10代女子の約半数が速度制限を経験…4人に1人が1日5時間以上利用

GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社は、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ」が10代の女の子を対象に「スマホの通信速度制限に関する調査」を実施した。

GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社は、10月19日、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ」が10代の女の子を対象に「スマホの通信速度制限に関する調査」を実施した。

### スマホの通信速度制限に関する調査

* 調査テーマ スマホの通信速度制限に関する調査
* 調査対象 10代女子
* 調査期間 2016年10月5日~2016年10月12日
* 調査方法 インターネットリサーチ
* 有効回答数 843名
* 調査主体 プリキャンティーンズラボ

### スマホ所有率は92.6%、利用しているOSは「iOS」が半数以上

回答者の年齢は、13~16歳がボリュームゾーンとなっており、中高生で約90%を占めている。

また、所有しているスマホのOSは「iOS(55.0%)」が「Android(34.4%)」を上回った。

通信キャリアは「docomo(36.9%)」が最多。続いて「au(28.0%)」「SoftBank(16.9%)」となった。

### 4人に1人が1日5時間以上利用

スマホを所有している10代女子に「1日のスマホの利用時間」について聞いたところ、「1時間以上3時間未満(33.5%)」が最も多く挙った。

また、「3時間以上」の回答を合計すると53.5%と、10代女子の約半数が1日に3時間以上スマホを利用していることがわかった。さらに、「5時間以上」のヘビーユーザーは25.1%とおよそ4人に1人が該当した。

一方「現在契約しているパケット通信プラン」については、「わからない・覚えていない」という回答が38.7%と突出する結果となった。

### 10代女子の約半数が通信速度を制限された経験あり

さらに、スマホを所有している10代女子に「通信速度が制限された経験(頻度)」については、52.3%に経験があることがわかった。

通信制限がかかる「頻度」については、「ほとんど毎月(23.8%)」、「2~3ヶ月に1度程度(16.9%)」という回答が多く、タイミングとしては「月末(52.0%)」が最も多かったものの、「月初(6.1%)」「月中(21.8%)」も合わせて3割近くに上ることがわかった。

### 速度制限時は動画サービスの利用を控える

通信速度を制限された経験がある10代女子に、「通信速度制限下(低速モード)での対策」を質問したところ、「Wi-Fi環境下でスマホを使用する(61.5%)」、「特に何もしない・我慢する(42.2%)」という回答が多く、「追加でパケットを購入する(5.4%)」女子は少数に留まった。

「通信速度制限下で利用を控えるサービス」を聞いたところ、「YouTubeなど動画サービス(69.4%)」という回答が約7割に上ったほか、「インターネット閲覧(34.6%)」や「ゲームアプリ(31.6%)」での通信も控える女子が多い。