中小企業基盤整備機構、ベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すプラットフォーム「Morning Pitch」にて『エコシステム(中小機構)特集』イベントを開催

平成30年2月22日、新宿にて

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、所在地:東京都港区 理事長:高田坦史)は、デロイト トーマツ ベンチャーサポートと野村證券が開催している「Morning Pitch(モーニングピッチ)」において、「エコシステム(中小機構)特集」と題したイベントを開催する。

「モーニングピッチ」は、デロイト トーマツ ベンチャーサポートと野村證券の2社が、ベンチャー企業と大企業などの事業提携を生み出すことを目的としたイベント。複数のベンチャー企業が、大企業・ベンチャーキャピタル・メディアなど約100名に対してピッチを行う。

2013年1月から開始したもので、2017年7月時点で計200回を数え、950社超のベンチャー企業が登壇してきた。毎月月末は「エコシステム特集」と題し、ベンチャーキャピタルやアクセラレーターの投資先もしくは支援先企業の中から5社登壇する企画が実施されている。

日時:平成30年2月22日(木曜)7:00~9:00
場所:東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル48F 野村コンファレンスプラザ
プログラム:デロイト トーマツ ベンチャーサポート・中小機構から案内/ベンチャー企業によるピッチ(20分/社<発表6分、質疑14分>)/名刺交換会

登壇者と内容:インテリジェント・サーフェス(千葉県柏市)「素材表面改質材料及び技術の提供」/SPLYZA(静岡県浜松市)「個人向け、チーム向けスポーツ用分析アプリの開発・販売」/輝創(愛知県名古屋市)「異種材料接合技術他レーザー応用機器の開発・製造」/ティエムファクトリ(東京都港区)「機能性材料を用いた製品の研究開発、製造販売」/パリティ・イノベーションズ(京都府相楽郡精華町)「光学素子研究開発・空中ディスプレイ応用システム研究開発」
参加対象:大企業(上場会社及びその子会社・法定監査を受けている会社)、ベンチャーキャピタル、金融機関、メディア

参加費:無料

参加申し込み・問合せ先:デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社