ベンチャーキャピタルとは?VCの仕組み、調達額、出会う方法

ベンチャーキャピタル VC

ベンチャーキャピタル(VC)について、その仕組みや役割をはじめ、VCから資金調達をすることのメリット・デメリット、ベンチャーキャピタリストに出会う方法、VCの種類などを解説していきます。また、日本国内のVCの一覧リストも掲載していますので、起業家や創業間もない経営者は参考にしてください。

ベンチャーキャピタル(VC)とは?

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルとは、ベンチャー企業やスタートアップと呼ばれる未上場企業に対して出資を行い、出資の対価として株式を引き受ける投資集団のことです。

ベンチャーキャピタルは出資したベンチャー企業が上場して株式を公開するか、売却をすることで利益(キャピタルゲイン)を得ます。

基本的にハイリスク・ハイリターンの投資であり、出資してから利益が出るまでの期間が数年と長いのも特徴です。

ちなみに、VC(=Venture Capital)と略して呼ばれることも多いです。

ベンチャーキャピタルの仕組みと役割を徹底解説!

ベンチャーキャピタルは投資事業組合(ファンド)を作り、金融機関や事業会社からお金を集め、ベンチャー企業に投資をしていきます。

ベンチャーキャピタル、投資家や金融機関、ベンチャー企業の関わり方は以下の図のようになっています。

ベンチャーキャピタル 仕組み

出典:ベンチャーファイナンスの基礎知識

2-1.ファンドの組成

ベンチャーキャピタルがファンドを作り、投資家からの出資やベンチャー企業への投資などの管理運営を行います。ファンドの組成にあたり、投資領域を決めるのが一般的です。

2-2.出資

ファンドに必要な資金を金融機関や事業会社などに募り、条件がマッチすれば金融機関や事業会社などが出資します。

2ー3.ベンチャー企業への投資検討

ベンチャーキャピタルが様々なルートを使って、投資に値するベンチャー企業を探し、投資するかどうかを検討します。投資額や株式の持株割合などに関する交渉もベンチャー企業と行います。

2ー4.ベンチャー企業への投資実行

ベンチャー企業と合意した条件のもと、ファンドより投資を実行します。

2ー5.ベンチャー企業への支援・投資家への情報提供

ベンチャーキャピタルは投資をしたら終わりではなく、ベンチャー企業の育成にも力を入れていることが多いです。(もちろん、投資して終わりというハンズオフのスタイルをとるベンチャーキャピタルもあります)

ベンチャー企業への支援内容としては、人材の紹介、提携先企業の紹介、財務や経理の補助など多岐に渡り、一概には言えません。

また、ベンチャー企業からすくい上げた情報を、出資者へ提供することもベンチャーキャピタルの役割の1つです。

2ー6. イグジット(EXIT、出口)

投資をしたベンチャー企業が上場したり他社へ売却されたりすることをイグジットと言います。ベンチャーキャピタルはベンチャー企業のイグジットで利益を稼ぐため、投資を受けたベンチャー企業は基本的に何かしらの方法でイグジットする必要があります。

2ー7.キャピタルゲイン(資金回収)

ベンチャー企業がイグジットすることで得られる利益をキャピタルゲインと言います。また、投資したベンチャー企業が株式を買い取ったり、他のベンチャーキャピタルが株式を買い取ることで資金回収をすることもあります。

2ー8.出資者への分配

最終的に、回収した資金を契約に基づいて出資者へ分配します。

ここまで説明してきた通り、ベンチャーキャピタルはファンド運営の主体・責任者で、ファンドのリターンを最大限にする責任があります。

また、ファンドには期限がついているので(7年や10年など)、期限が迫ってくると投資先のベンチャー企業が上場するまで待てず、保有している株式を売却するしかないというケースもあります。

一方で、ベンチャーキャピタルから投資を受けるベンチャー企業は、ベンチャーキャピタルの償還期限を理解した上で、その期限までにイグジットするストーリーを持っていることが投資を受ける上では大切になります。

ベンチャーキャピタルと銀行は何が違うの?

ベンチャーキャピタル 銀行

企業が資金調達を考えたときに真っ先に思い浮かぶのが銀行。ベンチャーキャピタルと銀行は共にお金を扱いますが、何が違うのでしょうか?

銀行

銀行は担保を元にお金を貸し出す『融資』です。融資は返済期限が明確に決まっていますし、借りた金額に対する利子も発生します。

また、返済の義務があるので、銀行から融資を受ける際に個人補償をつけていると、返済できなかった場合に個人の資産から支払うことになります。

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルは将来性を見込んで行う『投資』です。返済の義務はありませんし、利子も発生しませんんが、高いリターンを要求されます。

また、銀行借入のことをデットファイナンス、ベンチャーキャピタルから投資を受けることをエクイティファイナンスと呼びます。資金調達をする際によく出て来る言葉ですので、覚えておくといいでしょう。

ベンチャーキャピタルから調達することのメリット・デメリット

ベンチャーキャピタル メリット デメリット

起業家がベンチャーキャピタルから資金を調達することにはメリット・デメリットの両面があります。

昨今ではベンチャーキャピタルから資金を調達することが「イケてる」企業の象徴のような風潮がありますが、メリット・デメリットを理解した上で資金調達をするようにしましょう。

4-1.メリット①エクイティでの資金調達ができる

銀行とベンチャーキャピタルの違いのところでも解説しましたが、エクイティで資金調達ができるため、利子を支払う義務がない、返済の義務がないなどのメリットがあります。もちろん、これらのメリットを裏返せば、高いリターンを要求されるというデメリットになります。

4-2.メリット②経営支援を受けられる。メンターがつく

ベンチャーキャピタルから投資を受ける最大のメリットとも言えるのが、メンターがつくことです。特に若い起業家は自分の専門領域に関しては飛び抜けていても、ビジネスに必要な知識が少ない人も多く、メンターがつくことで経営支援を受けることができます。起業家が独り相撲をするよりも、メンターと一緒に会社の舵を切った方が成功確率が上がるケースが多いです。

ただし、メンターがつくことによるシナジーが機能しない(シナジートラップ)ことも多いので注意が必要です。

4-3.メリット③事業提携や取引先を紹介してもらえる

ベンチャーキャピタル経由で新規の事業提携や取引先を獲得できることは意外と多いです。

ベンチャーキャピタルは複数の企業に投資していますし、そもそもベンチャーキャピタリストは業界内で顔が広いことが多いです。

ベンチャーキャピタルとしてもベンチャー企業には成功してもらわないと困るわけで、他の企業を紹介してくれます。

VCや個人投資家から出資してもらうもうひとつのメリットは、何といってもビジネスに対してのメンター(良き助言者)を得られることだ。
株を渡すことで彼等自身がオーナーとなるため、事業成功のための良きアドバイスを積極的にくれたり、社員や取引先をを紹介してくれたりと
様々な恩恵を得ることができる。

引用:事業計画と資金調達のルール ― 教科書に載っていないTips【連続起業家シリーズ #4】|正田圭・pedia公式|

4-4.デメリット①持株比率が低下する

ベンチャーキャピタルから投資を受ける際は株式を引き渡すことになります。持株比率が低下すると、会社の意思決定を自由にできない、創業者の利益が減るという2つのデメリットがあります。

5~10%程度であれば問題ないケースが多いですが、3分の1以上をベンチャーキャピタルや他の投資家が持ってしまえば拒否権が生まれ、起業家の自由にできなくなる、制限が増えることになります。

また、いざ上場や売却をした時に、持株比率が低いと創業者に利益が残らないということもありえます。

また株の7割は自分で保有しておくこと。7割を下回ってしまうと株主からM&Aを反対されたときに売却しづらくなってしまう。

引用:事業計画と資金調達のルール ― 教科書に載っていないTips【連続起業家シリーズ #4】|正田圭・pedia公式|

4-5.デメリット②経営方針が出資者に左右される

1つ目のデメリットと重なりますが、ベンチャーキャピタルの持ち株比率が少ない場合でも、多少なりとも経営方針を左右されます。もちろん、経験豊富なベンチャーキャピタリストに経営方針を左右されることはいいことでもありますが、投資を受ける前に相性を確かめることが大切です。

4-6.デメリット③コスト増となる

ベンチャーキャピタルから資金調達をするというのは、多くの場合で上場を目指すということ。上場準備のためには様々な業務が発生するので、人件費などのコストが増えます。

ベンチャーキャピタルの種類と特徴

ベンチャーキャピタル 種類

ここまでベンチャーキャピタルを一括りにして、仕組みや役割、さらにはベンチャーキャピタルから資金を調達することのメリット・デメリットを解説してきました。

投資信託に様々な種類があるように、ベンチャーキャピタルにも様々な種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

5-1.独立系ベンチャーキャピタル

独立系ベンチャーキャピタルとは、事業会社や金融機関などから独立しているベンチャーキャピタルです。個人として知名度の高いベンチャーキャピタリストが多く、元起業家が運営していることが多いです。

5-2.政府系ベンチャーキャピタル

政府系ベンチャーキャピタルとは、政府や公共団体が主軸となって設立されたベンチャーキャピタル。日本の産業を活気づけるために、ハイリスクで銀行が融資をできないような事業を行なっているベンチャー企業に投資をするのが特徴です。

5-3.コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)

コーポレートベンチャーキャピタルとは、事業会社がベンチャー企業に投資を行うために設立したベンチャーキャピタルです。投資をして利益を得ることが本来のベンチャーキャピタルの目的ですが、CVCはそれ以外にも事業シナジーを生み出すという目的があります。

有名なCVCとしては、ヤフーの「YJ Capital」、サイバーエージェントの「サイバーエージェント・ベンチャーズ」、グリーの「GREE Ventures」などがあります。また、コロプラ、マイナビ、電通、リクルートなどの企業もCVCを活用しています。

CVCに出資の打診にいく場合は、その母体となっている企業と事業シナジーがあるかどうかを念頭に置いておきましょう。

5-4.金融機関系ベンチャーキャピタル

金融機関系ベンチャーキャピタルとは、銀行が主軸となって設立されたベンチャーキャピタルです。投資によって利益を得る目的もありますが、将来的に融資を行う可能性も見込んでの投資が多いです。

ベンチャーキャピタルと会う方法!

ベンチャーキャピタル 会う方法

2018年現在の日本では、ベンチャー企業の投資市場ではお金が余っている状態で、ベンチャーキャピタルは投資できる優秀な企業を血眼になって探しています。

ベンチャーキャピタリストは雲の上の人という考えを持つのではなく、自分からコンタクトを取れば意外とみなさん会ってくれます。

それでは具体的にベンチャーキャピタリストと会う3つ方法を紹介していきます。

6-1.SNSで直接連絡をする

TwitterやFacebookをやっているベンチャーキャピタリストは多いですし、直接連絡をとれるDMを解放している人も多いです。

まずはSNSを使って気軽にアポイントを申し込んで見ましょう。

その際、アカウントの信用度があると望ましいです。例えば、アカウントの運用歴がある程度長い、実名でアカウントを運営している、共通の友達が何人もいるなど。これらがあるとアポイントを取れる可能性はグッと高まります。

また、アポイントを申し込む際は、経歴や話したい事業内容などを簡潔にまとめ、ベンチャーキャピタリストが会いたいなと思える内容にするのが基本です。

6-2.ピッチやシードアクセラレータープログラムに参加する

ピッチやシードアクセラレータープログラムに参加するのもベンチャーキャピタリストと出会う有益な方法です。さらに、それらで優勝やいい成績を残せば、出資してもらうことにもつながりやすくなります。

6-3.第3者に紹介を依頼する

既にベンチャーキャピタリストや起業家の知り合いがいる場合、彼ら/彼女らに紹介をお願いするのも1つの手段です。

信頼できる人からの紹介の方が会ってくれる可能性は高まりますし、また、実際の投資までスムーズにいくケースが多いようです。

日本のベンチャーキャピタル一覧

ベンチャーキャピタル 会う方法

最後に、日本のベンチャーキャピタルを一覧形式で紹介していきます。(全てを網羅しているわけではありません)

7-1.独立系ベンチャーキャピタル

7-2.政府系ベンチャーキャピタル

7-3.コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)

7-4.金融機関系ベンチャーキャピタル

まとめ

ベンチャーキャピタルについて、その仕組みや役割をはじめ、ベンチャーキャピタルから資金調達をすることのメリット・デメリット、ベンチャーキャピタルの種類などを解説してきましたがいかがでしたか?

資金調達や資金繰りは事業を営む上で避けては通れない問題。銀行からの借入など様々な方法がありますが、ベンチャーキャピタルという選択肢を持っておくことも重要です。

特に創業期や事業を加速させたいタイミングでの資金調達には、一長一短はありますがベンチャーキャピタルの利用を検討してみることをおすすめします。