10月中に約100店舗の飲食店が利用!「LINEグルメ予約」「LINE@」と飲食店向け予約システム「ebica(エビカ)予約台帳」、予約連携機能をリリース

O2Oサービスを展開する株式会社エビソルは、LINE株式会社の「SMEパートナーシッププログラム」の一環として、LINEの提供するグルメ情報サービス「LINE グルメ予約」及びビジネス用アカウント「LINE@」と、飲食店向け予約システム「ebica(エビカ)予約台帳」との予約連携機能を開発し、正式に利用を開始したと発表。10月中に約100店舗の飲食店で利用が開始される見込み。

O2Oサービスを展開する株式会社エビソル](http://www.ebisol.co.jp/company){: target=”_blank”}は、10月26日、LINE株式会社の「SMEパートナーシッププログラム」の一環として、LINEの提供するグルメ情報サービス「LINE グルメ予約」及びビジネス用アカウント「LINE@」と、飲食店向け予約システム「[ebica(エビカ)予約台帳」との予約連携機能を開発し、正式に利用を開始したと発表。

これにより、「ebica予約台帳」を契約飲食店が、予約連携機能の利用を希望した場合には、「LINE グルメ予約」及び「LINE@」の店舗ページに専用の「LINEで予約する」ボタンを設置する。

ユーザーは、そこから店舗の空席状況を簡単に確認でき、そのままスムーズに予約可能。また、予約情報は「ebica予約台帳」へ、リアルタイムに自動反映される。

一方、飲食店は、特別な作業を行う必要は一切なく「LINE グルメ予約」及び「LINE@」からの即予約を受け付けることができ、約6,800万人にのぼる「LINE」の国内登録ユーザーに対して自店の空席在庫を更に効率良く販売することができるようになる。加えて、ユーザーに対する予約完了時の確認メッセージが「LINE」のメッセージ機能により送信されるため、ユーザーの利便性もより高められる。

「ebica予約台帳」は、飲食店向けに開発されたクラウド型予約・顧客台帳システム。電話、インターネットからの予約の他、グルメ媒体経由の予約も一元管理できることで、 複数の予約経路を持つ大手飲食チェーンを中心に高い評価を得ている。

なお、今回の予約連携機能もすでに複数社から、利用の申込みがあり、10月中に約100店舗の飲食店で利用が開始される見込み。