ビジネスモデルキャンバスとは?書き方や順番をテンプレート付きで解説

ビジネスモデルキャンバス

ビジネスモデルを考える上で役立つフレームワークの『ビジネスモデルキャンバス』。ビジネスモデルを9つの要素に分解して、A4の紙に図式化できることから、様々な企業で活用されています。今回は、ビジネスモデルキャンバスの概要を説明した上で、具体的な書き方や書く順番を紹介していきます。また、リーンキャンバスとの違いも解説していきます。

ビジネスモデルキャンバスとは

ビジネスモデルキャンバスとは、事業を9つの要素に分解して、A4の紙一枚に図解化するビジネスモデルを理解するために使われるフレームワークのことです。

9つの要素には、

  • 顧客セグメント(Customer Segments)
  • 提供価値(Value Propositions)
  • チャネル(Channels)
  • 顧客との関係(Customer Relationships)
  • 収益の流れ(Revenue Streams)
  • キーリソース(Key Resources)
  • キーアクティビティ(Key Activities)
  • キーパートナー(Key Partners)
  • コスト構造(Cost Structure)

があり、下図のように図解化していきます。

ビジネスモデルキャンバス

図解化することで直感的にビジネスモデルがわかるだけでなく、強制的に9つの要素に分解することで、普段であれば考えない要素についても知見を得られるというメリットがあります。

また、ビジネスモデルキャンバスは自社のビジネスモデルを分析するだけでなく、新規参入するために競合を分析するのにも活用されます。複数人で同じ企業(事業)についてビジネスモデルキャンバスを書けば、全く違った発想が出てくるので、様々な発見があるでしょう。

ビジネスモデルキャンバスを使ってできること

ビジネスモデルキャンバスでできることでは、他にビジネスモデルキャンバスを使ってできることは何があるでしょうか。以下にいくつか挙げてみました。

ビジネス全体における主要ポイントの可視化

ビジネスフレームワークの代表例として、SWOT分析3C分析があります。これらは事業初期に競争優位性を可視化することには使えますが、ビジネスモデルの詳細を設計するには不十分です。それに対してビジネスモデルキャンバスは、競争優位性にフォーカスしておらず、ビジネス全体の主要ポイントが可視化できます。

需要と供給のバランスが取れたビジネスモデルのデザイン

他のフレームワークでは供給にばかり目がいきがちですが、需要と供給のバランスが取れなければビジネスは成り立ちません。ビジネスモデルキャンバスは、顧客側のことも考えながら作るものとなっています。そのため、本来主役である顧客と共創するサービスを描くことができます。

社内や関係者内のチームワーク

メンバー内でビジネスモデルキャンバスを共有することで、認識のずれを防ぐことができます。また、全員が理解をしながらプロジェクトをスムーズに進めるためにも役立ちます。

ビジネスモデルキャンバスの具体的な書き方!9つの要素に分解

繰り返しになりますが、ビジネスモデルキャンバスを構成しているのは主に9つの要素、「顧客セグメント」「提供価値」「チャネル」「顧客との関係」「収益の流れ」「キーリソース」「キーアクティビティ」「キーパートナー」「コスト構造」です。

具体的なビジネスモデルキャンバスの書き方を見ていく前に、まずは以下の動画をご覧ください。英語ですが、英語がわからない方でもビジネスモデルキャンバスの雰囲気は掴んでもらえる動画になっています。

ビジネスモデルキャンバスを記入していく順番としては、動画でも紹介されているように、

  1. 顧客セグメント
  2. 提供価値
  3. チャネル
  4. 顧客との関係
  5. 収益の流れ
  6. キーリソース
  7. キーアクティビティ
  8. キーパートナー
  9. コスト構造

の順番にするのが良いとされています。

ただし、この順番はあくまで目安ですので、絶対に守るべきものというわけではなく、書きやすい順番に書いていっても問題ありません

それぞれ詳しく見ていきましょう。

顧客セグメント(CS)

顧客セグメントには「ターゲット」となる顧客像を記入します。年齢・地域・性別・学歴・職業・収入・家族構成など、ターゲットとなる顧客像をできる限り具体的に書くのがポイントで、ペルソナを書いてもいいでしょう。

例えば、「30代前半の独身男性、大卒、東京都在住、年収500万円以上」と顧客セグメント(ペルソナ)を設定します。

提供価値(VP)

顧客セグメントで想定した顧客が抱えているニーズやウォンツに対して、提供できる価値を記入します。

また、ただ単に提供できる価値を記入するのではなく、競合他社との差別化のポイントを意識して記入しましょう。コア・コンピタンスやUSP(ユニークセリングプロポジション)と言われる、そのビジネスにおける強みとなるものを具体的に記入できるといいでしょう。

ヘアカットのQBハウスを例にすると、従来の美容院では1時間3~5,000円かかっていたものを、「10分1,000円カット」という時間短縮と割安料金の2つが提供価値になります。

チャネル(CH)

チャネルには、提供価値を顧客に届けるまでのルートを記載します。店舗ビジネスなのか、ネットビジネスなのかでチャネルは大きく異なります。

例えば、アパレルを営んでいる企業でも、店舗を構えて洋服を販売するのか、ECサイトを立ち上げて洋服を販売するのかでチャネルは変わってきます。複数のチャネルを持っている企業も多いので、網羅的に記入しつつ、主要なチャネルを抑えるようにします。

顧客との関係(CR)

顧客との関係には、顧客と築くべき関係性を記入します。「販売して終わりなのか、アフターフォローをきちんとするのか」、「新規顧客を常に開拓するのか、リピーターで成り立つビジネスなのか」など、顧客との関係性を定義するために活用します。

例えば、高級ブランドのグッチが築くべき顧客との関係と、ユニクロが築くべき顧客との関係が違うということは説明するまでもありませんよね。

収益の流れ(RS)

収益の流れには、売上や利益が上がる収入の構造(物販、利用料、仲介料、ライセンス料、会費など)を書きます。

商品を販売することによって得られる目に見える売上だけでなく、目に見えない売上についても深く考えましょう。

キーリソース(KR)

「ヒト、モノ、カネ」という言葉が表すように、収益をあげるために必要な会社のリソースを記入します。

営む事業によってキーリソースは多種多様に、人的リソースが重要な事業もあれば、工場や土地などの物的リソースが重要な事業もあります。

また、優秀な人材、他社に負けない資金力、特許、知的財産などもキーリソースとなります。

キーアクティビティ(KA)

どのような活動で価値を提供しているか、活動内容を具体的に記入します。

例えば、人材エージェントであれば、転職したい人材を見つけて受け入れる企業とマッチングすることなどがキーアクティビティとなります。

キーパートナー(KP)

事業を進めて行く上で提携するパートナーを記入します。

例えば、販売を代わりに行ってくれる小売店、広告を代わりに出してくれる広告代理店、製造を代わりに行なってくれるOEMメーカーなどのパートナーを記入します。

自社内で全ての業務を行うことはまず不可能ですから、どの部分をパートナーにお願いするのか、しっかりと検討しましょう。

コスト構造(CS)

事業を行なっていく上でかかるコストを記入します。コストは記入し始めればキリがありませんので、主要なコストを記入するようにしましょう。

例えば、人件費、広告費、製造費など、事業に合わせたコストを考えます。

ビジネスモデルキャンバスを書く順番

3c analysis

ビジネスモデルキャンバスを記入していく基本的な順番と、その順番は守らなくてもいいということをお話ししましたが、記入していく順番には大きなヒントが隠されているのも事実です。

特に、一番最初に書き始めたところに注目してみましょう。例えば、キーパートナーを最初に書く人もいるでしょうし、提供価値を最初に書く人もいるでしょう。何が言いたいかというと、最初に書く項目が、その人が最も注目しているポイントだということです。

ビジネスモデルを考える上で、自分自身やパートナーがどういう着眼点を持っているかわかるのも、ビジネスモデルキャンバスが優れている点でしょう。

ビジネスモデルキャンバスの事例

では、例としてよく挙げられるコンビニのビジネスモデルキャンバスを見てみましょう。

ビジネスモデルキャンバス事例(コンビニ)

上図はあくまで一例となります。作成する人によって若干の違いはありますが、項目としてはこのようなものが挙がります。

普段あまり意識しないと思いますが、コンビニの仕組みはPOS(販売時点情報管理)サービスがあって成り立つものです。

ちなみに、経済産業省の商業統計での業態分類としての「コンビニエンスストア」の定義は、「飲食料品を扱い、売り場面積30㎡以上250平方㎡未満、営業時間が1日で14時間以上のセルフサービス販売店」となっています。

ビジネスモデルキャンバスとリーンキャンバスの違い

ビジネスモデルキャンバスと似たものに、「リーンキャンバス」というものがあります。以下がそれぞれの図です。

リーンキャンバス

図:monstarlab

ビジネスモデルキャンバス

それぞれの図を見比べてみると、形が全く同じですし、項目も似ていることがわかります。

リーンキャンバスは、主にスタートアップ企業が使うもので、事業の立ち上げに際して、完璧を求めるよりも素早く行動することを目標に作り上げていきます。空欄があってもよく、行動した結果をすぐに反映させ、繰り返しブラッシュアップさせていきます。

ビジネスモデルキャンバスとリーンキャンバスには細かな違いはありますが、大きな違いはありません。適していると思う方を使うといいでしょう。

まとめ

ビジネスモデルキャンバスについて解説してきました。

ビジネスモデルキャンバスは、自社のビジネスを考えるだけでなく、競合の分析、業界の分析、起業の準備など、様々な場面で役立ちます。また、思考を整理して、チーム内で情報を共有するために有効ですので、ぜひ活用してみてください。