エンジェル投資家とは?歴史から出資を受ける方法まで解説

エンジェル投資家

近年になり日本でも「エンジェル投資家」という言葉が起業界隈ではよく聞かれるようになりました。しかし、いきなりエンジェル投資家と言われても、その実態やどんな人がエンジェル投資家として活躍しているのか分からない点は多いでしょう。この記事では、

  • エンジェル投資家の活動
  • エンジェル投資家として活動している人
  • エンジェル投資家に投資してもらうまでの手段
  • エンジェル投資家に投資してもらうメリットとデメリット

について述べていきます。特に、エンジェル投資家の紹介では、twitterのIDや有効な連絡手段を掲載しているので、出資を検討されている場合は参考にしてください。

そもそもエンジェル投資家って?

まずはじめに「エンジェル投資家」が一体どういったものなのかについて述べていきます。

エンジェル投資家の歴史

いきなりエンジェル投資家といってもパッと想像しがたい所があると思います。まず第一にエンジェル投資家の語源、そして性質について述べていきます。

そもそもエンジェルという用語はイギリスの演劇事業へ資金を提供する富裕層を指した言葉になります。意外かもしれないですが、エンジェル投資家という専門用語が確立されたのは1978年と新しく、ニューハンプシャー大学ベンチャーリサーチセンター創業者のウィリアム・レッテル氏により、創業間もない企業への投資家に対して使用され始めました。

スタートアップ事業専門の個人投資家

エンジェル投資家の主な投資先は、起業し始めたばかりか起業しようとしてる人への出資が主な対象です。エンジェル投資家の方々は元起業家の方が多く、これまでのノウハウを生かして投資先を見ていくという形を作り上げています。

VCとの違い

エンジェル投資家とよく似た性質を持ってる投資形態として、ベンチャーキャピタル(以下VC)が挙げられます。VCとは簡単にいうと、他者が出資した資金を代理で、様々な新規ビジネスやスタートアップ系の企業に対して法人として出資する機関です。

ではエンジェル投資家とVCとの違いは何があるのでしょうか?

最大の違いは、個人か法人かということでしょう。個人であるエンジェル投資家の方が、法人であるVCに比べて出資に至るまでのスピードが早いです。実際エンジェル投資家の中には1、2回の面談どころか、Twitterやメッセンジャー上のやり取りだけ、さらには何も見ないで行う「ノールック投資」を行う方もいます。

一方で、VCは法人である以上、確実に利益が出るビジネスモデルかどうか、今後どの程度成長するかなどを事業計画書を見極めていく必要があるため、出資までにエンジェル投資家より必然的に時間を要する形になってます。

また、出資を行うタイミングにも違いがあります。エンジェル投資家は、それこそ起業したてで、事業が始まったか始まってないかのタイミングで出資を行うことが多いです。一方、VCは初期の成長を経て、そのまま事業を大きくしていく際に出資を行うことが多いです。

さらに、出資額においても違いがあります。エンジェル投資家とVCで出資をするタイミングが違うことも原因ではありますが、VCの方がエンジェル投資家よりも出資額が高くなる傾向にあります

しかし近年は、VCでも少額投資を行うところが出ており、出資額の差というのはなくなってきたと言ってもいいでしょう。

エンジェル投資家として有名な方々

エンジェル投資家

では、どのような方がエンジェル投資家として活動しているのでしょうか?ここでは主に日本でエンジェル投資家をしている有名人をリストアップしていきます。

グノシー創業者、代表取締役

出資例:株式会社AppBrew(コスメのコミュニティアプリ「LIPS」)など

元楽天株式会社副社長、元株式会社楽天野球団代表取締役、株式会社インテリジェンス創業メンバー

出資例:株式会社ビズリーチ(転職サイト「ビズリーチ」)など

株式会社フリークアウト・ホールディングス代表取締役社長

出資例:dely株式会社(レシピ動画サービス「kurashiru」)など

コーチ・ユナイテッド株式会社などの創業者

出資例:株式会社マネーフォワード(自動家計簿サービス「Money Forward」)など

  • 家入一真氏 (@hbkr)

GMOペパボ創業者

出資例:BASE株式会社(Eコマースプラットフォーム「BASE」)など

ハウツーサイトnanapiの運営会社元社長、共同創業者

出資例:株式会社Progate(プログラミングオンライン学習サービス「Progate」)など

クラウドワークス副社長兼COO

出資例:株式会社POL(理系人材のデータベース「LabBase」)など

元アエリア社。CFO現在は複数のベンチャー企業の役員・アドバイザー

出資例:株式会社Voicy(ボイスメディア「Voicy」)など

株式会社エウレカ代表取締役社長

出資例:ecbo株式会社(荷物預かりプラットフォーム「ecbo cloak」)など

ビットバンク取締役

出資例:YOYO Holdings Pte. Ltd.(東南アジアでリワード・プラットフォームを提供)など

『FRIL(フリル)』 を作った株式会社Fablicの創業者であり、代表取締役CEO

出資例:クラスター株式会社(VRイベントルーム「cluster.」)など

  • 千葉功太郎氏

株式会社コロプラ元代表取締役副社長

出資例:株式会社LocoPartners(高級旅館予約アプリ「Relux」)など

  • 有川鴻哉氏

株式会社ペロリにて、『MERY』立ち上げ時よりデザインおよびSEOを担当

出資例:株式会社Candle(女性向けメディア「KAREN」)など

  • 柴田陽氏

スポットライト代表取締役

出資例:株式会社オクト(建設現場の施工管理アプリ「ANDPAD」)など

  • 松本浩介氏

株式会社enish取締役

出資例:ウォンテッドリー株式会社(ビジネスSNS「Wantedly」)など

  • 川田尚吾氏

DeNA共同創業者

出資例:スマートニュース株式会社(ニュースアプリ「SmartNews」)など

  • 杉山全功氏

株式会社enish代表取締役社長

出資例:akippa株式会社(駐車場シェアリングサービス「akippa」)など

 

ご覧のように、今回リストアップした方を含め、エンジェル投資家の方々は少なくとも一度は経営に携わっています。彼らは投資の是非を、自分たちが経営者として得てきたノウハウを元に判断する事があります。また、そのノウハウを起業家へ教えることも珍しくなく、そのことも含めてエンジェル投資を選ぶことのメリットといえるでしょう。

エンジェル投資家を探すには

では、SNSやコミュニティ以外にエンジェル投資家を探す方法はあるのでしょうか?見てみましょう。

起業を学べる塾・セミナー・オンラインサロンなど

起業を学べるような場所で様々な人脈を持った人と知り合うという方法です。塾やセミナー自体はエンジェル投資家を紹介してくれるかわかりませんが、来ている人たちはみんな起業に興味のある人たちです。情報交換を積極的にしてみましょう。ただし、受講料が高額だからといって必ずしも身になるとは限らないので、内容はしっかり見極めるようにしましょう。

おすすめは実際に起業した実績のある人のサロンです。例えば、当サイト「pedia news」を運営している株式会社TIGALAの正田圭も、起業家向けの「pedia salon」を展開しています。正田圭自身も複数回の起業&イグジットを経験した連続起業家であり、ベンチャー界隈の繋がりが強いです。 実際に、pedia salon内でベンチャーキャピタルやエンジェル投資家などと繋がる機会も多く、エンジェル投資家を探している起業家にとっては有益な情報を得ることができます。 このように、過去に起業やイグジットの実績がある方は、エンジェル投資家との繋がりも強いのが特徴です。

連続起業家を目指すオンラインサロン pedia salon

ビジネスコンテスト

起業したばかりのスタートアップ企業を対象に行っているプレゼンテーション大会など、ビジネスコンテストに出場するのも知り合うきっかけとなります。

ビジネスコンテストの審査員が投資家やVCの方々だったりするので、事業に対する自分の想いまで伝えられるチャンスです。また、受賞して投資家とマッチングできるということもあります。

交流会やイベント

多くの方が参加するので、そこからまた繋がるチャンスがあります。また、事業計画の評価をしてくれる人もいますし、情報収集のためにも積極的に参加すると良いでしょう。

知り合いに紹介してもらう

知り合いの知り合いがエンジェル投資家という可能性もあるので、知り合いを当たるのも良いでしょう。知り合いを通じての方が話が有利に動くこともあります。

エンジェル投資家に投資してもらおう

デューデリジェンス とは

様々な方がいらっしゃるエンジェル投資家ですが、どうすれば彼らから支援してもらえるのでしょうか。基本的に直接アポを取り面談を行うなど、個人によって求める事は違います。ここではエンジェル投資家に出資をしてもらうまでの道のりを書いていきます。

SNSを『全力で』有効活用しよう

エンジェル投資家や実業家の方々にはSNSを有効活用されてる方が多く存在します。

エンジェル投資家の中には、事業計画書のみならず人間性やその人のバックグラウンド、思想を重視している人もいます。SNSは、スレッドなどによる過去の、そしてリアルタイムでの発信を追って見れるので、それによりエンジェル投資家と出資希望者でつながりを持てる可能性があります。TwitterなどのSNSは、実績の有無に関係なく、しかも連続的に繋がるチャンスを含んでいるツールで

無料のSNSで発信し続けるだけで、まだ立ち上がってもいないビジネスの可能性を見出してくれる人が現れる。出資を受けるチャンスが巡ってくる。つまり、短期間でいとも簡単に一段階、人生ステップアップできてしまうわけです。これはインターネットやSNSが浸透したから生まれた現象にほかなりません。

インターネットによって、非常にお金が回りやすい世の中になりつつあるのです。

この時代に投資家になるということ/正田圭(星海社出版)

コミュニティを活用した方法

アメリカでも、2012年まで不特定多数のエンジェル投資家から出資を受けるのは禁止されていましたが、法改正により複数人の投資家から支援を受けることが可能となりました。その結果「エンジェルリスト」という、個人間で出資の話を行えるプラットフォームができました。

そして現在日本でも似たような形で、エンジェル投資家と出資希望者とを繋ぐプラットフォームが確立されています。代表的なものに「Founder」「グッドエンジェル」「資金調達マッチング」などがあります。まだこれらのサービスを用いて大きく成功した事例の数は多くないですが、少しずつ増えてきております。

また、中には投資先でどのようなコミュニティと触れ合うことが出来るのか、という事を投資のリターン以上に気にしている人もいます。そういう意味合いも含めて、エンジェル投資家はバックグラウンドを重要視する人が多いのです。

起業して間もない会社に投資する「エンジェル投資家」も最近増えてきていますが、彼らも、投資する際のリターンだけでなく、投資することによってどのようなコミュニティに参加できるようになるのか、をすごく気にしています

この時代に投資家になるということ/正田圭(星海社新書)

出資したくなるビジネスモデルを作ろう

続いて出資を受けるハウツーになります。これについてはVCと比較的似たような点があります。まず、ある程度明確なビジネスモデルや事業計画については間違いなく必要になってきます。単純に勢いだけだったり、特に深い理由もなく普通のサラリーマンをしたくないというだけではまず出資してもらえないでしょう。(ごく稀に例外もあります。)

エンジェル投資家は人物像もよく見る

しかし、エンジェル投資家はスタートアップ企業への出資を主としているので完璧な事業計画、特にファイナンスや金銭面においての完璧な事業計画はできなくてもある程度通用する人はいます。

上記でも述べたように、エンジェル投資家は起業したい人のバックグラウンドや今日にいたるストーリーなど、「人」を見てくるところがあります。なので、わからないことについてはその都度エンジェル投資家に聞きながら事業計画を完璧に仕上げたり、起業後の動きについても様々なノウハウを得ることが可能になります。

エンジェル投資家から出資を受けるデメリット

エンジェル投資家

ここまでエンジェル投資家から資金調達を行う方法や恩恵について述べてきました。しかし、エンジェル投資家から出資を受けることによって発生するデメリットもあります。

エンジェル投資家というのはあくまで個人の投資家です。なので、VCと比較すると出資される額については少なくなります。加えて近年はVCでも低額の金額から出資してくれるところも多くなってきています。

加えて一人のエンジェル投資家から得られる資金は限られるため、多数のエンジェル投資家から支援を受ける必要が生じる場合があります。加えて、エンジェル投資家は出資はしていても事業内容や技術に対して理解をしていない事もしばしばあります。そのため多数のエンジェル投資家に事業の説明などで会話する時間を割く、いわゆるコミュニケーションコストが高くなることがあります。

また、エンジェル投資家は比較的会社のバリュエーションを高く設定してくれます。そのため株保有率を大きく取られないという利点は発生します。しかし、バリュエーションを過度に高く設定するようにさせられる事もいくばくかあるため、次のラウンドにおいて他の投資家から投資を受けることが困難となる可能性がでてきます。

資金調達について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

資金調達の方法!事業を加速させる資金調達方法のメリット・デメリット

デビル投資家って?

デビル投資家って?ところで巷で話題になっている「デビル投資家」を、あなたは聞いたことがあるでしょうか。

企業が成長し始めた途端に株主権限を使って難題を押し付けたり、事業が失敗したら投資分を返還するように言ってきたりするような、エンジェル投資家のお面を被った投資家のことです。

日本でもユニコーン企業が出現したことにより、近年はエンジェル投資家に注目が集まっています。また、それに伴って誰でも登録できるマッチングサイトなども増えています。詐欺のようなことを企むや利益を求めるばかりの人がいてもおかしくありません。

このように、エンジェル投資家といっても様々な人がいます。人として信頼できるか、経営に関して的確なアドバイスをくれるかを、早い段階でしっかりと見極めることが大切です。

エンジェル投資家になるには?

エンジェル投資家になるには?エンジェル投資家になるには?

起業がうまくいったあかつきには、自分もエンジェル投資家になりたいという人も少なくないと思います。実際にそういう人も多くいます。

最近ではエンジェル投資家にもなりやすくなっています。「エンジェル税制」というものが日本でも導入され、例え投資した企業が損失を出してしまっても一定条件下なら控除されるのです。

では、どうしたらなれるのでしょうか。以下を満たしていると望ましいといえます。

  • 投資するためのある程度の資金がある
  • 経営や資産に関する経験や知識を持っている
  • 企業が成長するかを見極める目がある(もしくはその企業に希望を託すことができる)

エンジェル投資家になる人は起業経験者だけではなく、大企業のトップの方なども意外と多いです。

投資する方法は直接投資以外に、証券会社やファンド、クラウドファンディングを通じた投資があります。

エンジェル税制の適用条件

エンジェル税制の適用条件

では、ここでエンジェル税制の条件について詳しく見てみましょう。投資する側だけでなく投資される側も、知っておいて損はありません。

そもそもエンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資を行なった個人投資家が優遇措置を受けられるという制度です。これはベンチャー投資を促進するために取り入れられたものです。

資金の払込期日のタイミングでベンチャー企業要件と個人投資家要件が満たされていないと適用されません。では、この二つがどんなものか見ていきましょう。

ベンチャー企業要件

優遇措置要件にはAとBの二種類あります。どちらも該当する場合は、投資時点にメリットが大きい方を選択します。

優遇措置要件A

対象となる企業

  • 創業(設立)3年未満の中小企業社である
  • 下の表の要件を満たしている

 

設立経過年数 要件
1年未満

(最初の事業年度が未経過)

研究者か新事業活動の従事者が2人以上で常勤の役員・従業員の10%以上を満たしている
1年未満

(最初の事業年度を経過)

研究者か新事業活動の従事者が2人以上で常勤の役員・従業員の10%以上

直前期までの営業キャッシュフローが赤字

1年以上〜2年未満 以下のいずれか

  • 試験研究費などが収入金額の3%超で直前期までの営業キャッシュフローが赤字
  • 新事業活動従事者が2人以上で常勤の役員・従業員の10%以上を満たしており、直前期までの営業キャッシュフローが赤字
2年以上〜3年未満 以下のいずれか

・試験研究費などが収入金額の3%超直前期までの営業キャッシュフローが赤字

・売上高成長率が25%超で営業キャッシュフローが赤字

優遇措置要件B

対象となる企業

  • 創業(設立)10年未満の中小企業社である
  • 下の表の要件を満たしている

 

設立経過年数 要件
1年未満 研究者か新事業活動の従事者が2人以上で常勤の役員・従業員の10%以上を満たしている
1年以上〜2年未満 試験研究費などが収入金額の3%超

新事業活動従事者が2人以上で常勤の役員・従業員の10%以上を満たしている

2年以上〜5年未満 以下のいずれか

  • 試験研究費などが収入金額の3%超
  • 売上高成長率が25%超
5年以上〜10年未満 ・試験研究費などが収入金額の5%超

 

ここでの「研究者」は具体的に言うと、以下の通りです。

  • 特定の研究テーマに対して研究を行なっている
  • 社内で主に研究をしている
  • 試験研究などに支出がなされる

「新事業活動の従事者」は具体的に言うと、以下の通りです。

  • 新規製品やサービスの企画あるいは開発に従事している
  • 新規製品やサービスが認知されるために必要な広告・宣伝や市場開発の企画を行なっている

「試験研究費」には、単純な試験研究費だけではなく、採用や新技術の改良、事業開始のための費用も一部含まれています。

他にも以下のような条件があります。

  • 特定の株主グループからの投資の合計が5/6を超えない会社
  • 大規模法人や大規模法人グループに属していない
  • 未登録・未上場
  • 風俗営業などに該当する事業を行なっていない

個人投資家要件

譲り受けた株式や現物出資で取得した株式は対象となりません。株式や金銭の払い込みによって対象会社の株式を取得していることが必須です。

また、対象会社が同族会社である場合には、所有割合が大きいものから順に3番目までの株主の所有割合を加算していき、50%に達した時点で株主に属していないことも必須条件です。

※同族会社:その会社の3人以下の株主がその会社の株式または議決権を50%を超えて保有している会社のこと

エンジェル投資家の先進国、アメリカでは

エンジェル投資家

では、アメリカのエンジェル投資家たちはどんな人たちなのでしょうか。

なんとアメリカではエンジェル投資家が仕事として市民権を得ており、フルタイムで働く人も出てきているようです。また、彼らの年齢層は日本と比べるとやや高めです。

元々シリコンバレーの発展を支えたのはエンジェル投資家たちであるため、やはりアメリカではエンジェル投資家という存在が偉大なものとされているのでしょう。Uberに投資したジェイソン・カラカニスが本を出版して、日本でも話題になりました。

これまでに述べてきたように、オバマ大統領になってからの新しい法律(JOB ACT法)により、複数の投資家に向けたベンチャー企業の資金募集を公開できるようになりました。「エンジェルリスト」というプラットフォームによって、VCよりも個人間のやり取りの方が盛んになってきている傾向にあります。元々起業家だったエンジェル投資家たちであれば、大規模VCのパートナーになるよりも自身でやる方が合っているのかもしれません。

義理人情を重んじる文化の日本よりもややドライな部分はあるかもしれませんが、アメリカのエンジェル投資家が投資先を決める基準などは、日本のエンジェル投資家とそこまで大きくは変わりません。

エンジェル投資家は、資金と知識を提供してくれる

エンジェル投資家

自己資金だけでもベンチャー企業やスタートアップ事業を立ち上げることは可能ですし、そのような企業は多数あります。しかし大きな事業を行うなら自己資金以上の資金が必要になります。そのため多くの起業家は起業する際、事業を興す際に資金調達を行う必要性が発生します。さらにはいざ起業してみても右も左も分からないことから不安になるときもあるでしょう。

エンジェル投資家は、資金や、経営のノウハウについてを提供してくれますし、エンジェル投資家に投資してもらうことで得られるコミュニティもあります。起業する際VCやICOにて資金調達するのもいいですが、人との関わりもという点を含めてエンジェル投資家に相談してみるのも選択肢に入れてみてはどうでしょうか。