Phone Appli、村田製作所と共同で「1on1ミーティングにおけるコミュニケーションの質向上」をテーマとした実証実験を開始

会議での会話割合や感情推移を可視化

Phone Appli(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原洋介)と、村田製作所(本社:京都府長岡京市、代表取締役会長兼社長:村田恒夫)は、仮想センサプラットフォーム「NAONA」を活用した会議可視化の実証実験を開始した。

会議での会話割合や感情推移を可視化することで、より良いコミュニケーションの実現を目指すのが狙い。

今回の実証実験では、上司と部下で毎週行われる1 on 1ミーティング時に行われる。

場の雰囲気や盛り上がり、人間同士の親密度などを空間情報としてセンシングし、可視化したデータとして提供する村田製作所の「NAONA」を用いることで、音声特徴量(会話の方向、ボリューム、テンポ、トーン等)をもとに、会議における会話やコミュニケーションの質をチェック

会議内において、上司と部下の間でそれぞれどのくらいの会話をしたかという会話の割合や、どのような感情変化があったのかを分析、傾聴の様子や感情的な会議になっていないかを調査する。

村田製作所について

村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカー

独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出している。

Phone Appliについて

Phone Appliは「人と人、人とモノをインターネットでつなぎ、イノベーションを生み出すお手伝い」を経営理念に掲げ、4年連続国内シェアNo.1のWeb電話帳アプリケーション「Phone Appli Web電話帳」を主軸に、コミュニケーションの効率化を実現する様々なサービスを提供している。