200万登録ユーザー達成!共有カレンダーアプリ「TimeTree」がKakao子会社K CUBE VENTURESなどから総額2億1,000万円を資金調達

共有カレンダーアプリ「TimeTree(タイムツリー)」を提供する株式会社JUBILEE WORKSは、国内外の投資家から総額2億1,000万円の資金調達を実施した、と発表した。公開より10か月目の2016年2月に100万登録ユーザー達成、そこからさらに半年の2016年8月に200万登録ユーザーを達成、とスピードを上げながら順調な成長を続けている。

共有カレンダーアプリ「TimeTree(タイムツリー)」を提供する株式会社[JUBILEE WORKS](http://www.jubilee.works/ja/
){: target=”_blank”}は、本日(10月17日)、韓国Kakao Corp.の子会社であるK CUBE VENTURES Co., Ltd.、西武しんきんキャピタル株式会社、東映アニメーション株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社など、国内外の投資家から総額2億1,000万円の資金調達を実施した、と発表した。

TimeTree」は、iOS/Android対応の「共有カレンダー」アプリ。家族や恋人、サークルや仕事のチームでの予定共有をとても簡単にできることが特徴で、現在、日本語、英語、韓国語、中国語(繁体字・簡体字)、ドイツ語、ロシア語など13言語に対応する。

5月には、Webブラウザ版をベータ版として公開し、PCでの利用も可能になった。これにより、主に小〜中規模の企業で利用されるケースが増えている、という。

また、公開より10か月目の2016年2月に100万登録ユーザー達成、そこからさらに半年の2016年8月に200万登録ユーザーを達成、とスピードを上げながら順調な成長を続けている。

今回の資金調達によって、JUBILEE WORKSは、サービス強化のための人材確保とサービス拡大のための組織的実験を続けていく予定。