事業計画書の書き方徹底解説!テンプレートやサンプルを公開

 

 

事業計画書

魅力的な事業計画書を書くにはどうすれば良いでしょうか。事業計画書を作ったことがない場合、事業計画の立て方・作り方がわからないという人も多いでしょう。

そこで今回は、事業計画書を書いたことがない人でも魅力的な事業計画書が1から作れるよう、サンプルやフォーマットを用いながら解説していきます。

事業計画とは

事業計画書 初心者

事業計画とは、新しいサービスやビジネスを始める際に必要な事項を詳細にかつ簡潔にまとめた計画書のことです。

新規事業のコンセプトはもちろんのこと、市場や競合他社の調査、事業を展開するメンバーの紹介、マーケティングの手法、事業の収支計画など、盛り込むべき要素はとても多いです。一般的に、事業を展開するために必要な内容を、数年先まで計画に入れてまとめます。

事業計画書の作成をすべきかどうかという前提の議論もありますが、起業に際して資金調達をするのであれば、絶対必要になる書類です。資金調達を行うには、事業計画書なしでは、銀行から融資を受けることもできなければ投資家から投資をしてもらうこともできません。

事業計画書は必要か?

資金調達をする必要がない場合、そもそも事業計画書は必要なのでしょうか?

実際に事業計画書が詳細に作られてなかったり、事業計画書自体存在しない会社というのは多く存在しています。起業家の中には「事業計画書は必要ない」という人もいます。しかし、事業計画書は「必ず」といっていいほど作っておいた方が良いでしょう。

「事業計画書は事業の設計図であるし、地図でもあります」

事業計画書がないと、その事業がうまくいっているのか、そうではないのか、想定外のことが起こっているのか判断ができません。経営者や起業家のみならず、従業員やスタッフが、会社の方向性がわかる重要な資料になります。

さらに、事業計画書がないことにより、会社が資金調達をする必要性が出てきた場合、資金提供をする側から正しい判断をしてもらうことができません。これから新規でビジネスを始める人にとって、事業計画は必ず作成することをおすすめします。

 事業計画書を書く際に抑えておくべき重要なポイント5つ

事業計画書 ポイント

ここでは、事業計画書を立てるために大切なポイントを5つにまとめて紹介したいと思います。これから事業計画書を書く場合、以下の5つのポイントを参考にしてみて下さい。

  1. 誰に向けて書くのか
  2. ビジネスメンバーの説明は魅力的に書くこと
  3. どの領域で戦うのかを定めること
  4. 「調達希望金額」と「使用使途」を明確に記すこと
  5. 資本政策はきちんとエクセルで作成すること

(1)誰に向けて書くのか

事業計画書は資金調達の際、必ず必要となるものだとお伝えしましたが、「どこから資金調達をするのか」「誰に向けてプレゼンするのか」を意識して書きましょう。

例えば資金調達をする際には、「デット」と「エクイティ」による大きく2つの方法があります。

デットとは、銀行や日本政策金融公庫、信用保証協会、銀行などから借入をして資金調達することを指します。エクイティとは、エンジェル投資家や個人投資家、VC(ベンチャーキャピタル)から出資という形で調達することを指します。

デットで調達をするのか、エクイティで調達するのか、それによってもプレゼン内容を変えなくてはなりません。誰に向けて書くのか、ターゲットとなる人物像をきちんと設定し、事業計画をたてましょう。

(2) ビジネスメンバーの説明は魅力的に書くこと

事業計画書はビジネスプランだけでは判断されません。その事業に関わるメンバーによっても、評価の基準が大きく異なります。

メンバーのプロフィールをきちんと伝えましょう。その上で、メンバーのプロフィールは「限りなく魅力的」に紹介することが大事です。事業計画を通す際に重要なアピールポイントにもなります。

プレゼンする相手に、「このメンバーであれば投資しても大丈夫」と信頼してもらえるようなプロフィールを書きましょう。

「初めての起業でまだ何も実績がない」という場合は、「誰の発言に影響を受けたか」「起業をしようと決意したきっかけ」など、事業計画に関する自分の想いを盛り込んでおくと良いです。影響を受けた人のツイッターのキャプチャーなどを載せておくと、資料の印象もまた変わってきます。

しかし、あれもこれもとプロフィールに多くの内容を書くのは、それも逆効果です。事業計画は、「簡潔に書く事」が重要です。どうしてもプロフィールに載せた方が良いと思った場合は、後半に参考資料という部分を作り、そちらに記載しておくのがベストです。

(3)どの領域で戦うのかを定めること

事業計画を立てる際、「ビジネスモデルや収益モデル」を先行して書いてしまう人を多く見受けられますが、それはNGです。

このパターンで事業計画書を立ててしまうと、プレゼンする際にビジネスモデルに共感されなかった場合、そこで終了という風になってしまいがちです。

それよりもオススメなのが、まず新規ビジネスで戦う「領域」を定める事です。

「領域」を定めておく事で、ビジネスモデルに共感されなかった場合でも、そのビジネスの領域に共感してくれた場合、投資家から様々なアドバイスや意見をもらう事ができます。

要はプレゼン相手と「一緒にビジネスモデルをブラッシュアップ」して事業計画書を練り直していくことができるということです。

ガチガチに固めたビジネスモデル先行型の事業計画書は、プレゼン側からすると「YESかNOか」の答えを求められている気になります。

事業計画は「プレゼン資料」ではありません。

出来上がった事業計画書に対して、投資家から「YES NO」を求めるのものを作るのではなく、一緒に相談したり、意見を交わしながらブラッシュアップいく方が最終的に投資してもらいやすくなります。

また、「領域」を定めるだけでなく、その定めた領域で、「誰のどんな課題を解決するのか」「どういう価値を提供するのか」まで一歩踏み込んだ形で盛り込むことができると、さらに魅力的な事業計画書を立てることができます。

例えば、スマホアプリ「snow」を運営しているCampMobile株式会社の場合、「SNSの動画投稿」に関する部分がその会社の定めた領域です。また、そこで「動画を気軽に投稿したい」というユーザーの課題を解決し、その価値を提供することが領域から一歩踏み込んだアピールポイントになります。

事業計画書は、自分たちで考えて作っていくより、ブラッシュアップして作っていく方がより精度の高い魅力的なものに仕上がります。そのためにもまずはきちんと「領域」を定めた項目を作り、意見をもらえるような事業計画を作りましょう。

詳しくはこちらへ

(4)「調達希望金額」と「使用使途」を明確に記すこと

事業計画書には、必ず調達希望金額と使用使途を必ず記載しましょう。

デット(資金調達)かエクイティ(出資)、どちらで調達する場合でも同じです。いかに共感できるビジネスモデルが作れたとしても、ビジネス展開を考えた時に、一体いくら必要かがわからなければ、話が前に進みません。

ここで大事なのは、「調達額ありきの資金調達」をするのではなく「資金使途ありきの調達」を行うことです。
どういうことかというと、「この事業はいくらくらい調達できそうなのか」と考えるより、「この事業を達成するために◯億円の調達が必要だ」ときちんと伝える事が大事ということです。

資金使途ありきの調達がきちんとできているということは、言い換えれば、「ここにお金を使っていくと、この事業はここまで成長できる」という仮説が深いレベルで検証されていることがわかります。

また、使用使途を明確に決めることで、やるべきことが明確になり、リソースを集中させることができるので事業展開のスピードを早めることに繋がります。

反対に資金使途をあやふやに定めてしまうと、資金調達後、リソースが分散されやすく、事業計画と実際の資金の使用の仕方がずれていく可能性があります。

特にエクイティで調達しやすい風潮が昨今あり、予想よりもハイバリュエーション(高額の資金調達)で調達できてしまうケースがあります。

一見、資金が集まることは良いことだと思われがちですが、ハイバリュエーションで初期段階に調達できたあまりに、事業規模が大きくなった時に行う新たな次の資本政策がものすごく厳しくなります。

「同じ業種のスタートアップで〇〇億円調達できたところがあるから、うちはこれ以上だ」といったノリで決めてしまうことのないように、資本使途はきちんと定め、検証しましょう。

(5)資本政策はきちんとエクセルで作成すること

事業計画書の作成の際は、資本政策をきちんとエクセルで作成しておきましょう。エクイティで調達する場合、資本政策無しで投資家やVC(ベンチャーキャピタル)に交渉しにいくことは、戦場で丸腰で戦うようなものです。

また、資本政策に関しては一度実行してしまうと後から変更することができません。資本政策は初めに十分検討が必要です。詳しい資本政策のやり方とテンプレートに関しては下記のサイトを参考にしてみてください。

「スタートアップのための資本政策表の作り方とフォーマット・テンプレート」

(出典:東京スタートアップ会計事務所)

資本政策をエクセルでまとめる際には、そこに事業計画に関するビジネスモデルや収益モデルなどわかりやすく図にしていれておくと良いでしょう。

銀行側や投資家が、あなたの考えるビジネスモデルや収益構造を必ずしも理解しているわけではありません。常にわかりやすく表記をしておくことが大切です。

また、細かい資本政策は、数年会社を経営すると思い出せなくなる時があるので、きちんと保管をしておきましょう。

事業計画書に必要な13の項目(フォーマット)

事業計画 初めて

ここでは事業計画書に入れるべき13の項目を順をおって解説していきます。

1、会社概要

会社概要は必要なこと以外は書かず、なるべくシンプルにスッキリまとめることがポイントです。事業内容をたくさん書きすぎずポイントとなるもの1行だけでまとめて書きましょう。

主要取引先や弁護士など記載する必要はなく、ごくごくシンプルに記載すると良いです。

2、代表者(CEO)プロフィール

この項目はとても重要です。

プロフィールは嘘をついてはいけませんが、最大限に魅力的に書くことが大切です。謙遜したプロフィールは十分なアピールができません。「この事業をやるのにこの人がふさわしい」と言われるようなプロフィールを書いてアピールしましょう。

アピールの場ですので、顔写真もきちんと載せておく必要があります。なるべく写真は写真屋に取ってもらいましょう。実績の書き方も嘘はいけませんが、なるべく魅力的に書くことが重要です。

3、チームメンバーの紹介

代表者プロフィールと同様に嘘はついてはいけませんが最大限魅力的に書きましょう。パワーポイントなどで事業計画書を書く場合、代表者プロフィールに1枚使うのは良いですが、メンバーに1人1枚使わず、メンバー全員1枚でまとめておきましょう。ここで無駄にページ数を増やさない方が良いです。

投資家目線で考えるとスタートアップのチームメンバーは長く続かず途中で離脱する傾向があるので、チームメンバーがどれだけ代表者とこの事業にコミットできるのかをアピールしておくことが大事になります。なので、外注で頼んでいるチームメンバーを載せたり、フルコミットで事業に参戦しない役員などをメンバー紹介で載せるのは止めた方が良いでしょう。

当然、顧問の人を載せる必要もほとんどありません。

4、事業の領域

前述した通り事業領域をきちんと書くことはとても大切です。ビジネスモデルや収益モデルに投資家から理解が得られない場合でも事業領域に共感してもらえた場合、意見をもらいながら一緒に事業計画書を作っていくことができます。

5、ビジネスモデル(収益モデル)

大切なポイントは「素人でもわかるようにビジネスモデルを書く」ことです。

調達のラウンドが進み、シリーズAの上の方になってくると事業の理解度も深くなっていくので、事業領域に対する知見がかなり深まっていきます。しかし、どういう状況であれ投資家など相手が全然ビジネスモデルを理解できない場合もあるので、初めての資金調達の場面でもラウンドが進んでからの資金調達を目指す場面でもとにかくわかりやすい説明を心がけましょう。

「ビジネスモデルは?」と聞かれたら、一言で表現できるくらい簡潔に表せるようにしておくことが大切です。

6、市場分析

市場分析を書く上で絶対に必要なことは、必ず右肩上がりの「棒グラフ」を作成することです。必ず投資家には「市場が伸びてます」というアピールをしましょう。そのデータの出どころ(出典)もかならず記入しておきましょう。市場として上がっていない場合も、途中を省略するとか期間を絞るとかでとにかく絶対に右肩上がりの成長曲線を描いているグラフに仕上げてください。

そのグラフの説明文はグラフの右下か下側に入れましょう。基本的に書くのであれば右にグラフの説明を書くのが一般的です。

7、競合分析

事業計画書を作る上で類似の上場企業は前もってアタリをつけておきましょう。上場企業であれば有価証券報告書など分析もしやすいですし、競合があることで市場が活発であることが投資家にも伝わるので、競合はみつけておきましょう。

もし上場企業で類似のビジネスモデルがない場合、その市場がブルーオーシャンである可能性がありますが、反対に良い市場ではない可能性もあります。

8、成長戦略(短期戦略、中・長期戦略)

自社の成長戦略を考えるには、まず類似の上場企業のIR資料(成長可能性に関する資料)などをみて参考にしましょう。「成長可能性に関する説明資料」と検索すれば、様々な企業の成長戦略についての資料をみることができますので、そこからどのように資料を作成するのか自社の意向と合わせて作っていくと良いでしょう。

9、オペレーション(必要に応じて)

非常にわかりづらいビジネスモデルの場合、オペレーションを書いてわかりやすく説明しましょう。崇高なビジョンを抱えておきながらオペレーションがあやふやで投資家側から信頼を得られない事業計画書になっているものをたまに見受けます。

もし投資家側から伝わりにくい事業内容であったり収益モデルの場合は、オペレーションをきちんと記載しておくと良いでしょう。

10、人事

これはラウンドが進んでからでも良いのですが、どのようにして採用を増やしていくかを書く項目です。将来の成長戦略を考えた時に社員が大幅に必要になった場合、人事のことを記載する必要があります。

人材を採用するのにもコストがかかるので、いかに人材のミスマッチを防ぎ自社にあった人材を獲得できるのか、その会社の腕の見せ所です。最近ではリファラル採用やSNSで積極的に採用を促すベンチャーもありますので、参考にしてみましょう。特に人事の部分にコストをかけることができない初期のスタートアップの段階の企業におすすめです。

11、資本政策

前述した通り、資本政策はきちんとエクセルにまとめておくことが大切です。投資家や銀行から資金調達を行う際に非常に重要な書類です。創業からの資本政策の変更などもきちんとまとめておきましょう。増資をしたりストックオプションを発行したりするなど細かい資本政策の変更をきちんと修正し、保管してことが大切です。

事業計画書の中でも特に資本政策の部分は頻繁に外部の人に見せる機会がありますので見やすく正確なものを常に出せる状態にしておきましょう。

12、資本使途

資本使途を細かく定めておくと、「事業の分析をしっかりできている」と判断され高評価に繋がります。多額の資金調達を目的に多少盛った資本使途を作るよりも「地に足ついた」資本使途を作ることで信頼感のある事業計画書になります。

多額の資金調達をすればするほど、次回の調達が難しくなり次のラウンドに行きにくくなるので注意しましょう。こちらもエクセルでまとめておくと良いでしょう。

13、現時点での取り組み

現時点でこの事業に関する結果が既に出ている場合や、プロトタイプなど記載しましょう。投資家や銀行の人が全てのビジネスモデルを理解できるわけではありません。

わかりやすくビジネスモデルを説明することも大切ですが、現時点での取り組みで成果が出ていれば、さらに現実味を帯びた予測ができるので資金調達もしやすくなります。しっかりとしたアピールができ、資金調達の際にはポイントとなる項目です。

 

基本的に事業計画の項目としては、

  • 会社概要
  • 代表者プロフィール
  • チームメンバー
  • 事業の領域
  • ビジネスモデル(収益モデル)
  • 競合分析
  • 市場分析
  • 成長戦略(短期戦略、中・長期戦略)
  • オペレーション
  • 人事
  • 資本政策
  • 資金使徒
  • 現時点での取り組み

は事業計画書を作る際に考えるべき 項目です。売上に関する部分や、利益の部分、また先ほど説明した資本政策に関しては別紙にまとめておくと良いでしょう。上記の項目をすべて事業計画書に盛り込む必要はなく、上記の項目をさっと作った後にどの項目を事業計画書に載せるかを選んで作り上げていくイメージです。

事業計画のプレゼンは5分程度と簡潔に伝えた方が印象が良いです。10分以上、説明に時間をかけてしまうと、相手に長い印象を持たれがちです。事業計画のプレゼンを中心に行うのがメインなのではなく、その後のプレゼン相手(投資家や銀行)の人と事業計画に関してディスカッションをする方が大事です。

まとめ方はパワポなどを使用してまとめることが主流ですが、わかりやすければ特に決まりはありません。

「短くわかりやすく伝えられるものである」ということが大事です。

デットで調達を行う場合、例えば日本政策金融公庫や信用保証協会では、融資を受ける際に必要な書類のテンプレートがホームページにありますので、それを元に作っていくと良いでしょう。前述した通り、「誰に向けて書くのか」を意識して事業計画を作ることが大切です。「郷に入れば郷に従え」で、その相手のやり方に適した方法を選択してください。

日本政策金融公庫のテンプレート(日本政策金融公庫)

事業計画を立てる上でのポイント

事業計画

事業計画を立てるとなると、多くの場合はプレゼンの機会があるかと思います。例えば資金調達であったり、ビジネスコンテストに出たり、社内メンバーへの発表であったりなどが考えられます。ということは、事業計画を立てる際にも説得力が必要です。

では、前項での項目を踏まえた上で、事業計画での説得力を高めるためにはどうしたら良いでしょうか。

明確にしておきたいポイントは、主に以下の7つです。

  1. 事業テーマ:どんな事業をするのか
  2. 背景:どんな背景があるのか(業界事情を含む)
  3. 課題:事業を通して解決できる課題は何か
  4. 市場規模:どれくらいの市場があるのか
  5. 将来性:どれくらい伸びる見込みがあるのか
  6. 優位性:他社と比べて強みはどこか
  7. 実現性:実現可能なプランか

これらを明確にしておけば、いざプレゼンした時に、事業が成功する可能性が相手に伝わりやすくなります。

以下のピッチの記事も参考になるかと思いますので、興味のある方は読んでみてください。

ピッチとプレゼンの違いは?スタートアップでよく聞くピッチについて

事業計画書、参考にしてほしい実例(サンプル)

事業計画書 作成

今まで、事業計画について解説してきましたが、実際に書いてみようと思うと「どういう風に書けば良いのか」イメージがつきませんよね。ここでは、実際に資金調達時やプレゼンに使われた事業計画書2つの実例を紹介します。是非、参考にしてみてください。

「nanapi(ナナピ)」事業計画書

nanapi(ナナピ)は、生活を今よりもっと便利にするための「暮らし」に関わる情報や知識が集まる情報サイトです。こちらはnanapiの創業者である古川健介氏が、実際にnanapiの事業計画書を作った時の解説をしています。nanapiはこの事業計画書が元になって3億3000万円の資金調達を成功しているだけあって、非常に魅力的に考えて作られていることがわかります。

「trippiece(トリッピース)」

trippiece(トリッピース)は行きたい旅行プランに共感する人が集まると、実際にその旅行ができるという、旅行に関するソーシャルサービスを提供しています。いずれの事業計画書もわかりやすく図で表現されていたり、「簡潔かつ明確」に書かれているのがわかります。

事業計画書は作ってからが大切(まとめ)

事業計画書 重要

いかがでしたか?事業計画書を作るのには、いかに多くの項目があり、完成させるのが大変かと思われた人も多いでしょう。しかし、誰でもきちんとしたステップを踏めば、誰でも効率かつ魅力的に事業計画書を作成することができます。

その上で、大切になってくるのは、ビジネスプランが思いついたら、事業計画書をすぐに作って最後まで書いてみることです。完璧な事業計画書を最初に作ろうと思うとなかなか完成までたどりつくことができません。まずは自分が思い描いている事業プランの外枠を作ることからはじてみてください。事業計画書はスピーディーに作り、そこから見直しに時間をかけて、より良いものを作っていく方が効率的に作成できます。

さらに、完璧でない事業計画書を最初に作ることにより、様々な人に意見をもらうことができます。それにより、間違った方向に進んでいた場合、すぐに修正することができますし、よりよいものにブラッシュアップすることもできます。投資家側としてもガチガチに固められた事業計画書の説明をされるより、一緒に作っていくスタンスの方が愛着が湧きます。事業計画書は誰にも見せずに自分だけで作ろうとしがちですが、積極的にプレゼンをし、よりよいものにブラッシュアップしていきましょう。