【PEST分析】やり方やその目的について徹底解説

pest analysis

ビジネスを成功させるには戦略が必要です。そのため、ほとんどの企業が事業戦略であったり、マーケティング戦略などの経営戦略に力を入れていることでしょう。

どのように戦略立案をしているかは企業によってまちまちですが、経営戦略の立案・策定にはある程度の論理性があり、いくつかのフレームワークが存在します。

今回はそのフレームワークの中から、PEST分析をピックアップして解説していきます。

PEST分析とは?

pest analysis

PEST分析とは、経営戦略や事業戦略の策定において、主にマーケティングを行う際に用いられるビジネスフレームワークのひとつです。

マクロレベルで行う外部環境分析であり、政治(Politics)、環境(Economy)、社会(Society)、技術(Technology)の4つに分けられ、その頭文字をとってPEST分析と呼ばれています。

以下がPESTの具体例です。

Politics(政治)

法律、政治動向、規制緩和、税制など

Economy(環境)

景気動向、株価、為替、消費動向など

Society(社会)

人口、社会インフラ、世論、事件、教育など

Technology(技術)

ビッグデータ、IoT技術、AI、特許、新技術など

なぜPEST分析が必要なのか

pest analysis

PEST分析の目的は、世の中の「変化」に対応することです。

企業というのは、自社内だけでなく世の中における様々な要因に強く影響を受けます。日々変わりゆく世の中の変化についていかなければ、生き残るのは難しいでしょう。

長期的に会社を存続させていくためにも、この世の中の変化、つまりマクロレベルでの環境の変化に適応し、さらにはそれをビジネスチャンスへと変えていく必要があります。

では、どうすればその変化に対応できるのか。ここで出てくるのがPEST分析です。

PEST分析を行うことにより、マクロレベルでの環境、つまり世の中の動きをキャッチし分析することで、自社に影響を及ぼす可能性を洗い出し、最適な経営戦略を策定していくことができるのです。

PEST分析のやり方やポイント

pest analysis

ここからはPEST分析のやり方・ポイントについて紹介します。

機会と脅威に分類する

PEST分析におけるそれぞれの領域の要素は、機会と脅威にわける必要があります。

PEST分析の目的は、世の中の変化(動向)をキャッチし、それが自社にどう影響するのかを分析することですが、洗い出された各要素は、主に2種類にわけられます。

それは、

  • 自社にとっての成長機会へとなりうる要素
  • 自社にとっての損害へとなりうる要素

の2つです。

PESTは4つの観点から要素を洗い出すので、様々な視野が得られるのですが、ただそれだけでは自社との関連付けは難しいです。

なので、上記に挙げたようにそれらを機会と脅威とに振り分ける必要があります。

ただ、変化によって影響を与えるであろう脅威が、視点を変えれば機会にもなりうるケースもあったりします。

なので、機会と脅威は完全に切り離して考えるのではなく、表裏一体のものであるという捉え方がいいでしょう。

短期or長期での分類

PEST分析における「変化」の捉え方としては、短期か長期かでしっかりとわける必要があります。

分析によって見えてきた事柄が短期的なのか長期的なのかによって打つ手というのは変わってくるものであり、そのあたりを混同してしまうとせっかくの分析が無意味になってしまいかねません。

なので、PEST分析では、短期的であるのか長期的であるのかという視点が必要になります。

他のフレームワークを活用する

PEST分析は、マクロ的な変化における影響が、自社にとって良いものか(機会)、悪いものか(脅威)を分析していくものですが、より具体的な経営戦略を練り上げていくには他のフレームワークを活用していく必要があります。

例としてはSWOT分析が挙げられるでしょう。SWOT分析のOとTは機会と脅威であり、これに対してSとWである強み・弱みを掛け合わせて、経営戦略を策定していきます。

PEST分析はちょうどこのOTと同義であるので、SWOT分析に落とし込んで活用することで、より具体的な経営戦略・マーケティング戦略へと昇華することができます。

まとめ

PEST分析は、長期的な視点においては未来を予測するという不確実性が伴うという点もあり、完璧なビジネスフレームワークとは言えません。

しかし、世の中の変化や動向を俊敏に捉え、適切な対応をしていくためにはPEST分析は欠かせないでしょう。

また、このPEST分析を最大限に活かすためには、分析によって得られた結果が自社にどう影響を及ぼすかという部分に対して追求する必要があり、それは例えばSWOT分析などの他のフレームワークと組み合わせることで可能になります。