ホワイトナイトの意味とは?事例や問題点などを交えて解説

ホワイトナイトとは

M&Aは双方の合意があって成り立つものであり、基本的には友好的な取引になります。

しかし、一部友好的でない場合もあり、それを敵対的買収といいます。

敵対的買収とは、買収対象会社の取締役会の同意を得ないで買収を仕掛けることをいいます。

過去の事例には、ライブドアがフジテレビの経営権を取得するべく、その親会社であるニッポン放送の株を同意なしに買い占めたということがありました。

この敵対的買収は相手の合意もなく仕掛けるのですが、仕掛けられた側の対抗手段もあります。

それがホワイトナイト(White knight)です。

この記事では、ホワイトナイトについて事例を交えて詳しく解説しています。

ホワイトナイトとは?

ホワイトナイトとは,敵対的買収

ホワイトナイトとは、ある会社が敵対的買収をしかけられている際、その買収者に対抗し、第三者として友好的な買収または合併をして助けてくれる会社のことです。

企業防衛対策のひとつであり、一般的には敵対的買収をしかけられた側が、友好的に買収してくれそうな企業に呼びかけ、買収あるいは合併してもらうことで自社を守るという戦略になります。

しかし、ホワイトナイトを見つけること自体が難しいという問題点もあります。

敵対的買収をしかけられ、急遽他の企業に助けを求めるわけですから、ホワイトナイトとなる企業にとっては想定外のM&Aということになります。

また、身売りの意思表示を公にすることで、競合会社からの買収を誘引する可能性もあります。対象企業と競合関係で買収が実現すると自社の市場シェアが大きく低下することになりかねません。

また、買収後の経営においても問題は出てくる可能性が十分に考えられます。

ホワイトナイトによる防衛手段

ホワイトナイト,敵対的買収

敵対的買収をしかけてきている企業に対抗する手段はいくつかあります。

カウンターTOB

TOBとは、株式公開買付けのことで、決められた期間に、決められた株数、一定の価格で買いますと宣言することで、不特定多数の株主から株式を買い集める行為のことです。

その目的としては、企業の経営権を取得して企業の買収や子会社化をすることが多いです。

カウンターTOBは、敵対的買収をしようとしている企業よりも高い価格でTOBをかけることです。

ただ、TOBには多大な資金力が必要になるので、ホワイトナイトとなる企業もそれなりに力(資金)をもっていないといけないことになりますし、友好的に買収といっても負担にはなるわけですから、それなりのWIN-WINの関係がないといけないということになるでしょう。

TOBについて、詳しくは以下をご覧ください。

TOBの手続き方法を徹底解説!TOBの事例から株価の影響まで

第三者割当増資

第三者に新株を割り当てて増資するいわゆる資金調達の一つとして使われる手法です。融資ではなく投資なので、返済義務がないといったメリットがあります。敵対的買収を受けた企業が、買収会社の持ち株比率を低下させるための防衛策の1つとして、ホワイトナイトに対して行うこともあります。

第三者割当増資とは?意味やメリットから手続き方法まで解説

クラウンジュエル

クラウンジュエルは、簡単にいうと会社の大事な資産です。

その大事な資産を買収側は欲しているので、それを例えば友好的に買収してくれる企業(ホワイトナイトとなってくれる企業)に譲渡するなどして、会社の価値を下げ買収意欲を低下させたりする方法もあります。

クラウンジュエルとは?敵対的買収を防ぐための発動要件や問題点について解説

予防策と対抗策

ホワイトナイト,敵対的買収の対抗策

ホワイトナイト以外にも敵対的買収からの防衛手段はいくつか存在するのですが、それらは「予防策」と「対抗策」という二つに分けることができます。

例えば、予防策だと「ポイズンピル」というものがあります。

敵対的買収をしかけてきた企業がある一定比率の株式を取得した際に発動、その敵対的買収者以外の株主に新株を発行して、持ち株比率を下げることで買収意欲を削ぐという戦略になります。

ポイズンピルというのは文字通り毒薬ということであり、あらかじめ仕込んで対策するという形になりますね。ですので、敵対的買収を受ける前に仕掛けておかなければいけません。

一方ホワイトナイトは「対抗策」です。敵対的買収を仕掛けられる前から何かを仕込む必要はなく、仕掛けられてから対処することができます。

このように、防衛策というのはホワイトナイト だけでなく他にも手段はたくさんあります。どちらが優れているということではなく、ケースバイケースによってそれぞれの策を戦略として取り入れる必要があるでしょう。

ホワイトナイトの事例

ホワイトナイト事例

ホワイトナイト については日本でもいくつか行われてきた歴史があるので、実際の事例も見てみましょう。

ライブドア事件


フジテレビの経営権を取得するべく、その親会社であるニッポン放送の株をライブドアが買い占めていましたが、その途中でSBIが現れました。

ニッポン放送が保有するフジテレビ株をSBIがすべて貸株をして受け取り、フジテレビに対しての議決権(経営権)をニッポン放送から剥がしたのです。

そうすることで、ライブドアはニッポン放送を買収してもフジテレビの経営権は握れないということになり、結果的にSBIがホワイトナイトとして助けたという形になりました。

ドン・キホーテとオリジン東秀


次世代型のコンビニエンスストアを作り上げるべく、ドン・キホーテはあのオリジン弁当で有名なオリジン東秀を敵対的TOBで買収しようとしていました。

しかし、そこにイオンがホワイトナイトとして登場。TOB合戦を繰り広げた末に、最終的にはイオンが勝ち、ドン・キホーテは持っていたオリジン株をイオンに売却。

ドン・キホーテは買収失敗という形になりました。

ソレキアとフリージア・マクロス


押出機などを扱うフリージア・マクロスの会長である佐々木ベジ氏がシステム開発会社ソレキアに敵対的TOBを仕掛けました。

そこに、ソレキアと兼ねてから取引のあった富士通がホワイトナイトとして登場。フリージアとのTOB合戦を繰り広げました。

しかし、富士通はフリージアとのTOB合戦に負けて撤退、ホワイトナイトは失敗という形になりました。

ホワイトスクワイアとの違い

ホワイトスクワイアと何が違うの?ホワイトスクワイア(White squier)というものがあります。これは「白馬の従事者」という意味です。ホワイトナイトとの違いを見ていきましょう。

ホワイトスクワイアは、ホワイトナイトよりも緩やかな影響力を有することを目的として、敵対買収を仕掛けられた企業の株式を一部取得する第三者のことを指します。

ホワイトスクワイアは対象となる企業よりも大きい企業だけでなく、同じ規模や小さい規模も候補になりえます。また、対象となる企業はホワイトナイトに比べて自主独立性を保つことができます。その代わり、救済した企業から何かしらの形で経済的メリットを付与するよう求められたりもします。

まとめると、以下の点で異なります。

  • 株式の所有率
  • 対象企業の自主独立性
  • 候補の規模が幅広い

まとめ

ホワイトナイト まとめ

敵対的買収を防ぐことができるホワイトナイトですが、万能な策というわけではありません。問題点ももちろんあります。

また、他にも防衛手段はあるので、どういった防衛戦略を施していくかは企業によってケースバイケースになるでしょう。