10代に人気!3時間で消えるSNS「PROF」、ホリプロ・読売テレビグループなどから資金調達…VAZ代表取締役社長・森泰輝氏が語る資金調達の裏側

3時間で消えるSNS「PROF」事業等を行う株式会社VAZは、本日、2016年7月に、日本を代表する大手エンターテイメント&メディア企業である事業会社3社、株式会社ホリプロ及び株式会社読売テレビエンタープライズ(YTE)他1社を割当予定先とする第三者割当増資を実施した、と発表した。今回、Pedia Newsでは、株式会社VAZの代表取締役社長である森泰輝氏にインタビューを実施し、今回の資金調達の経緯と目的についてお伺いした。

3時間で消えるSNS「PROF」事業等を行う株式会社VAZは、本日(7月29日)、2016年7月に、日本を代表する大手エンターテイメント&メディア企業である事業会社3社、株式会社ホリプロ及び株式会社読売テレビエンタープライズ(YTE)他1社を割当予定先とする第三者割当増資を実施した、と発表した。

VAZは、2015年7月に設立された会社。3時間で消えるSNS「PROF」を開発・運営するSNSプラットフォーム事業とTwitter、VineやMixchannelなどSNS上で10代のユーザーに対して絶大な影響力のあるトップ・インフルエンサーが動画制作をして企業広告を行う「VAZ Make」サービスを提供するインフルエンサー・マーケティング事業を行う。

「PROF」は、人気の投稿コンテンツ以外は3時間で投稿が消えることを特長に持つ。2016年3月のリリースから1か月で約300万PVを記録し、10代を中心としたユーザーに愛用されている。

また、2016年6月には第41回ホリプロタレントスカウトキャラバンを実施。

さらに「VAZ Make」では、2015年12月のリリース以降、安定・継続して大手企業の広告を受注している。

今回、Pedia Newsでは、株式会社VAZの代表取締役社長である森泰輝氏にインタビューを実施し、今回の資金調達の経緯と目的についてお伺いした。

**ー 今回の資金調達の経緯と目的を教えてください。**

**森氏**:当社はSNSプラットフォーム事業とインフルエンサー・マーケティング事業を展開しています。今回の資金調達の目的は、オフィス移転、人材採用など当社の業容拡大にかかる費用や3時間で消えるSNS「PROF」のユーザー獲得のための宣伝広告費の資金の調達と事業提携の2つです。

SNSプラットフォーム事業では、短期的な事業の目標として、本年3月よりサービスインしたSNS「PROF」を、10代を中心とした若年層に幅広く利用してもらうSNSプラットフォームにグロースさせることを掲げています。この目標の達成には、若年層のWEB回遊率が高い夏休み期間中にサービスをグロースできるか否かが重要な鍵となります。そのため今回の調達資金をもって、一気に宣伝広告を行おうと考えています。

また、インフルエンサー・マーケティング事業では、当社に所属するインフルエンサーを、より社会的な影響力を持てるように大きく育てていきたいと考えています。そのため、保有するプロダクション機能をよりスケールすべく日本の大手エンターテインメント・メディア企業様との連携は不可欠だと思っておりました。

これらの意図から、今回のファイナンスは、単なる資金調達だけではなく、事業シナジーも重視した事業会社様からの出資になっています。

**ー ありがとうございました。**

10代を中心に人気を博するSNS「PROF」を運営するVAZ。

新たな投資家を迎えて挑む、次世代の新しいエンターテイメントの創造に期待したい。