エレベーターピッチとは?作り方やコツも含めて解説!

ELEVATOR PITCH
エレベーターピッチという言葉を聞いたことはありますか?スタートアップ界隈では比較的使われる用語であり、起業家が投資を受けるために、投資家に向けて行う数十秒のプレゼンを指すことが多いです。この記事ではそんなエレベーターピッチについて、その作成方法や構成作り、良いエレベーターピッチを行うコツなどを紹介していきます。

エレベーターピッチとは

エレベーターピッチ

エレベーターピッチとは、「15秒から30秒といった数十秒の短い時間でプレゼンを行い、ビジネスチャンスへと繋げる」というテクニックになります。

スタートアップ界隈でよく使われる言葉で、「起業家が投資を受けるために、投資家やVCの人に向けて行われるもの」を指すことが多いです。ピッチそのものも短いプレゼンとして位置付けられることが多いですが、エレベーターピッチはそのピッチをさらに短くしたバージョンになります。

そんなエレベーターピッチですが、IT企業の聖地と言われるシリコンバレーが発祥の地と言われています。

シリコンバレーにはたくさんのスタートアップがあり、そこでは起業家が投資家から投資を受けるべく、ピッチを行うなどしてアタックしているのですが、それが時にはエレベーター内で行われることも。投資家に対していかに自社の事業が魅力的かを、エレベーターが次の階に着くまでに簡潔かつ明快にプレゼンをしているのです。

それから数十秒で行うピッチをエレベーターピッチというようになり、日本のスタートアップ界隈にも広まっていきました。

エレベーターピッチの基本・作成方法

エレベーターピッチエレベーターピッチは、論理的かつ簡潔明快に、そして相手の心に刺さるような構成や実践が必要です。そしてこのようなピッチを行うためには、構成作りや実践において基本的な型が存在します。

ただ勢いだけで挑むと熱意は伝わるかもしれませんが、内容をうまく伝えることができなければ次のビジネスステップ(投資をしてもらうor詳しく話を聞いてもらうなど)へと進むのは厳しいかもしれません。

基本的な型を用いて構成を作り、それに基づいて実際にピッチ行うことで、より良いエレベーターピッチができるようになります。

ここからは、その構成作りや実践での型について説明します。

GTCメモで話す内容を簡潔かつ明確にする。

GTCメモというのは、Goal(自分のゴール)、Target(相手が欲しいもの)、Connect(GとTをつなぐアプローチ方法など)の頭文字をとったものになります。

話そうと思っている内容をこのGTCメモに落とし込むことで、伝えたいポイントを明確にすることができます。

3つの構成ポイント

GTCメモで明快になった内容を、今度は実際に話す場合を想定して構成立てていく必要があります。

構成は

  • フック(=つかみの部分)
  • ポイント(話しのキモ)
  • クロージング(行動を促すような)

の3つが基本です。

フックは最初の掴みの部分ですね。ここで相手の心をガシっと掴めるようなインパクトがあるといいでしょう。

ポイントというのは、実際の事業内容や事業計画などの部分になります。GTCメモでいうと、TやCの要素がここに盛り込まれます。

一つ注意しておきたいのが、熱心に伝えようとするあまり、話す内容を盛り込みすぎてしまうという点です。そうなると、間延びしてし伝えたいキモの部分がうまく伝わらなかったり、ブレてしまったりするので、ポイントで話す内容は多くても3つ程度に収めましょう。

そして、最後がクロージングです。ここでは、相手の行動を促すようなフレーズ選びが必要になります。

時間的な制限を設けたり、希少性を出したり、具体的数値を出したりなどして工夫をしていくとより効果的です。

良いエレベーターピッチをするコツ

ビジネスモデルキャンバスエレベーターピッチはたったの数十秒という短い時間しかないので、その短い間に最高のパフォーマンスを発揮する必要があります。

良いエレベーターピッチをするためにもこれから紹介するコツを実践してみましょう。

専門用語をなるべく使用しない

エレベーターピッチ (ピッチも同様)においては、専門用語を使うことはあまりオススメできません。もし聞いている相手がその専門用語をわからなかった場合に、説明する必要が出てきてしまうからです。

ただでさえ時間がない中、専門用語の説明などに時間を使うのは非常にもったいないです。

なので、なるべく専門用語は使わない方がいいでしょう。(事業内容によっては使った方がいいor使わざるを得ない場合もあります)

早口にならないように意識する

エレベーターピッチはほんの数十秒しかないので、ついつい早口になりがちです。

しかし、早口で喋ることにより相手にうまく伝わらず、覚えてもらえなかい可能性があります。

伝えたい重要な部分をしっかりと伝え、相手に覚えてもらうためにも、できるだけハッキリと聞き取りやすいように喋ることを心がけましょう。

そしてそうするためには、やはり構成作りが重要であり、GTCメモなどを通して話す内容をきちんと絞っておきましょう

ユニークさを意識する

エレベーターピッチにおいては、「覚えてもらう」ということも非常に重要です。つまりインパクトを残す必要があるということですね。

そのためには、一つ一つの言葉選びが重要になってきます。事業内容自体がユニークであればいいのですが、中には似通っている場合もあるでしょう。

そういう場合はエレベーターピッチで使う言葉自体の選び方(表現の仕方など)が重要であり、そこでユニークさを出していく必要があります。

まとめ

ピッチ(プレゼン)は時間が短ければ短いほど難しいと言われており、ほんの数十秒しか時間がないエレベーターピッチは非常に難しいと言えるでしょう(限られた時間で最高のパフォーマンスをだすため)。

ただ、闇雲に熱意だけで挑むのは得策ではありません。せっかくのビジネスチャンスを棒に振ってしまう可能性があります。

そこでしっかりとチャンスをモノにするためにも、ここで紹介した基本的な型を身につけ、事前準備をしっかりし、それを元に練習を重ねることで、よりハイクオリティなエレベーターピッチができるようになるでしょう。