遺産分割の換価分割(かんかぶんかつ)とは?メリット・メデリットまとめ

デューデリジェンス とは

遺産分割の方法の1つ、換価分割(かんかぶんかつ)について解説します。難しい名前が付いていますが、内容を知れば単純です。

 

今回は、換価分割の具体的な意味や、メリット・デメリット、他の分割方法との比較をします。

この記事を最後まで読んでもらえたら、あなた自身の遺産分割でも活用できますので参考にしてくださいね。

1.換価分割(かんかぶんかつ)とは?遺産を売ったお金で相続すること

換価分割とは

換価分割とは、遺産を売却してお金に変えてから、各相続人が相続する方法です。

遺産は自宅の土地建物などの不動産から、預金や株式、貴金属類や時計、自動車など本当に様々ありますよね。これらを相続にするにあたり売却して換金します。

そのうえで換金したキャッシュを相続人がそれぞれ相続します。

 

換価分割とは、財産を売って手に入った現金を相続すると理解すれば単純な話しですよね。

 

2.換価分割のメリットは公平な相続ができること

換価分割をする最大のメリットは、それぞれの相続人にとって公平な相続ができることです。というのも相続では遺産とそれぞれの相続人の希望が合わないことがよくあるのです。

 

具体例で説明しましょう。

夫がなくなり、妻と子供2人が相続するケースで考えます。

この場合、法定相続分(※)の通りに相続するならすべての遺産のうち1/2は妻が、1/4ずつ子供2人が分け合うことになります。

※法定相続分(ほうていそうぞくぶん)とは、民法で示されている各相続人ごとにこのように財産を分けると良い、という目安のことです。今回のケースでは妻が1/2、子供全員で1/2が法定相続分です。

 

遺産は下記だとします。()は評価額

  • 自宅マンション(5000万円)
  • A銀行の預金(200万円)
  • 自動車(200万円)

 

相続分に従うと、各人の相続額は次の通りです。

  • 妻  : 2700万円
  • 子供1: 1350万円
  • 子供2: 1350万円

仮に、遺産をそのまま相続する(現物分割といいます)とした場合を考えてみます。

 

このケースでは自宅マンションの評価額が圧倒的に大きな遺産です。だから法定相続分通りに遺産分割をするなら自宅を分割しなければいけません。

しかし自宅マンションを物理的に分割するわけにはいきませんよね。

 

また評価額として自動車と現金は同じ額ですが、子供がどちらも自動車を持っているから自動車は相続したくない。どちらも現金がほしい場合にはどうしたらいいでしょう?

 

このままでは、どうやっても法定相続分に合わせた公平な遺産分割ができなそうなことが分かると思います。

 

そんなときに使うのが換価分割なのです。

自宅と自動車を売却して換金すると遺産は現金5400万円に変わります。

※売却にかかった費用などは無視

 

これなら法定相続分に分割しやすいですよね。

これが換価分割の最大のメリットである各相続人にとって公平な遺産分割ができる、という意味です。

 

説明が長くなりましたが理解できたでしょうか?

3.換価分割のデメリット

後継者育成 事例

換価分割にはもちろんデメリットがあります。主に次のような事です。

 

  • 財産の売却に手間がかかる
  • 財産の売却に費用がかかる
  • 売却した利益に所得税・住民税がかかる
  • 売却ができない場合もある

 

デメリット1. 売却のための手間

まずは財産を売却するための手間がかかります。例えば、自動車を売却するなら自動車の下取りの会社から見積もりをとったり、あるいは今なやヤフオクなどで直接売却するような方法もあるでしょう。どういった売却方法であれ、相続人の誰かが負担しなければいけない手間です。

また売却にあたって仲介業社をどこにするか、売却価格はこれでよりか、などのあらゆることで相続人全員の合意を取る手間もあります。

 

デメリット2. 売却のための費用

さらに売却にあたっては当然ですが、手数料が引かれたり、買取業者に安く買い叩かれることで費用がかかります。相続財産の価値が、売却することで減ってしまうのです。

 

デメリット3. 利益にかかる所得税と住民税

売却により利益がでるなら、相続税とは別に所得税と住民税がかかります。

例えば賃貸用のマンションを下記のように売却する場合にを例にすると・・・

  • 売却した価格は5000万円
  • 購入時点でのマンションの価格は3000万円
  • 売却するためにかかった費用500万円
  • 売却した利益は1500万円

 

換価分 税金

この1500万円は利益になるので、課税されます。

具体的な課税は2パターンあります。

  • 長期譲渡所得:譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年を超えるもの。
  • 短期譲渡所得:譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年以下のもの。

 

それぞれ

  • 長期譲渡所得の課税額:譲渡所得×税率20%(所得税15%、住民税5%)
  • 短期譲渡所得の課税額:譲渡所得×税率39%(所得税30%、住民税9%)

※平成49年までは、所得税額に対してさらに復興特別所得税2.1%が課税されます。

 

これが相続税とは別に課税をさます。

不動産などは大きな金額が課税されますよね。これは換価分割の大きなデメリットになると思います。

 

※取得した価格よりも売却した価格が低ければ課税されません。

※仮にこれが自宅を売却する場合なら、3000万円までの特別控除があるため課税はされません。

 

デメリット4. 売却ができるとは限らない

もし、自営業だったり経営者が亡くなった場合にはその事業に関係する財産がありますよね。例えばお店の建物だったり、自社の株式だったり。

これらを売却してしまっては、そこで働いている人などが困っていまいますよね。しかも上場している会社でないかぎり株式はそう簡単に売ることはできません。ということで、必ずしも換金できるとは限らないのです。

 

4.換価分割はこんな場合に向いている

不動産を売却して納税する場合のメリット・デメリット

換価分割をするのはこんな場合が向いています。

  • 現物分割の補填として使う

 

現物分割の補填として使う

換価分割は、それだけでやるというよりも、基本的に現物分割ででた不公平を埋めるための方法として利用すると良いと思います。

前述のこちらのケースに照らすと

  • 自宅マンション(5000万円)
  • A銀行の預金(200万円)
  • 自動車(200万円)

自宅マンションは、妻が住み続けるために売却せずそのまま相続するとして

 

子供の間の相続としてはまず自動車を売却します。売却にあたり費用が10万円かかるとすると190万円を取得します。預金と合わせた390万円を2人の子供が分割すると195万円ずつです。

 

このようにそのまま残すのを基本として、不公平を埋めるための方法として換価分割をするのが良いでしょう。

 

5.換価分割を他の分割と比較する

現物分割をよく理解するために、また損をしない相続方法を検討できるように現物分割以外も概要だけ説明しておきます。

現物分割の他にはこの3つの分割方法があります。

  • 現物分割(げんぶつぶんかつ)
  • 換価分割(かんかぶんかつ)
  • 共有分割

 

現物分割(げんぶつぶんかつ)

遺産を売却せずにそのまま相続人が相続する方法です。相続としてはもっともオーソドックスな方法ですし、換価分割と比べて売却の手間などがありません。

 

代償分割(だいしょうぶんかつ)

現物分割で起きやすい不公平を、現金で調整する分割方法です。

相続人の1人が全て、または評価額が大きい遺産を相続します。そこで発生する不公平な相続分の差額を、その多くを相続した相続人が現金で支払うことで不公平を無くします。

現金がない場合には不動産などの別資産での支払いも可能です。

 

共有分割

各相続人の持ち分を定めて、その比率で共有する方法です。。例えば、1つの自宅の戸建を持ち分比率で複数人で共有します。

 

遺産分割を比較

現物分割とのメリット・デメリットを他の方法と比較してみました。

現物分割 代償分割 換価分割 共有分割
メリット 手間が少ない  事業資産・土地建物などの売却や分割できない遺産でも公平な分割ができる  公平な分割ができる  公平な分割ができる
デメリット 相続人ごとに不公平が出やすい 全てを相続する相続人に各相続人に支払うキャッシュまたは現物で渡す不動産などの資産が必要  売却に手間や費用がかかる  あとで遺産を売却する場合などに
相続税以外
の課税
なし  なし
※現物で支払う場合には所得税と住民税
利益に対して所得税、住民税が課税  なし

 

6.まとめ

換価分割について理解できましたか?

途中で複雑な説明も混ざりましたが、遺産を売ったお金を相続する、と思えば簡単なことを思い出してください。

 

デメリットとして手間や費用はかかりますが、不公平をなくす遺産分割としてのメリットがありますのでぜひ検討してみてください。