エネチェンジ、「EnergyTech×Fintech MeetUp」を2月27日(火)に開催

会場はFinGATE KAYABA(日本橋)。参加費は無料(要事前申し込み)。

エネチェンジ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 有田一平)は、インフキュリオン・グループ(本社:東京都港区 代表取締役:丸山弘毅 )と合同で、2月27日に「EnergyTech × Fintech MeetUp #04」を開催する。会場はFinGATE KAYABA(日本橋)。参加費は無料(要事前申し込み)。

「EnergyTech × Fintech MeetUp #04」のテーマは、エネルギー業界の改革を考えるもの。フィンテック企業と金融庁がブロックチェーンを活用した金融の革命を起こしたように、エネルギー業界においても最新のデジタル技術やフィンテック技術を用いてパラダイムシフトが起きる可能性を討論していく。

開催概要

開催日時:2018 年2月27日(火)19時開始(18時40分受付開始)
場所:FinGATE KAYABA 東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル1階
アクセス:東西線・日比谷線「茅場町」駅 徒歩1分/銀座線・都営浅草線「日本橋」駅 徒歩4分
主催:エネチェンジ株式会社、株式会社インフキュリオン・グループ
参加申込はこちらから

タイムテーブル

登壇者プロフィール

城口洋平(エネチェンジ代表取締役会長)

Forbes 30 Under 30 Europe 2017に日本人として初選出。東京大学法学部、ケンブリッジ大学工学部博士課程修了。ケンブリッジ大学在学中に、電力自由化を推進するエネチェンジ(日本)と電力データ解析サービスを提供するSMAP ENERGY(英国)の2社を創業。2017年7月に両社を統合。エネチェンジ会長兼SMAP ENERGY CEOとして、世界のエネルギーの未来をつくる仕事に取り組む。

丸山 弘毅(インフキュリオン・グループ代表取締役/Fintech協会代表理事)

慶應義塾大学商学部卒業後、ジェーシービー入社。信用リスク分析・不正検知AIモデル・One to Oneマーケティングなどに従事したのち、新規事業開発・M&A部門の設立メンバーとして参画。会社最大のM&Aを実行。 2006年インフキュリオン(現インフキュリオン・グループ)を創業。新規事業立ち上げ支援事ほか、決済ベンチャーのリンク・プロセシング、貯金アプリ「finbee」を運営するネストエッグなど多くの事業を展開。 2015年一般社団法人FinTech協会を設立し代表理事に就任。

山田 大樹(経済産業省資源エネルギー庁電力・ガス事業部政策課 電力産業・市場室 室長補佐)

東京大学大学院工学系研究科卒業後、経済産業省へ入省。主にエネルギー・IT・産業政策を担当し、プレミアムフライデーや攻めのIT経営銘柄、「食」の経営大学院などの立ち上げに参画。現在資源エネルギー庁では、電力事業制度と電力産業振興の両面を担当。電力分野のデジタル化に関する研究会(E-Tech研究会)、電力のグローバル展開に向けた研究会などを立ち上げ、スマートメーターのデータ活用の促進を含め、各種振興策を検討・立案している。

妹尾 賢俊(東京電力ホールディングス 新成長タスクフォース事務局)

一橋大学経済学部卒業後、東京三菱銀行(現:三菱東京UFJ銀行)に入行。2007年に日本初のソーシャルレンディング企業maneoを創業し、代表取締役に就任。その後、ブロックチェーン・分散型台帳技術を活用したアプリケーション開発を行う会社、Orbを共同創業し取締役COOに就任する。2017年4月から現職。

エネチェンジ株式会社

所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル3F

設立:2015年4月

代表者:代表取締役社長 有田 一平

事業内容:電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」、法人向け電力切り替えサービス「エネチェンジBiz」、データマイニング・コンサルティングサービス提供、格安SIM比較サイト「SIMチェンジ」の運営。