【3C分析とは】やり方や目的をわかりやすく解説

3c analysis

事業戦略やマーケティング戦略の立案においては、色々なビジネスフレームワークが用いられます。SWOT分析、PEST分析、3C分析、5フォース分析、STP分析など、代表的なものを挙げるだけでも数多くあります。

今回はその中から、3C分析にフォーカスしてみました。3C分析とはなんなのか、どういう目的で用いられるのか、どのような形で用いるのかなどを解説していきます。

3C分析とは?

3c analysis

3C分析とは、ビジネスフレームワークの一つで、外部環境の分析時に用います。Custmor(市場・顧客)、Campany(自社)、Competitor(競合)の3つの観点から分析を行うということで、その頭文字をとって3C分析と名付けられました。

3C分析では、市場・顧客、競合という外部環境と、自社という内部環境を扱うので、企業内外を取り巻く環境要因について、網羅的に分析することができます。

また、どの分析手法にも言えることですが、3C分析は基本的には企業内外における変化に対しての分析という認識になります。

3C分析を使う目的・意義

3c analysis

3C分析を使う目的は、KSF(成功要因)を見つけ出すことです。それを見つけることによってどのように事業を進めていくべきか(事業の方向性)が見えてくるようになります。

もっと具体的に落とし込むと、

  • 競合企業に対する優位性を追求
  • 今の市場から撤退
  • 新規市場へと進出
  • 新規事業の立案
  • 自社課題の発見

などがあるでしょう。これらをKSFから導きだすことで、経営資源の最適な投下を目指すということになります。

そしてそのための(KSFを探し出すための)3C分析ということですね。

3C分析のやり方

3c analysis

ここからは、3C分析のやり方を紹介していきます。

3C分析は、市場・顧客、自社、競合のそれぞれを分析し、他のフレームワークなどを利用して、経営戦略・マーケティング戦略などに落とし込むという流れになります。

市場・顧客の分析(Customer)

市場を知らないと自社の強みや弱みも見えてこないということで、3C分析では市場・顧客分析から行なっていくのがセオリーになっています。

また、やみくもに分析を始めると膨大なリソースを相手にすることになってしまうので、市場・顧客分析は、よく3つの分析手法に細分化されて行われます。

  • マクロ分析
  • ミクロ分析
  • 顧客分析

上記がその3つになります。

マクロ分析

マクロ分析においてはPEST分析を用います。Politics(政治)、Economy(環境)、Society(社会)、Technology(技術)の4つの観点から、世の中の変化つまりマクロレベルでの変化を体系的に分析していきます。

ミクロ分析

ミクロ分析は5フォース分析が使われることが多いです。買い手の交渉力、売り手の交渉力、新規参入企業の脅威、代替品の脅威、競争企業間の敵対関係の5つから、ミクロレベルでの市場の状態(変化)を分析していきます。

顧客分析

顧客分析は、マクロ分析やミクロ分析の結果から顧客の層や購買行動、ニーズなどがどう変化しているのかを分析する段階です。

上記二つの分析を元に、自社製品・サービスにおける市場規模、潜在顧客数、市場成長性、ニーズ、購買行動、購買決定プロセスなどの観点から、顧客となりうる(購買意欲・能力のある)対象を探し出していきます。

このように細分化して分析することで、余計なリソースを含むことなく効率的に分析を進めることができます。

競合の分析(Competiter)

競合の分析は、競合となる企業が市場の変化に対してどのような対応をとっているか、あるいはどのような影響を受けているかを分析し、競争状況・競合相手を把握していうことを目的としています。

その際に、「結果」と「結果を出したリソース」の2点に着目します。

結果というのは、ビジネスにおいてどれくらいの結果を出したのかということなので、営業利益などの売り上げや、広告宣伝費、販売管理費用などの数値から分析します。

結果を出したリソースというのは、競合企業が保持している資産(資本)をどれくらい効率的に使えているかということになります。これは、ROEや一人当たり・店舗あたりの売上高などを見て分析していきます。

また、結果を出したプロセスも分析可能ならするべきでしょう。要するに結果を出した仕組み(販路、営業、マーケティングなどのプロセス)を分析するということです。

こうやって、競合が市場の変化においてどう対応しているかを分析することで、相対的に自社の強みや弱みを洗い出したりすることもできます。

自社の分析(Company)

自社の分析は、市場・顧客の分析と競合の分析の結果をもとに分析する形になります。売上高や、市場シェア、技術力、ブランド、認知度、生産性などを定性的・定量的に把握していきます。

そしてそれらを上記二つの分析結果と照らし合わせて、自社の強みや弱みを導き出し、自社はこれからどういう手を打つことができるのか、などを考えていくという流れになります。

3C分析とSWOT分析

イグジット

3C分析は市場・顧客の分析から競合の分析、自社の分析という流れで分析を行なっていき、最終的に自社の経営戦略・マーケティング戦略へと生かして行くのですが、もっと掘り下げて分析をする方法があります。

それはSWOT分析に落とし込むことです。

外部環境と内部環境を分析して、それから自社の経営戦略やマーケティングに落とし込むという点では3C分析とSWOT分析は非常に近いものになります。

なので、3C分析で出てきた要素を一度SWOT分析に落とし込むことで、自社の強みや弱み、競合や市場に対するチャンスやリスクなどを深掘りすることができるでしょう。