リファイナンスとは?そのメリットとリスクとは?

リファイナンス

借入金の組み換えや借り換えのことを指す「リファイナンス」という言葉。聞いたことはあるけどよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。今回は「リファイナンス」について、そのメリットやリスクを説明します。

リファイナンスとは

起業 不安

リファイナンスのつづりは「refinance」です。「finance」は動詞では「融資する」「資金を調達する」という意味があり、接頭語「re」は「再び」という意味です。そこから「refinance」は「借入金の組み換え・借り換え」という意味になります。

ただし、コーポレートファイナンスなのか不動産金融なのかによって、多少意味合いが異なります。

分野による「リファイナンス」の意味合いの違い

リファイナンス コーポレート・ファイナンス 不動産金融

コーポレートファイナンス

コーポレートファイナンスにおけるリファイナンスでは、借り入れや社債により調達した資金を償還するため、新たに融資の組み換えや借り換えを行うことを意味します。

メリット

金融リスクの転嫁や分散、金利負担の軽減の財務上の戦略に基づいて行われ、金利や返済方法などを変更することができます。

デメリット

手続きのための負担が生じます。

また、企業の経営状態によっては、再度借入金や社債による負債の調達が行えない「リファイナンスリスク」があります。

2.不動産金融

不動産金融におけるリファイナンスでは二つの意味があります。

一つは、住宅ローンに必要となる資金を、金融機関が住宅抵当証書を担保にして機関投資家から調達することです。又借りという意味合いでの「リファイナンス」です。

もう一つは、個人向けの住宅ローンの借り換えになります。不動産投資をしていてよく聞くのはこちらになります。

メリット

債務者は同一の担保をもとに借り換えを行い、金利低下時には支払利息を圧縮して(低金利ローンを活用して)支払額を減らしたり、金利上昇時には変動金利ローンから固定金利ローンへ切り替えるなどして支払額を固定したりします。

デメリット

コーポレートファイナンスと同様にローン満期時に借り換えができないリスクもあります。

まるで錬金術?「キャッシュアウト・リファイナンス」

不動産金融の世界では住宅価格が上昇し続け金利が低下し続けている場合、キャッシュアウト・リファイナンスと呼ばれる手法により現金を増やすことができます。

この手法は株式投資に例えると利益確定していない「含み益」を先に消費する行為です。

住宅を売らずに現金を増やせるというメリットがありますが、住宅価格の下落がリスクとなります。さらにローンの返済期間が長くなります。

3.まとめ

リファイナンスについて説明してきましたが、いかがでしたか?

借り換えるといっても戦略的に行うことによって様々なメリットが得られます。皆さんも融資を受ける際にはリファイナンスという可能性を考慮してみてはいかがでしょうか。