相続税はクレジットカードでの支払い・納税できるってホント?ポイント・マイルなどと手数料を比べて有利不利の判断が必要

会社売却 相場 相続税

2017年の1月から、国税がクレジットカードで納付できるようになったことは知っていましたか?
これにより、相続税も専用のWEBサイトからクレジットカード支払いができるようになりました。

今回の記事では、相続税のクレジットカード支払いに関してのメリットやデメリット、注意点などを解説したいと思います。

相続税もクレジットカードで納付が可能!

相続税 クレジットカード
国税の一つである相続税もクレジットカード納付に対応するようになりました。
以前は一部の地方税を除いてクレジットカードで支払いすることはできなかったのですが、現在では国税もカード払いができるようになっています。

相続税のクレジットカード払いはポイントやマイルを貯めたり、分割払い、リボ払いなどを使って一括支払いしなくて済むようにできることもメリットです。

一方で、決済手数料も発生してしまうので、一概にメリットばかりではないこともご注意ください。

クレジットで納付できる税金の種類

クレジットカード納付は、相続税だけではありません。
ほぼ全ての国税に対応しています。

加算税、延滞税といった附帯税の支払いもできるようになっています。

ただし、印紙を貼り付けて納付するタイプの税金など例外もありますので、ご注意ください。

支払い専用サイトで24時間対応

クレジットカード支払い用のサイト「国税クレジットカードお支払いサイト」を通じて、24時間納付が可能です。
e-TAXを利用する場合においては、e-TAXの利用可能時間内(年末年始を除く平日8:30~24:00)となります。

利用できるクレジットカードの種類

日本国内で発行されているクレジットカードの大半が利用可能なのもありがたいですね。
対応するクレジットカード一覧は以下の通りです。

  • Visa(ビザ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • JCB(ジェイシービー)
  • American Express(アメリカンエキスプレス/アメックス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)
  • TS CUBIC CARD(ティーエスキュービックカード)

納付できる税額の上限

相続税を含む国税のクレジットカード納付は、一度の納付手続きにつき1000万円未満と定められています。
もちろん、クレジットカードの利用可能枠の範囲となります。

領収証書は発行されない

領収証書は発行されません。
クレジットカード納付の納付手続内容を支払いサイト上から後日確認することもできませんので、納付手続完了時の詳細ページを印刷するなどの方法が推奨されています。

また、納税したことを証明する必要がある場合は三週間ほどで納税証明書が発行できます。

クレジットカードで相続税を納付する仕組み

便利なクレジットカードでの相続税の支払いですが、具体的にはどのような仕組みなのか見てみましょう。

(1)納税者が専用サイトで必要事項を入力
(2)納付受託者に納付の立て替え払いを委託する
(3)納付受託者が税務署に納付する
(4)クレジットカード会社から納税者に立替払い額と手数料の請求をする
(5)納税者がカード利用代金として支払いをする

※納付受託者はトヨタファイナンス株式会社

このような流れになります。
つまり、納税者はネットで手続きをして、あとはカード会社に支払いをするだけ!という非常にシンプルな仕組みですね。

クレジットカード納付の場合の決済手数料とポイントを比較!

基本的には相続税の支払いでもクレジットカードポイントは貯まります。
(カードの規約によりますので、個別に確認をしてみてください)
めちゃくちゃお得な感じがしますよね!

しかし、実際には納付金額に応じて決済手数料が定められており、一概にお得に納付できるとは限りませんので、十分注意してください。

クレジットカード会社などにかかわらず、納付金額によって決済手数料が定められていますので、付与されるポイントの割合がお得になるのか損になってしまうのかの分かれ目ということになります。

決裁手数料は支払い金額が多いほどかかる

クレジットカードで国税を納付する場合、その金額に応じて決済手数料が加算される仕組みとなっています。

最初の1万円までは税別76円(税込82円)
以降1万円ごとに税別76円が加算される

という決済手数料がかかります。

国税クレジットカードお支払いサイト上でも、納付金額に応じた決済手数料がシミュレーションできるようになっています。

以下に納付金額と決済手数料の例を記載しています。
参考にしてみてください。

納税額 決済手数料
1万円 82円
10万円  820円
50万円 4,104円
100万円  8,208円
200万円 16,416
500万円  41,040円

 

参考 クレジットカード納付に決済手数料が必要な理由

国税庁のサイトではクレジットカード納付のQ&Aが記載されています。

Q1-5 なぜ利用者が決済手数料を支払わなければならないのですか。

(答)
クレジットカード納付は、国税庁長官が指定した民間の納付受託者が、利用者から納付の委託を受けて、立替払いにより国に納付する仕組みとなっています。
このため、納付受託者が国へ納付した後、利用者から代金が支払われるまでの間、一定のタイムラグが生じることとなり、納付受託者は貸倒リスクを負う一方、利用者は納付繰り延べなどの利益を得ることとなります。
決済手数料は、このような納付受託者のリスクや利用者自身が享受する利益に対して納付受託者が決定しているものであることから、利用者自身がご負担していただく必要があります。
なお、決済手数料は、国の収入になるものではありません。

国へ手数料を払うものではなく、あくまでも納付受託者への支払いということになります。

検証!クレカのポイント付与が何%以上ならお得なのか?

相続税 クレジットカード ポイント
相続税やその他の国税のクレジットカード決済手数料の金額から、ズバリ0.82%以上のポイント還元率なら有利ということになります。
利用しているクレジットカードのポイント還元率が1%あるかどうかで判断ができそうですね。

しかし、クレジットカードのポイント還元率は0.5%のものが多いかと思いますので、その場合は金額として不利になってしまいます。気をつけましょう。

大きなメリットは分割払いやリボ払いが可能なこと

クレジットカードで相続税やその他の国税を納付する場合は、納付手続きをした日に現金が必要ということではありません。

通常の納付の場合であれば現金での一括払いが原則となってしまうのですが、クレジットカード会社を通しての納付なので、カード引き落とし日までに現金が用意できていれば良いということになります。

カードの支払い期日まで余裕ができるというのは有利な点ですよね。

また、クレジットカードで相続税やその他の国税を納付する場合、分割払いやリボ払いなどを選ぶこともできます。
もちろん分割払いやリボ払いは手数料がかかりますが、納税期限までにお金が全額用意できない場合などにはメリットになりますね。

まとめ

平成29年から可能になった相続税のクレジットカードでの納付について説明しました。

有利なのか不利なのかというポイントは大きく2つあることはおわかりいただけたかと思います。

まずはポイントやマイルの還元。
これは前述のように決済手数料との比較から「0.82%以上の還元率であればお得」と言えると思います。

次に支払い期日を後ろ倒しすることができるという点。
手数料はかかりますが分割やリボ払いができるというのは、相続税としてすぐにまとまったお金を用意することができない方にはかなりメリットがあるのではないでしょうか。