方もいるかもしれません。

しかし、それはあまりにも安易ですよね。
借金をした分は現金が増えますので、資産総額は変わりません。
つまり、相続税として計算される遺産総額も同じですから、一切相続税の節税にはつながらないことはおわかりかと思います。

無意味に借り入れをしても、ただただ利息分損をするだけです。

重要なのは、どのような目的で借金をするのか、ということです。
ただし、これは「借金をする」事が節税になるのではなくて「現金をどのように活用するのか」が節税に繋がる可能性があるという話です。

次に、詳しく借金を有効に使えるケースを解説してみましょう。

相続税の対策として借金を有効に使う方法

相続税 借金 対策

生命保険

被相続人(遺産を遺す側)の死亡保険に関わる相続税は、相続人の数に応じて非課税になります。
国税庁のHPに記載されているのは以下のとおりです。

生命保険(死亡保険)の相続税

500万円 × 法定相続人の数 = 非課税限度額

この非課税限度額以内の保険金であれば、相続税がかかることはありません。
相続人が例えば4人いれば、2,000万円までの受け取りは非課税ということですね。

生命保険に新たに加入することによって、現金でも借金をして作ったお金でも、一定の節税対策になります。
具体的には、受け取った保険金を相続税の支払いに割当すれば良いということですね。

もちろん、保険契約をするのに十分な現金の資産がある方は、無理に借金をする必要性はありません。

不動産

次に、不動産の評価額を活用した相続税の節税対策を説明します。

相続税の評価をする際、建物は固定資産税評価額、土地は路線価を基準に評価します。
ただし、この2つは実際に購入する際の時価よりも安く算定されるとされています。

路線価は時価の80%、固定資産税評価額は70%ほどと言われているため、実際には手持ちで現金を持っているよりも、マンションなどの建物に変えておくことで、節税対策になるのです。

また、タワーマンションなど高層階のマンションは、価格が非常に高額になるにもかかわらず、これまでは「相続税評価額に階数は関係ない」とされてきました。
しかし、実際には高層マンションは高額で売却されるため、これもかなりの節税対策となっていました。

ただ、2017年の税制改正により20階以上のマンションの新築物件に関しては階層に応じて増税されるということになりました。
1階上がるごとに0.26%高くなりますので、一概に高層階のマンションが節税対策になるということではなくなりそうですね。

マンションなど、不動産を相続税対策として考える場合は十分注意しましょう。

こちらも節税になるようであれば借金をして購入しても、手持ちの現金を使っても節税できる金額は違いはありません。

相続税対策に借金をして、失敗した!

相続税 借金 失敗
解説をしてきたように、相続税対策として不動産や生命保険を活用するのはある程度有効であることがおわかりいただけたかと思います。

しかし、一方で借金までして相続税対策をしたつもりが、実際にはうまくいかず単に負債を抱える結果となってしまう事例もあります。
例えばマンション経営に乗り出した場合などがこれにあたります。

マンション経営はリスクも大きい

資産として大きな土地を持っている場合、賃貸マンションを建築すれば相続税対策になる場合もあるでしょう。

しかし、建築業者のオススメのままに需要のないマンションを作ってしまうことにより、結果的に現金を減らしてしまうだけであったり、大きな借金を抱えるだけになることもあるようです。

まして、賃貸マンションとなると、修繕費用など管理のお金もかかり、手間も大変なものです。
もちろん、同じ土地として相続する場合は遺産総額として低くなったり、相続税を免除されるかもしれませんが、トータルとしてプラスになるかどうかは慎重に決めた方が良さそうですね。

さいごに

相続税対策として借金が有効!というのは全くのデタラメな話だということがおわかりいただけたかと思います。
重要なのは、現金であっても借金であっても、使い途です。
相続税の節税のために借金をする場合はくれぐれも慎重に判断しましょう。
うまく資金を活用すれば、相続税の節税につなげることができるかもしれませんね。