ROIとROASの違い!具体例と計算方法を徹底的に解

 

roi roas投資や広告において、費用対効果を最大化するために欠かすことのできない重要な指標「ROI」と「ROAS」。しかし、ROIはわかるけどROASはわからない、それぞれの違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ROIとROASの違いをはじめ、それぞれの計算方法を具体的な例を使って解説していきます。

ROIとは?

ROI とは

ROI(Return On Investment)とは、日本語で「投資対効果」と言われる、投資したお金に対してどれだけの利益を生み出しているかを測る指標です。投資利益率・投資収益率・投資回収率と呼ばれることもありますが、これらは基本的にROIと同義です。

投資や利益というと難しく感じるかもしれませんが、簡単に言うと、「使ったお金に対して、いくら儲けたのか」を測る指標です。

なので、ROIが高ければ高いほど投資対効果が高く、優秀と考えられます。もちろん、業界ごとにある程度のROIの平均水準が決まっているので、その水準よりも高ければ優秀と言えます。

また、ROIを求める計算式と計算例は以下の通りとなります。(計算例では利益が10万円、投資額が1万円と仮定)

  • ROI=利益÷投資額×100
  • ROI=10万円÷1万円×100=1,000%

極端な例ですが、1万円を使って10万円の儲けを出せるのと(ROI=1,000%)、1万円を使って5万円の儲けを出せるのでは(ROI=500%)、前者の方が優秀であることは自明ですよね。

ROASとは?

roas

ROAS(Return On Advertising Spend)とは、日本語で「広告費用対効果」と言われる、かけた広告費に対して広告経由の売上がどれだけ上がったかを測る指標です。

簡単に言うと、「使った広告費に対して、いくら売上が出たのか」を測る指標です。なので、ROASが高ければ高いほど広告費用対効果が高いです。

また、ROASを求める計算式と計算例は以下の通りとなります。(計算例では広告経由の売上が10万円、広告費が1万円と仮定)

  • ROAS=広告経由の売上÷広告費×100
  • ROAS=10万円÷1万円×100=1,000%

ROIの時と同様に極端な例ですが、1万円の広告費を使って10万円の売上を出せるのと(ROAS=1,000%)、1万円の広告費を使って5万円の売上を出せるのでは(ROAS=500%)、前者の方が広告費用対効果が高いのは自明ですよね。

目標ROASの決め方

企業でROASを使う場合、測定する前に目標値を定める必要があります。とはいえ、いきなりROASの目標値を定めろと言われても困ってしまいますよね。

そこで、あくまで参考ですが、よく使われるROASの目標値の設定方法を紹介します。絶対的な正解ではありませんが、初期の設定として活用してください。

ROASの目標値は、

  • 目標ROAS=平均顧客単価÷粗利×100

で求められます。ここでの粗利は平均顧客単価ー平均原価で求めるのが一般的です。

例えば、平均顧客単価が1万円、平均原価が5千円であれば、目標ROASは200%となります。

ただし、繰り返しになりますがこの目標ROASは初期設定のもの。広告を運用していく中で適切な数値を見つけていきましょう。

ROIとROASの違いは何?

会社売却

ここまでROIとROASを別々に説明してきましたが、これらは一緒に使われることの多い指標です。そのため、両者の違いを理解しておくとともに、使い分けられるようにしましょう。

両者の大きな違いは、ROIが「利益」を見る指標であるのに対し、ROASが「売上」を見る指標だということです。

ROASが100%を上回っていても、ROIが100%を下回っていれば、事業は赤字です。もちろん、事業のフェーズによってはROIが100%を下回っていても、ROASを追求していくということもありますが、基本的にROIが100%を超えるようにしなければ事業の存続ができません。

広告運用においては、どちらかだけの指標を見るのではなく、両方の指標を見つつ運営していくことが大切です。

まとめ

ROIとROASの違いを解説してきましたが、いかがでしたか?

広告運用をする上で欠かすことのできない指標ですので、意味の違いを理解した上で使い分けられるようになりましょう。

また、これらの指標は費用対効果を最大限にするためのものです。A/Bテストなどの施策を繰り返し行うことで、費用対効果を高めましょう。