キャピタルゲインとインカムゲインの違いとは?両者の特徴を解説!

キャピタルゲイン インカムゲイン

株式や不動産など、投資によって得られる利益には二つの種類があり、それぞれ「キャピタルゲイン」、「インカムゲイン」と呼ばれています。それぞれ利益になるまでの流れや時間など、様々な点において相違があります。当記事では

・「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」の違いや特徴

・様々な投資の利益がどちらに所属し、所得の分類は何になるのか

について解説していきます。

「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」について

キャピタルゲイン インカムゲイン 比較

まずはじめに、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」について、それぞれの意味をサクッと確認していきましょう。

キャピタルゲインとは

「キャピタルゲイン」とは、保有資産などを購入時よりも高い金額で売ることによって得られる利益のことです。キャピタルゲインを獲得する行為は、基本的に短期で大量の金銭を獲得できる可能性があります。ただし、株などは価値が下がり損失が発生する事もあり、これは「キャピタルロス」と呼ばれるものです。

インカムゲインとは

「インカムゲイン」とは、売買以外で資産を保有していることによって得られる利益のことです。キャピタルゲインと比較して、インカムゲインは継続的かつ安定的に利益が発生します。しかし、継続的に利益が発生する可能性はありますが、キャピタルゲインほど瞬間的に大きな利益は見込めません。インカムゲインにより大量の利益を得るには、莫大な資金と時間が必要です。

投資形態ごとの「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」と所得分類

キャピタルゲイン インカムゲイン 税金

では、ここからは代表的な投資をあげていき、それぞれの「キャピタルゲイン」、「インカムゲイン」について解説していきます。

また、それぞれがどの所得に分類されるかも述べていきます。税金などの計算でどの分野に所属するか分かるので、ぜひ参考にしてみてください。

株式投資

我々の身近な投資方法の一つとして株式投資があげられます。株式投資を通じて利益を得る方法として、パッとすぐ思いつくのが売買による利益獲得でしょう。この株式の売買を通じて得た利益は「キャピタルゲイン」に属します。また、株式の売買により得た利益は、基本的には分離課税となります。

一方、株を保有することで、配当金を得る方法もあります。配当金とは、企業が株主に対して一定期間ごとに還元するお金のことです。この株を持っていることで利益を獲得することが「インカムゲイン」に相当します。「インカムゲイン」は「所得」にあたりますので所得税がかかります。

不動産投資

不動産投資にも「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」が存在します。

不動産投資による利益獲得の方法として、家賃収入があげられます。家賃収入は、資産を保有した状態で入ってくる利益であるため「インカムゲイン」に該当します。

不動産の「インカムゲイン」は「不動産所得」として取り扱われます。

また、不動産投資といっても、株式投資と同じように土地を安く買い、高く売ることで利益を獲得することも可能です。物件や土地を購入時より高い金額で売ることは、売買による利益獲得に該当するので「キャピタルゲイン」です。

「キャピタルゲイン」については、「譲渡所得」になります。譲渡所得は、一定の条件により特別控除を受けることが可能となります。

債券投資

債券投資とは、いわゆる国債や社債を通じて国や会社が個人から出資を受け、投資家は金利により利益を獲得する投資手段です。債券などを通し、お金を貸すことで発生する投資家の収入である利子は「インカムゲイン」です。

また、利子での収益のイメージが先行しがちな債券投資ですが、これにも「キャピタルゲイン」に値するものは存在します。それは債券を期間途中で売却することにより発生するものです。それらは償還差益、途中売却と呼ばれています。償還差益や途中売却の利益が「キャピタルゲイン」にあたります。

積極投資はこれからの時代に必要不可欠

キャピタルゲイン インカムゲイン 投資

昔と違い、銀行に預けているだけで金利によりお金が増えるという事はもうほとんど期待できません。これからの時代、資産を増やすための投資はより需要が増し、今まで以上に我々の生活の中で当たり前のものへとなってくるでしょう。

当記事では「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」という2つの用語について解説していきました。それぞれの特徴を理解したうえで、自分に合った方法を見極めていきましょう。そして、まずは実践してみることに尽きます。投資を行い、あなたの口座で眠っているお金に働かせて資産を増やしていきましょう!