企業×NPO=イノベーション共創コンテスト「Co-creAction Award 2018」最終審査会が2月23日に開催

NPOが各団体ならではの知見、リソースや専門性を活かした革新的なアイディアを提案

2018年2月23日、企業とNPOとの共創コンテスト「Co-creAction Award 2018」の最終審査会が開催される。本コンテストは首都高速道路、ハウスウェルネスフーズ、東急不動産R&Dセンター、エイジスなどの企業から出された “共創テーマ(お題)” に対して、NPOが各団体ならではの知見、リソースや専門性を活かした革新的なアイディアを提案するもの。


最終審査会では、ファイナリストに選ばれたNPO複数団体からのプレゼンテーションをもとに審査を行う。当日は、審査委員長である一橋大学大学院国際企業戦略研究科・名和高司特任教授からのキーノートスピーチも予定。

一橋大学大学院国際企業戦略研究科
名和高司特任教授
東京大学法学部卒、ハーバード・ビジネス・スクール修士(ベーカースカラー授与)。三菱商事の機械(東京、ニューヨーク)に約10年間勤務。 2010年まで、マッキンゼーのディレクターとして、約20年間、コンサルティングに従事。自動車・製造業分野におけるアジア地域ヘッド、ハイテク・通信分野における日本支社ヘッドを歴任。日本、アジア、アメリカなどを舞台に、多様な業界において、次世代成長戦略、全社構造改革などのプロジェクトに幅広く従事。2010年6月より、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

運営はセクターを越えたプレイヤー間での共創をプロデュースするIdeal Leaders。また本コンテストは経済産業省が後援する。

共創テーマ(お題)
企業から出される“共創テーマ(お題)”は、自社の利益だけではなく、社会的インパクトもともなう経営・事業課題に対し、NPOならではの知見やリソースの活用が期待されるテーマとなる。

応募資格
企業との共創に対して、意欲とアイディア溢れるNPO。

審査基準
提案内容に対し、具体性、新規性・革新性、実現可能性、発展性の観点から審査する。

賞金
最優秀賞:100万円、優秀賞:50万円

会場: 31VENTURES Clipニホンバシ
(東京都中央区日本橋本町3丁目3-3 Clipニホンバシビル1階)
参加費:2,000円(懇親会含む)
参加申し込みはこちら