アントレプレナーシップとは?今求められる起業家精神について解説

Entrepreneurship アントレプレナーシップ

「アントレプレナーシップ」という言葉を聞いたことはありますか?近年日本国内においても、若者が求める雇用体系の変化などから、改めて注目されつつあるものです。

この記事では、「アントレプレナーシップ」について、そもそも起業家に求められるものやアントレプレナーシップの定義、さらに最近推し進められているアントレプレナーシップ教育について解説していきます。

アントレプレナーシップの概要

アントレプレナーシップ 起業家

近年になり、「アントレプレナーシップ」という言葉が注目されるようになってきました。雇用体系などが変化し始めたことや、大企業においてこの精神を持った人の需要が高まりつつあることが要因と言われています。

ここからは、アントレプレナーシップについて解説を行っていきます。

アントレプレナーとは

アントレプレナーシップを解説する前に、アントレプレナーについての解説を行います。

アントレプレナーとは、起業家や事業家を指す言葉で、事業を始める人に対して使われる言葉になります。特に起業家については、近年ではベンチャー企業の開業者に用いる傾向があります。

起業家として生きていくために必要になってくる精神が、アントレプレナーシップなのです。

アントレプレナーシップとは

アントレプレナーシップとは、事業創造や新商品を作ることを目指すなど高い創造意欲を持っていて、何事も恐れず挑戦していく意識のことを指します。日本語に訳すと起業家精神になります。アントレプレナーシップは、独立心や達成動機、独創的な発想力を複合的に有した精神のことを指します。

しかし、一概にアントレプレナーシップといっても様々な定義や解釈があります。時に、アントレプレナーシップとはベンチャー企業やスタートアップ企業の創始者に求められる精神、起業家精神であると定義されます。この起業家精神という解釈は、欧米諸国で深く根付いており、起業家の精神を育むためのプログラムに特化したビジネススクールもあるくらいです。

その他にも、アントレプレナーシップについては様々な定義がなされています。

アントレプレナーシップの様々な定義

アントレプレナーシップ 定義

アントレプレナーシップについては、様々な定義や研究がなされています。ここでは、その中でも主要な定義について述べていきます。

企業家(起業家ではない)

企業家としてのアントレプレナーシップについては、個人や組織が今ある資産や経営資源に縛られず、様々なことを追求していくスキルであると言えます。経営において、カネやモノ、ヒトだけでなく、あらゆる事に対する創意工夫を行い、取り組んでいく姿勢が企業家としてのアントレプレナーであると言えます。

イノベーション

ピータードラッガーは、アントレプレナーシップに対して「イノベーションを生み、それを企業活動へと落とし込んでいく力である」と定義しています。企業に限らず様々な事柄に対して、いかに新しいことに取り組めるのかが大切なマインドなのです。

なぜ、今アントレプレナーシップが求められるのか?

アントレプレナーシップ 精神

では、なぜ昨今になり、アントレプレナーシップを求める声が大きくなってきたのでしょうか。

ビジネス創出需要の増加

インターネットが現れたことにより、技術革新やグローバル化が世界中で進展していき、よりビジネスの課題は多様化、高度化、複雑化していきました。加えて製品ライフサイクルも短期化し、流行り廃りの流れも以前よりも早くなりました。

そのため、持続性のある事業を選択しがちであった大企業や優良企業においても、新しいビジネスについて考える必要性が高まりました。

そこで、新規事業を立ち上げるための高い想像力を持ち、リスクを負うことをいとわないアントレプレナーシップを持った人の需要が高まってきたのです。アントレプレナーシップを持った人は、ベンチャー企業の立ち上げに限らず、既存事業を適切に運営管理していくことができる人材としても認知されています。

雇用制度の崩壊

国内の経済はますます不透明さが増してきていて、明日の雇用も保障されない人も少なくありません。それと同時に、年功序列制度などの既存の評価基準が崩壊しつつあることから、企業は従業員全員の生活を生涯保障することが困難になりつつあります。そこで企業が評価するようになったのが、いわゆる「指示待ち人間」ではなく、自分から率先して動ける人材です。

また、大企業についても成果主義が掲げられるようになり、リスクを恐れないで創造意欲をどんどん発揮していく人材が評価されるようになりました。

これらを持ち合わせている精神こそが、アントレプレナーシップなのです。「アントレプレナーシップ=独立している人」というイメージがあるかもしれませんが、企業で働く人にも当てはまります。

グローバル化

生活に革命を与えるようなイノベーションは世界中で起こっていて、より豊かな生活を私たちに提供してくれています。一方で、既存企業にとっては、これまでと評価軸が大きく変わる可能性があることから、競争力の低下に繋がる可能性があります。

そのため、多種多様な価値観を理解し、新たな社会的ニーズを読み取ることに積極的な精神であるアントレプレナーシップは、高く評価されるようになりました。

アントレプレナーシップに求められるもの

アントレプレナーシップ 要素

アントレプレナーシップを実際に発揮していくにあたって、重要なスキルがいくつかあります。

経営力

まず一つ目に経営力があげられます。様々な諸問題を解決していくためには、仲間(社員、部下など)が常に活動を維持できるような環境開発などが必須になってきます。

ビジネススキル

次にビジネススキルです。アントレプレナーシップを持った人材は、常に事業などで中心となるべき人間です。製品がマーケットニーズ当てはまっている(PMF)かどうかのの判断ができないと、優れた技術であっても意味がありません。どのような価値が求められているのかを敏感に捉えるビジネススキルも、アントレプレナーシップには必要です。

人脈

人脈も重要になってきます。アントレプレナーシップは、組織でこそ真価を発揮します。しかし、組織では、様々な利害関係などにおけるしがらみが発生しがちです。それらを突破するための支援をしてくれる支援者との繋がりを持つことで、よりアントレプレナーシップを発揮できるようになります。

関わってくれる人の中で投資家や事業を手伝ってくれる人が現れるかもしれません。そういう時のためにエレベータピッチを練習しておきましょう。

創造力

最後に創造力です。これはただ画期的な技術に限った話の創造性ではありません。上記で述べたように、様々な諸問題に対してどのようにアプローチしていくのか、誰と連携を取るべきなのかなどをいち早く察知する能力も含まれます。

また、創造力は、才能のような能力だけではなく、限られた経営資源などにとらわれずにビジネスを開拓していく事にあります。

新規事業のアプローチ方法や事業で誰が必要なのかプレゼン能力を上げるのであれば、ビジネスコンテストに出ることをお勧めします。

アントレプレナーシップ教育

アントレプレナーシップ 教育

近年ではアントレプレナーシップ教育というものが注目されています。アントレプレナーシップ教育とは、常日頃から問題意識を持ち続け、新しいビジネス課題を通じ、社会や組織に対して新しい変革をもたらし続ける人材を育成していこうという教育です。

アントレプレナーシップ教育で有名なのがハブソン大学です。ハブソン大学では、アントレプレナーシップを「機会発見」「バランスのとれたリーダーシップ」「アントレプレナーにおける総合的なアプローチ」の三つの要素に捉え、それら一連の思考や行動体系を重点的に教えているのです。

ハブソン大学ではアントレプレナーシップを、より実践的な環境から学べるように、「学生はビジネスを行わなければいけない」というプログラムを提案しています。また、教員教授に対しても、「学生のビジネスプランやベンチャー企業の立ち上げをフォローする」ことを教育方針として設定しています。ちなみに、ハブソン大学の主な卒業生に、トヨタ自動車株式会社のCEO豊田章男氏がいます。

まとめ

アントレプレナーシップ 行動力

アントレプレナーシップについてここまで述べてきましたが、いかがでしたか?

この記事を読んでみて、自分が今の状態では起業家に向いてないのではと思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、人は心の持ちようで簡単に変われるものです。この記事に書いてあったような意識を持ち続けることで、意識改革は簡単にできるものです。

これから起業をしようという方は、ぜひこのアントレプレナーシップを意識してみてください。