ベンチャー企業とは?中小企業との違いや向いている人材など解説

ベンチャー とは

求人情報をチェックしていると気になるベンチャー企業の数々。よく、ニュースでもベンチャー企業と表現されることがありますが、そもそも“ベンチャー企業”とは一体どのような企業を指すのでしょうか?

「設立間もない会社?」
「それとも少数精鋭の会社?」
「IT企業?」

明確に答えられるという方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は「ベンチャー企業」について解説していきます。

ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業

ベンチャー企業の定義

“ベンチャー(venture)”のもともとの意味は「冒険的な」という意味です。そこから転じて、大企業では手を出しにくい、冒険的で創造的な事業を立ち上げる企業や、事業そのものを「ベンチャー」と意味するようになりました。

ベンチャーという単語はありますが、「ベンチャー企業」と表現するのは日本だけで、いわゆる和製英語になります。そんな意味を持ったベンチャー企業ですが、「どういった会社がベンチャー企業であるか」ということに対しては、実は明確な定義がありません。

ただし、明確な定義というのはありませんが、一般的にいうと以下のような企業を指すことが多いです。

  • 成長過程にある企業(成長率の高い企業)
  • ベンチャーキャピタル(VC)など、投資機関から資金援助を受けている企業
  • 比較的新しいジャンルの業種(IT、アプリ、VR、Fintechなど)

特に2000年以降、IT技術の進歩により台頭したIT企業の席巻によりベンチャー企業という言葉が流行りました。最初は小規模で事業をスタートしたとしても、上場して規模を拡大するベンチャー企業も少なくありません。

ベンチャー企業の特徴

ベンチャー企業の特徴は、行なっているビジネスがまだ発展途上の状態というところにあります。ベンチャー企業の成長ステージは、おおむね「シードステージ」、「アーリーステージ」、「ミドルステージ」、「レイターステージ」と区分されることが多く、どのステージにいる会社に属するかで状況も変わってきます。

スタートアップ

「シードステージ」は事業がまだスタートする前の準備の段階なので、どちらかというとこれからベンチャーを立ち上げる時期で、「アーリーステージ」は事業を開始して間もない時期、「ミドルステージ」は事業が安定にしつつあり収益化もできている時期、「レイターステージ」は事業を発展させ、成熟しようとしている時期になります。

なので、一括りにベンチャー企業といっても、資金が揃って今からいざ始まろうとしている企業から、ある程度収益化できていてメディアなどから注目をされている企業まで幅広く定義されています。

このように上記の過程を経て、ビジネスを成長させていくのがベンチャー企業の特徴といえます。

最近ではサイバーエージェントやDeNAな小規模なベンチャーから始まり、大企業レベルにまで成熟していった企業を「メガベンチャー」と呼んだりしています。

しかし、ほとんどのベンチャー企業は、将来的に大きく成長する可能性を秘めてはいるものの、現段階では財政的に厳しく投資機関から援助を受けている企業が多いです。大企業のようなネームバリューや福利厚生ではなく、その会社が掲げるビジョンに共感する人を中心に人材を雇用し広げていきます。

シード期やアーリー期は友人の紹介や起業コミュニティーから紹介を受けるなどして人材を集めたりするなどして補填していきます。ミドル期になってくると優秀な人材を集めるために大企業よりも初期の給与を高く設定している企業もあります。大企業のような安定性が確約されているわけではありませんが、自分のスキルや経験を活かして、会社を共に大きくしていけるプロセスを歩める可能性のある職場環境があるといえるでしょう。

ベンチャー企業というと、よく中小企業と同じと考える人が多いのですが、中小企業というのは定義が以下のように決まっています。

【製造業・建設業・運輸業・その他の業】
資本金額:3億円以下
常時従業員数:300人以下

【卸売業】
資本金額:1億円以下
常時従業員数:100人以下

【小売業】
資本金額:5千万円以下
常時時従業員数:100人以下

【サービス業】
資本金額:5千万円以下
常時従業員数:50人以下

ベンチャー企業の成長度合いによっては中小企業の部分に入ってる企業もありますが、メガベンチャーのような大企業に分類されるレベルの企業もベンチャーと呼ばれるので同じではありません。

ベンチャー企業で働くメリット、デメリット

ベンチャー 特徴

ベンチャー企業で働くには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

①実力次第で、昇給・昇格しやすい

新卒に関わらず、その人自身の成果や期待値によって、どんどん昇給したり、管理職やプロジェクトの責任者となるポジションに大抜擢されたりということが起こりやすいです。大企業だと、決まった昇給基準があり、他のメンバーとの兼ね合いもあって昇給や昇格のタイミングが遅れることがあります。それに対し、ベンチャー企業の場合、新卒2年目でグループ会社の社長に抜擢されたり、昇格して20名規模のマネジメント職についたりと、大抜擢が起こる可能性もあります。

②意思決定のスピードが早い

ベンチャー企業は一般的に組織がまだ小さい分、意思決定のスピードがとても早いです。大企業であれば、組織が大きい分、許可をとるのに相当な時間を要します。また、稟議書を何枚も作成すると言った手続きも不要であり、まして社内政治への配慮や社内的根回し等も不要です。ベンチャー企業のスピード感が当たり前だと思っていると、取引先の大企業でなかなか話が進まない状況が理解できないかもしれません。

③経営者との距離が近い

ベンチャー企業は大手企業と比較して、社長との距離が近いといえます。そのため、社員の意見が反映されやすく、経営の仕方を学ぶこともできます。また、社員として目の前の仕事だけでなく経営者の価値観や理念、仕事の仕方など深いところまで知ることができます。

④担当する業務の範囲が広い

成長途中の段階のベンチャー企業では、仕事の内容が増えて行くのに対し社員数が少なかったりします。自分が担当するプロジェクトを1から企画し、マネジメントや管理、実行からすべてを行うケースもあるでしょう。大企業のように細かく業務内容を分け、それぞれに担当がいるようなことができないため、必然的に全体的に仕事を覚えて行くことができます。

⑤仕事に対して自分のアイデアや考えを活かせる

④のような仕事のスタイルのベンチャー企業では、自分自身が1つのプロジェクトを任されることが多く、それに対して自分で考えて仕事を1つ1つ進めていかなくてはなりません。その過程で、いろんな案を自分で出して進めていくことができるという、大企業と比べ、自由度の高い仕事をすることができます。経験が少ない中で、結果を出すために自分で解決して仕事を進めていくベンチャー企業のスタイルは、思考力が磨かれます。

⑥幹部も十分狙える

うまくいけば事業規模がどんどん大きくなるのがベンチャーの特徴です。そのため、実力さえあれば入社間もない社員であっても実力次第で社長の右腕や幹部候補になれるチャンスがあります。管理職や幹部へ昇進する機会に数多く恵まれることになる点でもベンチャー企業は魅力的と言えます。

⑦自由な社風が多い

ある程度収益化がされたベンチャー企業に多い特徴として自由な社風をとる企業が多いという風潮があります。私服出勤やフレックス制、リモートワークなど自由な働き方を実践している会社が多いです。

デメリット

①仕事の進め方が自己流になっていく。

仕事の進め方の自由度が高い分、仕事への取り組みが自己流になる部分が多くあります。他の企業と仕事のやり方が違うので意思疎通がしずらくなったり、仕事の教え方、進め方が人によって違うスタイルであることが多く、後から入社した場合、自分から積極的に先輩社員に聞かないと仕事が進まないケースが多いです。

②ブランド力で営業できない

大企業と比較するとブランド力が劣るのがベンチャー企業。自分そのものの営業力で勝負していかなければなりません。大企業と比べると社会的地位や信頼度が大きく下がるので営業には苦労します。そういったことがハンデとしてある分、経営者の大企業時代のネットワークやリソースを使うところからスタートしているベンチャー企業も多数あります。

③大規模なビジネスへ発展しにくい

メガベンチャーと呼ばれる企業のようにスタートアップから、著しい速度で急成長を遂げるベンチャー企業もありますが、それはごく一部の本当に稀なケースです。ベンチャー企業の経営を支えてきた人のほとんどが、「限られた資本、社員数で数千万〜数億規模のビジネスを行うのがやっとで、数百億規模のビジネスまでどういうプロセスで展開していけば良いのかイメージが湧かない」といいます。ベンチャー企業のほとんどが事業規模を拡大することが困難であるといっていいでしょう。

④会社の価値観と合わないと居心地が悪くなる

良くも悪くも社員数が少ない分、会社のビジョンが色濃く反映されます。規模が小さい分、大きく事業内容が変わったり、経営体制が変わる場合も多くあります。そんな雰囲気の中、めまぐるしく業務が進むので、会社のビジョンや、会社のメンバー、社風に合わないと、働いているうちにストレスを大きく感じて行くようになります。違和感があるまま入社すると後々大変になります。

⑤倒産リスクが高い

創業3年以内に90%以上の会社が倒産すると言われています。ベンチャー企業のほとんどが歴史が浅く、その分倒産リスクが高いです。社長に経営者の資質がなかったり、資金力が十分ではないため資金繰りが悪化して不渡りを出してしまうなど、いつ倒産するかわからないリスキーな部分もあります。

ベンチャー企業に向いている人材

ベンチャー 方法

うまくいけば会社が成長していく過程を経験することができるベンチャー企業への入社。そんなベンチャー企業で働くのに向いているのはどのようなタイプの人でしょうか。

1、変化を楽しめる人

ベンチャー企業は日々様々なことが起こります。また、新しいものを創り出す・イノベーションを起こす、という考え方が普及している環境でもあります。そのため、そのような変化を楽しめる性格を持っている人なのかは、とても重要です。

2、自ら物事を作り出すのが好きな人

ベンチャー企業が成長するには、大企業がやるより先に新しい手法を取り入れて実行していくことが必要です。経営陣との距離の近さも重なって、個々のアイデアが柔軟に受け入れられる風土があります。自ら提案し、仕事を作り、そこで価値を創り上げることで信頼を得る。そのことを楽しめる人にはもってこいの環境といえます。

3、困難に対処することが好きな人

ベンチャー企業には解決しなくてはならない多くの課題があります。そういった課題に直面した時に逃げないタフさも必要です。いろいろな環境の変化にも立ち向かえる人が適しているといえます。

4、素早く実行できる人

多くの仕事量をこなしつつ、新しいアイデアをださなくてはいけない状況では常にスピード感が求められます。とにかく行動に移す、やってみる、というのが極めて重要です。短期間でアイデアを出し、実際に市場の調査をして、検証をする。リリースをするまでに時間をかけてはいけません。

5、上昇志向であること

ベンチャー企業の醍醐味は、変わり続けながら会社も自分自身も成長していくことにあります。自らが自発的に動き、会社を成長させるためにどのようなことを変えなくてはならないのか。常に新しい知識やスキルを取り入れて、アップデートしないといけません。変わり続ける力は極めて重要です。

ベンチャー企業に向いていない人材

受け身の人はベンチャー企業には向いていません。いわゆる指示待ちになってしまう方です。他にも以下のような人はベンチャーには向いていないと言えます。

  • マニュアルがないとわからない
  • 決まったルールがないとやりずらい
  • 定時ピッタリに帰りたい
  • 新しいことは面倒だからしたくない

ベンチャー企業は「新しいサービスや物を生み出す」という風潮があります。それに見合ったメンタリティーでないとベンチャー企業で働くのは厳しいと言えます。「仕事が趣味」のレベルで仕事に打ち込めるくらいのメンタリティーが必要です。

ベンチャー企業で働きたい人のためのオススメ求人サイト3選

「ベンチャー企業で働きたい!」でも「どこから選べば良いかわからない」という人にベンチャー企業向けの転職サイト3選を紹介します。

Wantedly

Wantedly

Wantedly

Wantedly(ウォンテッドリー)は、「はたらくを面白く」をコンセプトにしたサービスです。会社のビジョンやミッションが明記されていて、自分に合った仕事を探したり、共感できる仲間とつながったり、仕事仲間のつながり管理を行う事ができます。IT・Web業界のベンチャー企業やスタートアップの求人が中心で、エンジニア・デザイナー・ディレクター・セールス・マーケティングなどの職種が多いです。

Green

Green

Green

Green(グリーン)は、IT・Web業界の求人に強い転職サイトです。成長性の高い勢いのあるベンチャー企業の求人が多く揃っており、IT業界では最大級の規模。LINEや、サイバーエージェントなどの大企業から、フリークアウト、gumi、などの優良ベンチャー企業まで掲載されています。

Amateras Online

アマテラス

Amateras Online

Amateras Online(アマテラスオンライン)は、厳選された日本のベンチャー企業の求人サイトです。優良ベンチャーを厳選して掲載していて、掲載企業の代表から直接メッセージがくるという点が特徴。プレミアム会員になれば掲載されていて興味のあるベンチャー企業の社長と直接やりとりできることが可能です。

注目されているベンチャー企業がわかる外部サイト一覧

ベストベンチャー100

ベストベンチャー100

ベストベンチャー100

注目されているベンチャー企業が紹介されているサイトの中で一番有名なのが「ベストベンチャー100」というサイトです。これから成長が期待されるベンチャー企業100社限定でサイトで紹介されています。我こそはというベンチャー企業が「ビジョン」「成長理由」「売上高」「営業利益」などの審査項目を記入してエントリ―し、その中から一定条件を満たした企業を面談し、審査された上で掲載されるという流れです。今勢いのあるベンチャー企業が掲載されています。

ベンチャーPARK

ベンチャーPARK

ベンチャーPARK

マイナビが運営するITベンチャーを中心に様々な企業のインタビューや紹介を行っているサイトです。ベンチャー企業の中でも特に勢いのある企業の経営者の取材が多く載っているので、ベンチャー企業で働くことの魅力が直に伝わってきます。
ぜひ、働きたいベンチャー企業を探したい方はこちらのサイトでいろいろなベンチャー企業の考え方を知るのも良いでしょう。

まとめ

ベンチャー企業について解説してきましたが、いかがでしたか?

ベンチャー企業に入社することは、一種のチャレンジであり文字通り冒険です。うまくいけば、これ以上ない良いキャリアを築くことができますし、その反面、会社が倒産していく渦中のメンバーになってしまうかもしれません。

そういった現状を踏まえて、「自分はどちらに向いているのか」「自分の目指すキャリアはどちらなのか」一度じっくり考えてみてください。