株式会社チック、実用水準の水中ドローン事業開始

水中のリスクを早期参入でリプレイス

もっと簡単に水中探索ができたら

もともとラジコンなどがご趣味だったと語る株式会社チック

Web系の会社での開発経験もあり、ソフトウェア、ハードウェア両方に強い彼ら
空のドローンが出た時、鳥の目線だ!と騒がれた。
もっと簡単に水中を見られたら
二年前からその領域に踏み込んだ。

デモは交通費だけで対応

調査関係漁業、定置網破損の調査、河川での水質検査のために水質の検査装置を乗せて潜ることが今は主となる。

水の中にダイバーが潜って危ない場所を中心に、そのリプレイスを目指す。

現在Webから多数の問い合わせをいただいており、他に水中をやられているところがほぼないことからも現段階オンリーのサービスと言えるだろう。

現在の料金体系は下記の2つ。

ドローンの販売は、
カスタマイズによってまちまちだが100万から提供する。
もう一つが案件ベースの依頼で、
1案件1日で終わることから、20万からとなる。
商圏は全国で、過去事例も九州、関東など全地域対応。

機能的なところをお見せしたいですし、実際に見たい方のご要望も多かったので、交通費さえいただければデモをしに全国に伺います。

とのことだ。

早めに始めたことからノウハウ的に溜まってきており、
ドローンを買ったものの自分で扱えないところからの相談
にも対応している。

今後の水中産業や事故はこうしてリプレイスで減っていくのだろう。

問い合わせ↓

株式会社チック

あわせて読みたい


日本初のコンセプトドローン専門ポータルストアの実店舗が誕生