バランスシート(貸借対照表)とは!作り方と見方を徹底解説

BS バランスシート

みなさんは「BS,PL,CS」と聞いて、その意味を理解することはできるでしょうか?

どれも企業が決算書を出す際に必要なとても重要な書類です。これから起業して経営者になる人はもちろんのこと、会社員の人でもビジネスをしている以上決算書の見方くらいは理解しておいた方が良いでしょう。今回はそのなかでも、企業の健康状態(今の会社のお金の流れはどのようになっているのか)を見るために必要はバランスシート(貸借対照表)について解説していきます。

バランスシートとは

財務三表 貸借対照表

バランスシートとは、財務三表の一つで、企業のある一定時点の財政状態を「資産」「負債」「純資産」からみることができるものです。バランスシートを略してBS(ビーエス)、決算書などに書くときは「貸借対照表」と表記されることが多いです。

バランスシートは決算時(一定時点)、会社はどんな財産(資産)を持っていて、その財産の元になるお金(負債・純資産)をどうやって集めてきたかがわかるようになっています。そのようなことから、バランスシートは企業の健康状態がわかるものと言われます。

バランスシートを理解しよう

BS 意味

ここでは、バランスシートの見方について解説します。

バランスシート

上図がバランスシートの基本的な形となります。

左側、資産の項目でその企業が集めてきた資金をどのように運営しているのか、運用形態を表します。右側、負債の項目で銀行からの借入などを表し、純資産の項目で株主から調達した資金や毎期の利益の積み上げなど資金調達の源泉を表します。

また、左側の資産の部と、右側の負債・純資産の部の合計額は必ず一致します。

【資産】=【負債】+【純資産】

上図の左側が資産(資本の運用の仕方)を表し、右側が総資本(資本の調達先)を表しています。総資本(右側)には、負債(返す義務のある資本)と純資産(返す義務のない資本)がに分かれて表記されています。バランスシートを見るにあたって、資産と負債のバランスがきちんと取れているかを確認することは重要です。

それでは、さらに具体的にみていきましょう。以下の表の数値は、バランスシートを理解しやすくするための例です。特定の企業を表しているわけではありません。

貸借対照表

資産

「資産」とは、集めてきた資金をどのような状態で企業が持っているかを表します。資産は現預金、売掛金、備品等に分かれます。これらの資産は原則として換金性の高いものや現金化しやすい順番に上から並んでいます

資産の部には、「流動資産」と「固定資産」と2つに分かれます。

流動資産

流動資産とは、一年以内に現金化可能な流動性のある資産のことを表します。逆に一年経過しても回収できない場合は回収不能になる可能性が高いので注意しましょう。流動資産には現預金、受取手形、未収入金などがあります。

固定資産

固定資産とは一年を超え、さらに長期にわたって会社が保有するものを指します。大企業であるほど固定資産は多くある傾向にあります。

固定資産には、さらに「有形固定資産」「無形固定資産」「投資その他の資産」と分けて表します。

<有形固定資産>
主に建物、機械、土地などがあります。ようは形の見える資産です。時間が経つにつれ劣化や焼却していく場合も多いので、修理、修繕費用が発生する場合があります。

<無形固定資産>
特許権やソフトウェア、水道施設利用料などがあります。具体的な形をもっていません。

<投資その他の資産>
投資有価証券、出資金、法人保険積立金や他社の株式等がこちらの項目にあたります。

負債

「負債」とは、返済や支払いをしなければならない会社の借金を表します。負債は支払手形、買掛金、未払金、預り金などに分かれます。これらの負債は原則として返済日や支払期日の早い順番に並んでいます。上に記載されているほうが早く、下にいくにつれて遅いです。

負債には、返済する際に利子をつけて返さなければならない「有利子負債」と、利子なしで返済する「無利子負債」があります。有利子負債の多い会社は負債の返済だけでなく、それに伴う利息を支払う義務があります。有利子負債は金利の上昇が起きると支払う利息が増え、経営を圧迫する要因になりますので注意が必要です。

負債も資産と同様に流動性のあるもの(流動負債)、固定的なもの(固定負債)と分けて表します。

流動負債

流動負債とは、一年以内に支払い義務のある負債のことを指します。支払手形、買掛金などがあります。

固定負債

固定負債とは、一年を超えて返済の義務がある負債のことを指します。銀行から借りた長期の借入金や、自社で発行する社債などがあります。

純資産

純資産とは、株主が会社に入れてくれた資金や利益の積み上げを表したものです。返済や支払いの義務のないお金で、自己資本といいます。純資産の中にある株式資本とは、株主から出資を受けた「資本金」と株主から出資を受けた中で資本金に組み入れなかったお金「資本余剰金」からなっています。

他にも「利益余剰金」という項目があり、それは前期以前の利益の貯蓄と当期の純利益の合計を表しています。黒字の場合、会社法では利益準備金として利益余剰金を内部留保するように規定が設けてあります。

余剰金を株主に配当する場合、配当金の10分の1を資本準備金か利益余剰金として積み立てなければなりません。利益準備金と資本準備金の合計額が資本金の4分の1に達するまで、利益を積み立てなければいけません。逆に4分の1まで積み立てることができたら余剰金を自由に使うことができます。

バランスシートをみてわかること

バランスシート 決算

今までバランスシートの見方について解説してきましたが、バランスシートをみることにより、その企業に何が具体的にわかっていくのかを解説します。

貸借対照表 BS

自己資本比率

バランスシートでまず確認すべきなのが自己資本比率になります。自己資本比率とは会社にどのくらい自分たちのお金があるかを示す値です。自己資本比率を見れば、会社の健全性がわかります。

<計算式>
【自己資本比率(%)=純資産÷総資産×100】

上記の割合が高いということは、返済義務のある負債が少ないということになり、財務的に健全な経営が行われているということです。一般的に50%以上なら理想企業、40%以上なら倒産しにくい企業と言われています。自己資本比率があまりに低い状態で他人資本に頼っている状態だと、「債務超過」になります。債務超過になると倒産リスクが高くなるので危険な会社と判断されます。

流動比率

自己資本比率だけでは会社の財務状況が安定しているかどうかを判断することはできません。なので、その次に確認するのが流動比率です。流動比率とは、1年以内に支払わなければならない負債を支払うことができる企業なのかを分析し、短期の安全性を計る指標になるものです。

<計算式>
【流動比率(%)=流動資産÷流動負債×100】

一般的に200%以上なら理想と言われ、130〜150%以上が目安と言われています。100%を下回ると負債の返済に苦しんでいる企業だと判断されます。

当座比率

流動比率では流動資産を比率で求めますが、流動資産の中には商品の在庫なども含まれます。仮に商品の在庫が売れなかった場合、会社が回らなくなる恐れがあるため、当座比率でより厳密に負債に対してすぐに支払える資金があるかどうかを計ります。

<計算式>
【当座比率(%)=当座資産÷流動負債×100】

当座比率は一般的に100%あればいいと言われています。200%以上あっても実際は貸し倒れしそうな売掛金が占めるなどの支払い能力がない場合や、逆に100%以下であっても現金商売で日銭のある業種で支払い能力がある場合があったりと、企業の本当の支払能力を分析できます。なお、当座資産とは流動資産の中でも比較的現金化しやすい資産のことを指しています。

まとめ

決算書とは

バランスシートの見方を知るだけで、その会社が良い会社なのか悪い会社なのかを見極めることができます。もちろん最終的には財務三表のほか二つ、損益計算書(PL)やキャッシュフロー計算書(CS)をみた判断となりますが、バランスシートだけでも会社の状況を見る判断基準となります。

このように決算書が読めるようになると、より経営者視点で物事を判断することができるようになります。経営者だけでなく社会人の1人としても理解しておくことをおすすめします。