遺産分割の現物分割とはどんな方法?やり方とメリット・メデリットまとめ

遺産分割

遺産分割の方法の1つ、現物分割について解説します。

遺産を各相続人に振り分ける遺産相続において、現物分割はもっとも代表的な分割方法です。

 

そのメリット・デメリットなどを分かりやすく説明して、他の分割方法とも比較します。

 

この記事を最後まで読んでもらえたら、あなた自身の遺産分割でも活用できますので参考にしてくださいね。また内容を把握することで相続にあたって余計な税金を払うことなく相続ができます。

 

1.現物分割とは

遺産分割 現物分割

現物分割とは、遺産をそのまま相続人で分ける遺産分割の方法です。例えば相続人が3人いるなら3人で現物分割をするのです。

被相続人(亡くなった故人)には現金、預金、土地や貴金属など様々な遺産がありますよね。

それを、売って現金に変えたりせずに、そのまま相続する方法です。

 

例えば被相続人(亡くなった人)が夫ならこのように、遺産をその種類ごとに単純にそれぞれの相続人に振り分けます。

  • マンションは、妻が相続
  • A銀行の預金は、長男が相続
  • B銀行の預金は、長女が相続
  • C証券にあるD社の株式は、夫の兄弟が相続

とてもシンプルで分かりやすいしやすい分割方法ですね。

ではもう少し具体的にみていきましょう。

 

1-1.相続分に合わせて現物分割で遺産を相続する

実際の相続では誰が何を相続するかだけでなく、どれくらい相続するかも重要なポイントです。

具体的な事例で説明したいと思います。

 

相続にあたっての条件は下記のようだとします。

  • 被相続人(亡くなった人)は夫、相続人は妻、長男、長女。
  • 遺産は、自宅マンション2000万、現金300万、A銀行預金1000万、B銀行預金500万、自動車200万

 

この場合には法律で定められている相続分は妻1/2長男と長女はそれぞれ1/4ずつです。

つまり遺産の半分は妻で、残りの半分を子供達で分けるということです。

 

この場合に以下のように遺産分割をするとキレイに相続ができます。

 妻: 自宅マンション2000万

長男: 現金300万、B銀行預金500万、自動車200万(合計1000万)

長女: A銀行預金1000万

相続する遺産の数ではなく、評価額が相続分とマッチするように分けるのです。

 

※もちろん必ずしも相続分どおりに相続しなければいけない訳ではありません。相続人の全員が合意する遺産分割ができれば問題はないのです。実際には生前の被相続人の世話を誰が多くしていたか、なども比率に影響するかと思います。

 

2.現物分割のメリット

次に現物分割のメリットを把握しておきましょう。分割協議をするうえで、メリットを把握しておかないと他の方法と比較して検討することができませんので。

現物分割の最大のメリットは、分割方法が簡単で相続人の誰にとっても分かりやすい点です。また遺産をそのまま相続するだけなので相続するための手間がありません。

現物分割以外の方法では遺産を売却したりと手間がかかるうえに、所得税や住民税が課税されてしまいます。せっかく遺産を相続するなら余計な税金を取られたくないのは、相続人みなさんの本音のはず。

そういった点で現物分割は大きなメリットがあります。

 

3.現物分割のデメリット

逆に現物分割にはデメリットもあります。それは各相続人の相続分の通りに遺産分割するのが難しいことです。

相続分は相続人ごとに1/2、1/4とはっきり分かれていますよね。遺産がもし現金や預金だけなら、その比率に合わせて分割するだけですから、遺産分割は難しいことではありません。

でも遺産がもし実際に形があるモノの場合はそうはいきません。

 

例えば、遺産が自宅しかない場合です。

自宅を持ち分に合わせて物理的に家を半分に分けたりはできませんよね。だから不動産などの形がある遺産は分割が難しいのです。

 

例えば、相続人が長男、長女の2名の場合だと相続分はそれぞれ1/2ですが下記の遺産の場合にはどうやっても自宅マンションのほうが得をしています。

  • 自宅マンション2000万
  • 預金300万

 

このように相続分よりも実際に相続できる遺産が少ない人、多い人が出てきます。だから現物分割は不平、不満を産みやすいのですね。

不平を感じて相続協議に合意しないケースがあり得るのです。

 

4.現物分割はこんな場合に向いている

みなし相続財産についての注意点・高く売れる会社の条件

あなたが直面している相続遺産が、以下のような条件なら現物分割が向いているでしょう。

 

  • 遺産が預貯金や現金などの分割しやすい資産が多い
  • 遺産の種類が多い

 

分割の比率を調整しやすい遺産が多いなら、現物分割がもっとも適した分割方法でしょう。資産の売却などがないため、相続税以外に余計な税金を支払う必要がありません。

 

逆に現金・預金が少なく、遺産の多くが不動産などの分割できないモノの場合には現物分割は適していません。

 

5.分割方法を、他の分割方法と比較する

現物分割をよく理解するために、また損をしない相続方法を検討できるように現物分割以外も概要だけ説明しておきます。

現物分割の他にはこの3つの分割方法があります。

  • 代償分割(だいしょうぶんかつ)
  • 換価分割(かんかぶんかつ)
  • 共有分割

 

代償分割(だいしょうぶんかつ)

現物分割で起きやすい不公平を、現金で調整する分割方法です。

相続人の1人が全て、または多くの財産を相続します。不公平になった分の相続の差額を、その多くを相続した人が現金で支払うことで不公平を無くします。

現金がない場合には不動産などの別資産での支払いも可能です。

 

換価分割(かんかぶんかつ)

相続する遺産を売って換金したうえで、各人が相続する方法です。

換金してしまえば分割は簡単なので、それを相続分にあわせて分割します。

 

共有分割

各相続人の持ち分を定めて、その比率で共有する方法です。。例えば、1つの自宅の戸建を持ち分比率で複数人で共有します。

 

遺産分割を比較

現物分割とのメリット・デメリットを他の方法と比較してみました。

現物分割 代償分割 換価分割 共有分割
メリット 手間が少ない  事業資産・土地建物などの売却や分割できない遺産でも公平な分割ができる  公平な分割ができる  公平な分割ができる
デメリット 相続人ごとに不公平が出やすい 全てを相続する相続人に各相続人に支払うキャッシュまたは現物で渡す不動産などの資産が必要  売却に手間や費用がかかる  あとで遺産を売却する場合などに
相続税以外
の課税
なし  なし
※現物で支払う場合には所得税と住民税
売却した利益に対して所得税、住民税  なし

 

6.現物分割はまず一番始めに検討

あなたはいま遺産分割の方法を検討しているのでしょう。これから相続人で集まって遺産の分割協議をするのだと思いますが、それなら遺産の分割で検討するのは下記の順にすると良いでしょう。

現物分割 → 代償分割 → 換価分割 → 共有分割

 

また相続人の資産状況や、相続財産によっては、一部の資産だけを換価分割するなど現物分割を補填するように組み合わせると良いでしょう。

 

まとめ

現物分割の内容とメリット・デメリットを理解してもらえたでしょうか?相続は手続きや相続人どうしでの話し合いなどで手間も精神的な負担も大きいものです。

そこで現物分割には手間が少ないだけでも、大きな価値がある分割方法ではないでしょうか。あなた自身の相続のケースと照らし合わせて、適していると思えば積極手に検討してみてください。